表のスタイルを適用する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Microsoft Word の表スタイルを使用すると、いつでも表の書式を変更できます。それでも、本格的な文書を保持しています。

表のスタイルを使用すると、罫線、網かけ、配置、フォントが表内で一貫した外観になります。また、直接書式設定の代わりに表のスタイルを使用して、表のセルの内容を書式設定し、別のテーブルスタイルに切り替えると、新しいテーブルスタイルに合わせてコンテンツが自動的に更新されます。

表スタイルを適用する

  1. 書式を設定するテーブルを選択します。[表ツール] が表示されます。

  2. [デザイン] タブの [表ツール] で、表スタイルのギャラリーから表スタイルをクリックします。

ページの先頭へ

表のスタイルを変更する

表のセル内で、スタイルと直接の書式設定を使用して、セルの内容の書式を設定できます。この方法で適用した書式設定は、表のスタイルの書式設定よりも優先されます。

テーブルのスタイル

1. ヘッダーテキストを青に変更するなど、表の内容に書式設定を適用することができます。

2. 別の表スタイルに切り替えると、ヘッダーテキストは青色のままになります。

ヒント: 表スタイル ギャラリーを開く前に、[デザイン] タブの [表スタイルのオプション] セクションでチェック ボックスのオンとオフを切り替えることで、ギャラリーの表スタイルの選択内容を変更することができます。たとえば、表に見出し行がなく、行を網かけにしない場合は、[見出し行​​] と [縞模様 (行)] のチェック ボックスをオフにします。​​表スタイルのギャラリーを開くと、見出し行や縞模様行の書式が含まれていないプレビューが表示されます。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×