製品の詳細を表示する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Duet Enterprise for Microsoft SharePoint and SAP] では、製品のコラボレーション ワークスペースは、SAP ビジネス データから商品の一覧を提供します。一覧には、製品の詳細、部品表、レポート、関連するドキュメント、および営業連絡先なども表示されます。

製品コラボレーション ワークスペースで次の操作を実行できます。

  • 製品の詳細の一覧を表示する

  • 主要な連絡先とのスレッドにすばやく参加する

  • ドキュメント (SAP Documents Management System (DMS) のドキュメントなど) を表示して他のユーザーと共有する

  • レポートを実行する、または他のユーザーとレポートを共有する

  • 部品表を表示する

  • 他のユーザーとのディスカッションに参加する

コラボレーション ワークスペースの詳細について必要がありますか。Duet Enterprise での共同作業の概要を参照してください。

この記事の内容

製品のリストを表示します。

製品ワークスペースを開く

製品リストを表示する

Duet Enterprise Web サイトの上部のリンクのナビゲーション バーで、[製品] ボックスの一覧を表示するには、製品コラボレーション ワークスペースを開くには、製品をクリックします。

注: お客様データの詳細を表示する問題が発生した場合、または顧客や製品の詳細については、非表示にすることを確認する場合は、詳細を表示するのには、ブラウザーを更新してください。

製品サイトには、SAP ライブラリの製品のリストが表示されます。

リストの特定の製品の詳細を表示するには、[部品 ID] 列のリンクをクリックします。

製品の詳細が別ウィンドウで開きます。

新しいウィンドウに表示されるレポートの詳細

注: 代わりに、リンクの横にあるドロップダウン メニューをクリックし、[アイテムの表示] をクリックすることができますもします。

ページの先頭へ

製品ワークスペースを開く

製品リストに含まれる製品のワークスペースを開くことができます。

以下に示すのは、同様のことを行う手順です。

  1. Duet Enterprise Web サイトの上部のリンクのナビゲーション バーで、製品を製品の共同作業スペースを開く] をクリックします。

  2. [製品] リストの [部品 ID] 列で、ワークスペースを開くアイテムの横にあるドロップダウンをクリックし、[ワークスペースを開く] をクリックします。

    製品ワークスペースを開く

  3. [OK] をクリックします。

製品ワークスペースには、さまざまな種類の製品に関連する情報を操作できるようにするためのいくつかの Web パーツがします。詳細については、次の表を参照してください。

Web パーツの名前

実行できる操作

IM 連絡先

製品に関連する仕事仲間と連絡を取ります。リストの仕事仲間との間で電子メールの送信、チャット、電話、および会議のスケジュール設定を実行できます。

ワークフロー自体へのアクセス許可を持っていないユーザーを含め、ドメイン内の任意のユーザーをコラボレーション ワークスペースの連絡先として招待できます。これにより、他のユーザーが持っているアクセス許可に関係なく、関連するすべての情報および連絡先を統合できます。

注: 人を連絡先として追加するとをDuet Enterprise Web サイトにユーザーとして承認ことはできません。アクセスを受信するには、サイト管理者または所有者には、Duet Enterprise の Web サイトへのユーザーとして追加します。

仕事仲間を連絡先リストに追加するには、[新しいアイテムの追加] をクリックします。

製品の詳細

製品に関する簡単な説明とその他の詳細情報を表示します。

部品表

製品に関連する部品表を表示します。

特定の部品表に関する詳細を表示するには、[部品の説明] 列で、アイテムの隣にあるドロップダウン メニューをクリックして [ワークスペースを開く] をクリックします。

関連ドキュメント

製品のコンテキストに適用される関連ドキュメントを表示します。

このワークスペースに参加する他のユーザーと共有する関連ドキュメントや便利なドキュメントをアップロードすることもできます。ドキュメントをアップロードするプロセスを次に示します。

  1. [関連ドキュメント] で、[ドキュメントのアップロード] をクリックします。

  2. [製品ドキュメントのアップロード - ドキュメントのアップロード] ページで、[参照] をクリックし、ドキュメントを参照して選択します。

  3. [ – の製品ドキュメントのアップロード < ドキュメントのファイル名 > ] ページで、種類記憶域のカテゴリの値を入力します。

    これらのフィールドに必要な値は、サイト デザイナーが初期設定時に指定します。選択する正しい値がわからない場合は、サイト管理者に問い合わせてください。

  4. [チェックイン] をクリックします。

ドキュメントを表示または保存できます。そのためには、次の手順を実行します。

  1. 関連するドキュメント] の下には、文書を開きたいの横にある 関連ドキュメント アイコン アイコンをクリックします。

  2. Web パーツの下に表示される [ドキュメントのダウンロード] リンクをクリックします。

  3. 目的の操作に応じて、[開く] または [保存] をクリックします。

関連アクション

ワークスペースのコンテキストに応じたアクション レポートを表示します。製品ワークスペースで、使用可能なレポートは、売り上げ高ドキュメントの課金順序配信と販売数量注文処理速度売り上げをクレジット メモの縦横比比率の返します受信注文にします。

レポートを開くには、レポートのリンク (たとえば "請求文書") をクリックします。

レポート

製品に関連するレポートを表示します。[関連アクション] Web パーツで実行したレポートは、[レポート] Web パーツに表示されます。

チーム ディスカッション

ディスカッション スレッドを開始、またはディスカッション スレッドに応答できます。他のユーザーがスレッドに応答した場合に通知を受信するように通知を設定することもできます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×