表内の列または行の数値を合計する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

列または行のテーブル内の数値を追加するには、[数式] コマンドを使用します。

  1. 結果を表示する表のセルをクリックします。

  2. [レイアウト] タブ ([表ツール]、[数式] をクリックします。

    [数式] オプションが強調表示された表ツールの [レイアウト] タブ

  3. [計算式] ボックスでかっこ内の文字列を確認して、合計するセルが含まれていることを確認し、[OK] をクリックします。

    SUM (Above) 数式が表示されます。

    =SUM(ABOVE) は、選択しているセルの上にあるその列の数値を合計します。

    =SUM(LEFT) は、選択しているセルの左にあるその行の数値を合計します。

    =SUM(BELOW) は、選択しているセルの下にあるその列の数値を合計します。

    =SUM(RIGHT) は、選択しているセルの右にあるその行の数値を合計します。

ヒント: 合計する数値を変更した場合、合計を選んで F9 キーを押すと、合計値が更新されます。

複数の計算式を 1 つの表内で使うことができます。たとえば、右側の列で各行の数値を合計し、それらの結果を列の 1 番下で合計することができます。

表のその他の計算式

Word には、AVERAGE や PRODUCT などの表で使う他の関数も用意されています。

  1. 結果を表示する表のセルを選びます。

  2. [レイアウト] タブ ([表ツール]、[数式] をクリックします。

    [数式] オプションが強調表示された表ツールの [レイアウト] タブ

  3. [計算式] ボックスで、等号 (=) を残して SUM 式を削除します。[関数貼り付け] ボックスをクリックし、必要な関数をクリックします。

    表ツールの [レイアウト] タブから数式の関数貼り付けが表示されています。

  4. かっこ内に、計算式に含める表のセルを入力して、[OK] をクリックします。

    選んでいるセルの上にあるその列の数値を追加するには、「ABOVE」と入力します。

    選んでいるセルの左にあるその行の数値を追加するには、「LEFT」と入力します。

    選んでいるセルの下にあるその列の数値を追加するには、「BELOW」と入力します。

    選んでいるセルの右にあるその行の数値を追加するには、「RIGHT」と入力します。

    たとえば、その行でセルの左にある数値の平均を計算するには、[AVERAGE] をクリックし、「LEFT」と入力します。

    =AVERAGE(LEFT)

    2 つの数値を乗算するには、[PRODUCT] をクリックし、表のセルの場所を入力します。

    =PRODUCT(ABOVE)

ヒント: 計算式に含めるセルの範囲をより細かく指定するには、特定のセルを参照します。Microsoft Excel スプレッドシートのように、表の各列には文字が付いており、各行には数字が付いています。たとえば、2 番目の行の 2 番目と 3 番目の数値を乗算するには、「=PRODUCT(B2:C2)」と入力します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×