表示、非表示にする、およびブラインド カーボン コピー (Bcc) フィールドを表示します。

表示、非表示にする、およびブラインド カーボン コピー (Bcc) フィールドを表示します。

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

電子メール メッセージのBcc (ブラインド カーボン コピー)] ボックスに受信者の名前を追加する場合、メッセージのコピーは指定した受信者に送信されます。これから、他の受信者のメッセージの Bcc の受信者の名前を非表示にします。

検索し、[bcc] を有効にします。

[BCC] ボックスをオンにすると、このボックスは、メッセージを作成するたびにオフにされるまで表示されます。

  1. 新しいメール メッセージを作成して、オプション] タブを選択し、[ Bcc] をクリックします。

    PC 版

    [BCC] ボックスをオンにするには、新しいメッセージを開き、[オプション] タブを選択し、[表示フィールドの選択] グループで [BCC] を選びます。

    Mac 用

    [Bcc] ボックスをオンにするには、新しいメッセージを開き] タブの [オプション] を選びます [Bcc] をクリックします。
  2. [BCC] ボックスに受信者を追加し、メッセージを作成し、完了したら [送信] を選択します。

[BCC] をオフにする

以降のメッセージのために、[BCC] ボックスはいつでもオフにできます。

  • 新しいメール メッセージを作成し、[オプション] > [BCC] を選択します。

    PC 版

    [BCC] ボックスをオンにするには、新しいメッセージを開き、[オプション] タブを選択し、[表示フィールドの選択] グループで [BCC] を選びます。

    Mac 用

    [Bcc] ボックスをオンにするには、新しいメッセージを開き] タブの [オプション] を選びます [Bcc] をクリックします。

    注: 背景色により、[BCC] ボタンがオンかオフかが区別されます。背景が暗い場合はボタンがオンになっていることを意味し、背景が明るい場合はオフになっていることを意味します。

[BCC] の受信者を表示する

メッセージの受信者は、送信者が [BCC] に受信者を追加したかどうかを確認することはできません。メッセージの送信者のみが、送信済みメッセージが既定で保存される [送信済みアイテム] フォルダーのメッセージを開いて [BCC] 受信者の名前を確認できます。

  1. [送信済みアイテム] フォルダーで送信したメッセージを開きます。

  2. 閲覧​​ウィンドウでメッセージのヘッダー セクションを参照します。

    PC 版

    [送信済みアイテム] フォルダーで、BCC の受信者を表示するメッセージを選択し、必要に応じて、メッセージのヘッダーをすべて表示するために展開の矢印を選択します。

    ヒント: 

    • + 記号はさらに受信者がいることを示します。たとえば、スクリーンショットの +11 は、[BCC] ボックスにさらに 11 人受信者がいることを示します。

    • メッセージ ヘッダーを選択して展開します。 を選択し、メッセージのヘッダー セクションを展開 (開き) ます。そして メッセージ ヘッダーを折りたたむ選択をします。 を選択すると、ヘッダー セクションを折りたたむ (閉じる) ことができます。

    Mac 用

    Bcc の受信者に送信済み] フォルダーが表示されます。

    ヒント: 

    • その他の受信者がある場合は、受信者、およびその他の数が表示されます。スクリーン ショットでは、たとえば、複数 11通知BCC ] ボックスに記載されている 11 の他の受信者がします。

    • その他(開く) のあるメッセージのヘッダー セクションを展開する] をクリックします。

  • 準備する    目的の受信者の名前をメッセージの [BCC] ボックスに追加する前に、受信者がメッセージを必要としているかどうかを確認します。受信者が、送信者を信頼できる差出人 (送信者の名前がメッセージの [宛先] ボックスに追加される場合は信頼できる宛先) として設定するための手順を実行する必要がある場合があります。

    なぜこのような手順が必要なのでしょうか?スパム送信者が BCC の使用を好むためです。そのため、多くの迷惑メール フィルターは [BCC] ボックスを使用するメッセージに迷惑メールのフラグを設定します。目的の受信者が送信者の名前を Microsoft Outlook の [信頼できる差出人のリスト] に追加していない場合、メッセージが [迷惑メール] またはそれと同等のフォルダーに直接入れられてしまう可能性があります。

    Outlook で迷惑メール フィルターを設定する方法の詳細については、迷惑メール フィルター リストに追加する名前を参照してください。

  • [BCC] ボックスに配布リストを追加する前によく考える    ルールを使ってメールをフォルダーごとに分類しているユーザーの場合、[BCC] ボックスに配布リストの名前が入っていると不便になります。このようなルールは [宛先] ボックスまたは [CC] ボックスにある配布リストの名前を基準にしているため、メッセージがルールに沿って分類されなくなるからです。

  • 制限を把握する    多くのメール サービス プロバイダーは、メッセージの [宛先]、[CC]、[BCC] の各ボックスに追加できる名前の数に制限を設けています。たとえば、ご利用のメール サービス プロバイダーは、メッセージ 1 件につきメール アドレスは最大 100 件と制限されているかもしれません。このアドレスを [宛先]、[CC]、[BCC] の各ボックスで分散して使用する場合、[BCC] ボックスの名前の数もカウントされることを忘れないでください。アカウント ポリシーについては、メール サービス プロバイダーにお問い合わせください。

  • 受信者リストは非公開のままにする    BCC を使えば各ユーザーの身元を開示することなく連絡を取り合うことができるため、他のユーザーのプライバシーを尊重することができます。たとえば、求人広告を複数のユーザーに送信する場合、BCC を使用して求職者の身元を非公開にすることができます。

    ヒント: Microsoft Office Word 2007 では BCC の代わりに差し込み印刷を使用することを検討してください。差し込み印刷を使用すると、個々の受信者に同じメール メッセージをすばやく送信できます。差し込み印刷では、メッセージの [宛先] ボックスにある 1 つの名前でメールを一括送信することができます。

  • 煩雑になった会話を抑制する    配布リストを使用する場合、または名前が多い場合には BCC を使用すると便利です。

    [宛先] ボックスに多数のユーザーが入っているメッセージを送信することを考えてみてください。会話のやり取りが活発になると、あらゆるユーザーが返信するようになります。そうなると、メッセージの数が急増し、多くの受信者が返信の際に "このメッセージに対して [全員へ返信] するのはやめてほしい" と感じるようになります。この問題は、返信するユーザーが [全員へ返信] をクリックするために起こります。[全員へ返信] オプションの使用を回避する 1 つの方法として、返信する際に配布リストの名前を [BCC] ボックスに入れる方法があります。たとえば、[返信] をクリックして、自分の名前だけを [宛先] ボックスに入れ、配布リストを [BCC] ボックスに移して、次のようなメッセージを作成します。

    "この件について、皆様からのご意見をお待ちしております。コメントがございましたら、私まで直接ご返信ください (全員宛てのメッセージを減らすため、この配布リストは [BCC] ボックスに移動しました)。"

    ヒント:   Outlook を使用している他のユーザーにメッセージを送信する場合は、[全員へ返信] オプションを使用させないようにすることもできます。詳細については、「電子メールの [全員へ返信] や [転送] を禁止する」を参照してください。

  • スパムを減らす    迷惑メールやスパムを送信するユーザーは BCC の使用を好みますが、こちらが BCC を使えば彼らは嫌がるでしょう。[BCC] ボックスに受信者の名前を入れることで非表示にすれば、メッセージから受信者のメール アドレスを誰もコピーできなくなります。

関連項目

[宛先]、[CC]、または [BCC] の受信者候補を削除する

宛先]、[cc]、および Bcc の受信者候補の表示を停止するボックス

Outlook でブラインド カーボン コピー (Bcc) を使用して受信者の名前を非表示にします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×