製品やサービスの Business Contact Manager で管理します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Business Contact Manager for Outlook 2010 を使用するには、ビジネスで使用する製品/サービス項目の管理ができます。アイテム、単価、および各アイテムの価格についての説明を格納することもできます。

製品およびサービス項目のリストをインポートするには、別のプログラムからまたは製品やサービスを個別に追加することができます。製品およびサービス項目を営業案件レコードを追加するときに、アイテムについては、既定の数量や価格など特定の顧客ごとにも変更できます。

この記事では、製品とサービスの一覧をインポートする方法、リストまたはリストの 1 つのアイテムを編集する方法、リストから、アイテムを削除する方法、およびリストで使用される通貨の設定を変更する方法について説明します。

目的に合ったトピックをクリックしてください

作成して、製品とサービスのリストをインポートします。

製品やサービスをリストに追加します。

製品またはサービスの項目を編集します。

製品またはサービスの項目を削除します。

営業案件レコードに製品やサービスを追加します。

営業案件レコードの製品およびサービス項目を変更します。

アイテム リストで使用される通貨を変更します。

作成して、製品とサービスのリストをインポートします。

製品とサービスのリストを Business Contact Manager for Outlook にインポートするには、項目のリストを作成し、 コンマ区切り値ファイル (.csv) として保存します。最初の行または .csv ファイルの行があります、リストの列見出しのため、列見出しの一覧の最初の行で構成されていることを確認する必要。

製品とサービスの項目に .csv ファイル形式の一覧を正常にインポートするには、次の条件を満たす必要があります。

  • インポートする項目ごとに、ファイルに別々 の行を作成する必要があります。

  • 各アイテムのレコードは、次の 3 つのフィールドを含める必要があります。 アイテム名、アイテムの説明、単価します。

  • フィールドは、カンマで区切って、カンマの前後にスペースは区切る必要があります。

.Csv ファイルには、いくつかの列の並べ替え方法のいずれかを使用できます。

3 列配置

品目 NameDescriptionUnit 価格

通常の方法では、スペースが列見出しの間にスペースをしないで、アイテムの名前、説明、および単位の価格を入力します。情報の外観の例を示します。

アイテム 1, アイテムの説明 1、単価 1 名前を付ける

2、アイテムの説明 2、単価 2 を品目名します。

単価のアイテムの量と目のフィールドのオプション 4 番目のフィールドを追加することもできます。

4 列配置

アイテムの NameDescriptionUnit PriceQuantity

通常の方法では、スペースが列見出しの間にスペースをしないで、アイテムの名前、説明、および単位の価格を入力します。情報の外観の例を示します。

アイテム 1, 1, 単価 1、数量 1 項目の説明の名前します。

5 列配置

アイテム NameDescriptionUnit PriceQuantity 単位コスト

通常の方法では、スペースが列見出しの間にスペースをしないで、アイテムの名前、説明、および単位の価格を入力します。情報の外観の例を示します。

アイテム 1, 1, 単価 1, 1、数量単価 1 項目の説明の名前します。

Excel の例

次の例は、2 項目のリストが Excel でどのように表示されるかを示しています。 見出し行の後に、項目ごとの行が続いています。

品目名

説明

単価

自転車チェーン

チタン 48 インチ

56.50

ウォーター ボトル

クリスタル クリア ブルー

11.75

メモ帳の例

メモ帳などのテキスト エディターでファイルを編集している場合が、インポートする項目ごとに、ファイルに別々 の行を作成し、各行の項目をカンマで区切って、カンマの前後にスペースは分割します。最初の行が見出しのテキストと見なされますにご注意ください。

品目名,説明,単価
自転車チェーン,チタン 48 インチ,56.50
ウォーター ボトル,クリスタル クリア ブルー,11.75

句読点と金銭情報のガイドライン

製品価格と数量は、通貨記号と特殊文字や内部の区切り記号を含めることはできません。例外は、通貨の小数点の位置を使用することができます。例えば:

  • 整数で金額、 1000010 桁の量を表すを入力します。

  • 金額を含む価格など、一部の小数点が含まれます。10 ドル 50 セントの金額を表示するのには、 「10.50」を入力します。

製品とサービスのリストをインポートします。

.Csv ファイルを用意してある場合は、そのインポートことができます。インポート時に、製品やサービスの既存のリストに新しいアイテムを追加するかに既存のリストに表示された新しいリストを置き換えるにを選択できます。

  1. ナビゲーション ウィンドウの [Business Contact Manager] で、[営業] をクリックします。

  2. リボンの [ホーム] タブの [カスタマイズ] グループで、[製品とサービス] をクリックします。

  3. 製品とサービス] ダイアログ ボックスで、[インポート] をクリックし、インポート製品およびサービス項目のウィザードの指示。

    注: ログ ファイルのエラー メッセージを既存の項目を上書きする、インポートをもう一度開始] をクリックして、既存のリストをこのファイル内のアイテムを置換するファイルの項目を追加し、アイテムは、既に Business Contact Manager for Outlook の場合、インポート製品およびサービス項目] ダイアログ ボックス。

    .Csv ファイルを Business Contact Manager for Outlook にインポートする方法の詳細については、「 Business Contact Manager にデータをインポートする」を参照してください。

ページの先頭へ

製品やサービスをリストに追加します。

  1. ナビゲーション ウィンドウの [Business Contact Manager] で、[営業] をクリックします。

  2. リボンの [ホーム] タブの [カスタマイズ] グループで、[製品とサービス] をクリックします。

  3. 製品とサービス] ダイアログ ボックスで、[追加] をクリックします。

  4. 追加製品やサービス] ダイアログ ボックスで、アイテムの名前説明数量の既定の単価、および単価を入力します。

    [変更履歴/コメント] フィールドは、自動的に計算されます。

    詳細について詳しくは製品とサービスの項目を追加する製品やサービス] ダイアログ ボックスで追加することができます。

    フィールド

    説明

    品目名

    製品またはサービスの項目の名前を入力します。

    説明

    製品またはサービスの説明を入力します。

    既定の数量

    製品やサービスを同時に販売する通常の数を入力します。既定の数量には 1 です。

    単位コスト

    製品またはサービスの 1 つの単位のコストを入力します。

    変更履歴とコメント

    コストと単位の価格の違いは、自動的に計算され、変更履歴/コメント] フィールドに表示されます。

    単価

    製品またはサービスの 1 つの単位の価格を入力します。

    課税税がアイテムに必要であることを示すを選択します。

  5. 製品やサービスは、消費税評価された場合、は、[課税] チェック ボックスを選択します。

    ヒント: 多くの状態、郡、および都市がある売上消費税の商品やサービスの販売価格に追加する必要があります。お住まいの地域でどのような税が該当することを確認する Web サイトの収益の状態の部門に参照してください。

  6. 次のいずれかの操作を行います。

    • 次の追加をリストにアイテムを保存して、製品やサービスの別のアイテムを追加] をクリックします。

    • 保存リストにアイテムを追加して、ダイアログ ボックスを閉じる] をクリックします。

ページの先頭へ

製品またはサービスの項目を編集します。

  1. ナビゲーション ウィンドウの [Business Contact Manager] で、[営業] をクリックします。

  2. リボンの [ホーム] タブの [カスタマイズ] グループで、[製品とサービス] をクリックします。

  3. 製品とサービス] ダイアログ ボックスで、アイテムをクリックし、[編集] をクリックします。

  4. 編集する製品やサービス] ダイアログ ボックスで、変更については、次のいずれかの:アイテム名説明既定の数量単位コスト、または単価します。

    追加製品やサービス] ダイアログ ボックスで更新できるフィールドの詳細については、追加製品またはサービスのリストを参照してください。

  5. [保存] をクリックします。

  6. 製品とサービス] ダイアログ ボックスを閉じるまたは別のアイテムの一覧で、をクリックして[OK ] をクリックし、[編集を編集する] をクリックします。

ページの先頭へ

製品またはサービスの項目を削除します。

製品とサービスの削除はから完全に削除データベース。

  1. ナビゲーション ウィンドウの [Business Contact Manager] で、[営業] をクリックします。

  2. リボンの [ホーム] タブの [カスタマイズ] グループで、[製品とサービス] をクリックします。

  3. 製品とサービス] ダイアログ ボックスで、リストのアイテムをクリックし、[削除] をクリックします。

  4. メッセージが表示されたら、 [はいアイテムを削除するのにをクリックします。

  5. 製品とサービス] ダイアログ ボックスを閉じるまたは別のアイテムの一覧で、をクリックして[OK ] をクリックし、削除を削除する] をクリックします。

ページの先頭へ

営業案件レコードに製品やサービスを追加します。

管理、製品やサービスの営業案件の連絡先がで関心があるのうちのどれにするために、営業案件レコードを製品とサービスを関連付けることができます。既存の製品とサービスの一覧から、製品やサービスを追加するか、新しい製品またはサービスの項目を完全に追加します。

  1. ナビゲーション ウィンドウの [Business Contact Manager] で、[営業] をクリックします。

  2. 営業案件] タブの [表示レコードをダブルクリックします。

  3. [製品とサービスの情報] セクションでは、[追加] をクリックします。

  4. [アイテム名] ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • 製品およびサービス項目の一覧から追加する項目をクリックします。

      他の情報が、フォームに自動的に追加します。必要に応じて情報を変更します。変更は、選択した営業案件レコードに追加する項目にのみ適用されます。

    • 作成し、営業案件レコードを追加する新しいアイテムの名前を入力します。

      注: 営業案件レコードに直接作成した新しいアイテム製品とサービスの一覧に追加されません。選択した営業案件レコードのみに追加されます。

    • このリストを編集する製品とサービスの項目のリストに新しいアイテムを追加する] をクリックします。

      1. 製品とサービス] ダイアログ ボックスで、[追加を] をクリックします。

      2. ダイアログ ボックスで、情報を入力し、[ OK] をクリックします。

      3. 追加する製品やサービス] ダイアログ ボックスで、追加したアイテムをクリックし、[し、[ OK] をクリックします。項目の情報は、営業案件] フォームに自動的に追加します。

  5. 追加する製品やサービス] ダイアログ ボックスで、説明数量の既定の単価単価、および割引率のボックスに情報を入力します。[変更履歴とコメントLine Total (前に割引)行の合計] フィールドに自動的に計算されます。収集して、消費税やその他の製品またはサービスのお支払いの場合は、課税のチェック ボックスを選択します。

詳細について詳しくは、営業案件レコードを追加する製品やサービス] ダイアログ ボックスに追加できます。

フィールド

説明

品目名

製品またはサービスの名前を入力します。

説明

製品またはサービスの説明を入力します。

Quantity

製品やサービスのこの案件の数を入力します。

単位コスト

製品またはサービスの 1 つの単位のコストを入力します。

変更履歴とコメント

コストと単位の価格の違いは、自動的に計算され、変更履歴/コメント] フィールドに表示されます。

単価

製品またはサービスの 1 つの単位の価格を入力します。

(割引率) の前に、の行の合計

アイテムの数量の価格を合計します。この値は自動的に計算されます。

割引率 (%)

割引率を提供する場合は、するには、アイテムのコストを削減はパーセンテージを入力します。

行の合計

数量割引が適用された後のアイテムの価格を合計します。この値は自動的に計算されます。

課税税がアイテムに必要であることを示すを選択します。

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • 次の追加をリストにアイテムを保存して、製品やサービスの別のアイテムを追加] をクリックします。

    • リストにアイテムを追加して、ダイアログ ボックスを閉じるには、 [ok]をクリックします。

    • キャンセル追加する製品やサービス] ダイアログ ボックスを閉じます] をクリックします。

ページの先頭へ

営業案件レコードの製品およびサービス項目を変更します。

見積をユーザーに許可する場合は、割引率を提供する、製品またはサービスは、通常、またはいずれかの一般的な製品またはサービスを最小限に抑えしないを追加することがあります。これらの変更を追跡するためには、追加し、編集、または任意営業案件レコードから直接アイテムを削除することができます。行う変更は、選択した営業案件レコードにのみ適用され、 Business Contact Manager データベースの製品とサービスのリストは影響しません。

編集している営業案件レコードの [製品とサービス] セクションでの追加] をクリックしてまたはリストの項目を選択し、編集、または削除] をクリックします。

  • 追加: クリックした場合

    1. 追加する製品やサービス] ダイアログ ボックスで、アイテム名説明数量単価、および単価を入力します。必要な場合は、割引率を追加します。

    2. その他のフィールドを更新するには追加製品またはサービスを営業案件レコードで説明するように更新します。

    3. 追加製品やサービス] ダイアログ ボックスを閉じるには、 [OK ] をクリックしてまたは、次を追加する別のアイテムを追加する] をクリックします。

  • 編集する] をクリックします。 場合

    1. で、編集する製品やサービス] ダイアログ ボックスを入力、 項目名説明数量単位コスト単価し、 割引率、必要な場合です。

    2. クリックして[ok]を編集する製品やサービス] ダイアログ ボックスを閉じます。

  • 削除する] をクリックした場合は、[はい] をクリックします。

ページの先頭へ

アイテム リストで使用される通貨を変更します。

通貨の基となるコストと、製品およびサービス項目の価格については、お使いのコンピューターで地域の設定によって決定されます。Outlook の Business Contact Manager で複数の地域の通貨を使うことはできません。

Business Contact Manager for Outlook を実行するコンピューターの地域設定を変更します。

Microsoft Windows XP の場合

  1. [スタート] メニューの [コントロール パネル] をクリックします。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • クラシック表示では、 [地域と言語のオプションをダブルクリックします。

    • カテゴリの表示]日付、時刻、言語、および地域のオプション] をクリックし、[地域と言語のオプション] をクリックします。

  3. [地域のオプション] タブの [カスタマイズを] をクリックします。

  4. [通貨] タブをクリックし、[通貨記号と特殊文字] ボックスの一覧から目的の記号] をクリックします。

    Windows Vista

  5. 開始する] をクリックし、コントロール パネル

  6. クラシック表示します。[地域と言語のオプション] をダブルクリックします。

  7. [形式] タブで、この形式のカスタマイズ] をクリックします。

  8. [通貨] タブをクリックし、[通貨記号と特殊文字] ボックスの一覧から目的の記号] をクリックします。

    Windows 7

    1. [スタート] をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

    2. 時計、言語、および地域] をダブルクリックします。

    3. [地域と言語] で、日付、時刻、または数値書式の変更] をクリックします。

    4. [地域と言語] ダイアログ ボックスの書式設定] ボックスの一覧で、使用する書式が設定された国をクリックし、[その他のオプション] をクリックします。

    5. 書式設定のカスタマイズ] ダイアログ ボックスで、[通貨] タブをクリックし、[通貨記号と特殊文字] ボックスの一覧から [記号と特殊文字を使用する] をクリックします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×