表示形式の書式記号

数値の表示形式を使って、実際の数値を変更せずに、日付と時刻などの数値の外観を変更できます。 表示形式を設定しても、計算の実行時に使用されるセルの値には影響しません。 実際の値は、数式バー に表示されます。

Excel には、組み込みの表示形式がいくつか用意されています。これらの組み込み表示形式をそのまま使用することも、これらを基にしてユーザー定義の表示形式を作成することもできます。ユーザー定義の表示形式を作成する場合は、表示形式コードの 4 つのセクションまで指定できます。これらのコード セクションでは、正の数、負の数、ゼロの値、およびテキストの順に定義します。コード セクションは、セミコロン (;) で区切る必要があります。

次の例は、4 種類の表示形式コード セクションを示しています。

4 種類の書式コード セクション

吹き出し 1 正の数の表示形式

吹き出し 2 負の数の表示形式

吹き出し 3 ゼロの表示形式

吹き出し 4 テキストの表示形式

表示形式コードの 1 つのセクションのみを指定した場合は、そのセクション内のコードがすべての数値に対して使用されます。表示形式コードの 2 つのセクションを指定した場合は、最初のコード セクションが正の数とゼロに、2 番目のコード セクションは負の数に使用されます。表示形式のコード セクションをスキップする場合は、コードが存在しないすべてのセクションにセミコロンを含める必要があります。アンパサンド (&) テキスト演算子を使用すると、2 つの値を結合 (または連結) できます。

ユーザー定義の表示形式コードを作成する

  1. [ホーム] タブで、[表示形式] [数値の書式設定] ボックス をクリックしてから [その他の表示形式] をクリックします。

  2. [セルの書式設定] ダイアログ ボックスの [分類] ボックスで、[カスタム] をクリックします。

  3. [種類] ボックスの一覧の、カスタマイズする表示形式をクリックします。

    一覧の上部にある [種類] ボックスに、選択した表示形式が表示されます。

  4. [種類] ボックスで、選択した表示形式に対して必要な変更を加えます。

表示形式コードのガイドライン

1 つのセルにテキストと数値の両方を表示するには、テキスト文字を二重引用符 (" ") で囲むか、単一の文字の前に円記号 (¥) を付けます。表示形式コードの該当するセクションに文字を含めます。たとえば、「$0.00" 超過";$–0.00" 不足"」と入力すると、正の金額は "$125.74 超過" と表示され、負の金額は "$–125.74 不足" と表示されます。

次の表にリストされている文字を入力する場合、引用符を使用する必要はありません。

文字

名前

$

ドル記号

+

正符号

-

負符号

/

スラッシュ

(

左かっこ

)

右かっこ

:

コロン

!

感嘆符

^

曲折アクセント (キャレット)

&

アンパサンド

'

アポストロフィ

~

チルダ

{

左中かっこ

}

右中かっこ

<

小なり記号

>

大なり記号

=

等号

スペース文字

セルに入力されたテキストを含む表示形式を作成するには、数値表示形式コード セクションのテキスト セクションで、入力されたテキストをセルに表示する位置にアット マーク (@) を挿入します。@ 文字が表示形式のテキスト セクションに含まれていない場合、セルに入力したテキストは表示されず、数値だけが表示されます。特定のテキスト文字と、セルに入力されたテキストを組み合わせる表示形式を作成することもできます。これを行うには、@ 文字の前、@ 文字の後、またはこれら両方の場所に、特定のテキスト文字を入力します。次に、入力したテキスト文字を二重引用符 (" ") で囲みます。たとえば、セルに入力されたテキストの前にテキストを含めるには、数値表示形式コードのテキスト セクションに、「"gross receipts for "@」と入力します。

表示形式に 1 文字幅のスペースを挿入するには、下線 (_) を挿入し、その後に文字を挿入します。たとえば、正の数と、かっこで囲んだ負の数を正しく整列させる場合は、正の数の表示形式の末尾に下線を挿入し、その後に右かっこ文字を挿入します。

表示形式で文字を繰り返して数字の幅で列が埋まるようにするには、表示形式コードでその文字の前にアスタリスク (*) を追加します。たとえば、「0*–」と入力すると、数字の後にセルを埋めるために必要なダッシュを含めることができます。また、表示形式の前に「*0」と入力すれば、先行ゼロを含めることができます。

数値表示形式コードを使用すると、小数点の前後の桁数の表示を制御することができます。数値の有効桁数だけを表示する場合は、数値記号 (#) を使用します。この記号を指定すると、有意でないゼロは表示されません。数値の桁数が、表示形式コードに指定されている桁数よりも少ない場合に有意でないゼロを表示するには、数値文字ゼロ (0) を使用します。小数点の両側に有意でないゼロがある場合にスペースを追加して、Courier New などの等幅フォントで書式設定したときに数値を小数点揃えにするには、疑問符 (?) を使用します。疑問符 (?) を使用して、分子と分母の桁数が異なる分数を表示することもできます。

数値の小数点の左側の桁数が、表示形式コードのプレースホルダーよりも多い場合は、余分な桁がセルに表示されます。ただし、数値の小数点の右側の桁数が、表示形式コードのプレースホルダーよりも多い場合は、プレースホルダーの小数部の桁数と同じになるように数値が四捨五入されます。表示形式コードの小数点の左側に数値記号 (#) だけが含まれている場合、1 未満の数値は小数点で始まり、小数点の前にゼロは表示されません。

表示する内容

表示する内容

使用するコード

1234.59

1234.6

####.#

8.9

8.900

#.000

.631

0.6

0.#

12

1234.568

12.0

1234.57

#.0#

数値:​​

44.398

102.65

2.8

小数点で揃える:

  44.398

102.65

    2.8

???.???

数値:​​

5.25

5.3

分数の分子で揃える:

5 1/4

5 3/10

# ???/???

桁区切り記号としてコンマを表示したり、1000 の倍数で数値を表示したりするには、数値表示形式コードにコンマ (,) を含めます。

表示する内容

表示する内容

使用するコード

12000

12,000

#,###

12000

12

#,

12200000

12.2

0.0,,

整数の先頭または末尾にゼロを表示するには、次の表に示すコードを使用します。

表示する内容

表示する内容

使用するコード

12

123

00012

00123

00000

12

123

00012

000123

"000"#

123

0123

"0"#

表示形式コードのセクションに色を指定するには、以下のようにコードに次の 8 色のいずれかの名前を角かっこで囲んで入力します。色コードをコード セクションの最初のアイテムにする必要があります。

[黒] [青] [水] [緑] [紫] [赤] [白] [黄]

指定した条件を数値が満たす場合にのみ適用する表示形式を示すには、条件を角かっこで囲みます。条件は、比較演算子と値で構成されます。たとえば、次の表示形式では、100 以下の数値は赤のフォントで表示され、100 を超える数値は青のフォントで表示されます。

[赤][<=100];[青][>100]

ゼロを非表示にするか、セルのすべての値を非表示にするには、次のコードを使用してユーザー定義の表示形式を作成します。非表示にした値は数式バーでのみ表示されます。シートの印刷時に値は印刷されません。非表示にした値をもう一度表示するには、標準表示形式、または日付や時刻などの適切な形式に変更します。

非表示にする対象

使用するコード

ゼロ値

0;–0;;@

すべての値

;;; (セミコロン 3 つ)

次のキーボード ショートカットを使用して、次の通貨記号を [種類] ボックスに入力します。

入力する内容

以下のキーを押す

¢ (セント)

Option + 4

£ (ポンド)

Option + 3

¥ (円)

Option + Y

€ (ユーロ)

Option + Shift + 2

通貨の地域の設定によって、通貨記号の位置 (つまり、記号を数値の前と後のどちらに表示するかと、記号と数値をスペースで区切るかどうか) が決まります。また、地域の設定によって小数点記号と桁区切り記号も決まります。これらの設定は、Mac OS X の [言語環境] システム環境設定を使用して制御できます。

数値をパーセントで表示する (たとえば、.08 を 8%、2.8 を 280% で表示する) には、表示形式にパーセント記号 (%) を含めます。

数値を指数表記で表示するには、表形式コードで E–、E+、e–、e+ などの指数コードのいずれかを使用します。表示形式コード セクションの指数コードの右にゼロ (0) や数値記号 (#) が含まれている場合、Excel では数値は指数表記で表示され、"E" または "e" が挿入されます。コードの右側のゼロや数値記号の数によって、指数の桁数が決まります。"E–" または "e–" コードを指定すると、負の指数のときに負符号 (-) が表示されます。"E+" または "e+" コードを指定すると、負の指数のときは負符号 (-)、正の指数のときは正符号 (+) が表示されます。

日付や時刻の書式を設定するには、次のコードを使用します。

重要: "h" または "hh" コード (時間) の直後、あるいは "ss" コード (秒) の直前に "m" または "mm" コードを使用すると、Excel では月ではなく分が表示されます。

表示する内容

表示する内容

使用するコード

00-99

yy

1900-9999

yyyy

1-12

m

01-12

mm

Jan-Dec

mmm

January-December

mmmm

J-D

mmmmm

1-31

d

01-31

dd

Sun-Sat

ddd

Sunday-Saturday

dddd

0-23

h

00-23

hh

0-59

m

00-59

mm

0-59

s

00-59

ss

時刻

4 AM

h AM/PM

時刻

4:36 PM

h:mm AM/PM

時刻

4:36:03 PM

h:mm:ss A/P

時刻

4:36:03.75 PM

h:mm:ss.00

経過時間 (時と分)

1:02

[h]:mm

経過時間 (分と秒)

62:16

[mm]:ss

経過時間 (秒と 100 分の 1 秒)

3735.80

[ss].00

注: 表示形式に AM または PM が含まれている場合、時刻は 12 時間制で表示されます。"AM" または "A" は午前 0 時から正午までの時間を示し、"PM" または "P" は正午から午前 0 時までの時間を示します。それ以外の場合は、24 時間制で表示されます。

関連項目

ユーザー定義の表示形式を作成して適用する

数値を郵便番号、保険証番号、または電話番号として表示する

日付、時刻、通貨、小数、またはパーセンテージを表示する

条件付き書式を使用してパターンおよび傾向を強調表示する

ゼロ値を表示する、または非表示にする

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×