表示用の既定のフォント、セルの色、パターンを指定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

  1. [書式] メニューの [文字列のスタイル] をクリックします。

  2. [設定の対象] ボックスの [すべて] をクリックします。

  3. [フォント名] ボックスでフォント、[スタイル] ボックスでフォント スタイル、[サイズ] ボックスでフォント サイズを選択します。

  4. 文字列に下線を付けるには、[下線] チェック ボックスをオンにします。

  5. [] ボックスで、使用する色を選択します。

  6. セルの背景色を変更するには、[背景色] ボックスの一覧で色をクリックします。

  7. セルの背景の網掛けを変更するには、[網掛け] ボックスの一覧で、網掛けのパターンをクリックします。

    注記: 

    • 新しい既定のフォントは、現在のビューにのみ適用されます。このビューのフォント設定を新しいプロジェクトで使用するには、[構成内容変更] を使用して、このビューをグローバル ファイルにコピーします。

    • 個別に書式が設定されている要素に既定のフォントを適用するには、現在の書式をクリアします。変更する要素を選択し、[編集] メニューの [クリア] をクリックして、[書式] をクリックします。

    • [書式設定] ツールバーの [フォント] ボックスと [フォント サイズ] ボックスには文字列スタイルの設定は反映されません。これらのボックスは、要素に対して個別にフォントを指定する場合に使用します。

    • Windows Vista で、フォントの一覧に表示されないフォントを追加するには、コントロール パネルの [デスクトップのカスタマイズ] をクリックします。[フォント] ウィンドウで、[ファイル] メニューの [新しいフォントのインストール] をクリックします ([ファイル] メニューが表示されていない場合は、Alt キーを押します)。

    • Windows XP で、フォントの一覧に表示されないフォントを追加するには、コントロール パネルの [フォント] をクリックします。[フォント] ウィンドウで、[ファイル] メニューの [新しいフォントのインストール] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×