表にタブを設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

表のセル内にインデントを適用する

インデントを適用するテキストまたは数字の前をクリックし、Ctrl + Tab キーを押します。

注:  目次 (TOC) の作成方法については、「目次を作成する」をご覧ください。

表のセルにタブ位置を設定する

既定で、Word のタブ位置は、0.5 インチ (12.7 mm) 間隔で設定されますが、独自のタブ位置を設定することもできます。ドキュメントにタブ位置を設定すると、ウィンドウの上部の水平ルーラー上にタブ位置のマーカーが表示されます。

水平ルーラーを表示してタブ位置を設定する。

注記: 

  • ルーラーが表示されていない場合は、[表示] タブに移動し、[ルーラー] をオンにします。

  • ルーラーを表示するためのチェック ボックス。

  1. タブ位置を設定するセルをクリックします。

  2. 目的のタブの種類が表示されるまで、水平ルーラーの左端にある タブ イメージ (左揃えタブ) をクリックします。

  3. 次のいずれかのタブの種類を選択します。

タブ イメージ (左揃えタブ) では、テキスト行の左端を設定します。入力したテキストは、右側に入力されます。

[中央揃えタブ] (中央揃えタブ) では、テキスト行の中央位置が設定されます。入力してテキストは、この位置を中心として揃えられます。

タブ イメージ (右揃えタブ) では、テキスト行の右端を設定します。入力したテキスト、左側に入力されます。

タブ イメージ (小数点揃えタブ) では、小数点を中心に数字が揃えられます。数字の桁数に関係なく、小数点は同じ位置に配置されます (この種類のタブ位置を使用する場合、小数点を中心に数字を位置揃えする必要があります。カンマ、ハイフン、アンパサンド記号などの他の種類の文字を使用することはできません)。 

[縦棒タブ] (縦棒タブ) では、選択した文字列の上に垂直の実線を引きます。他のタブと異なり、縦棒タブは、ルーラーをクリックするとすぐにテキストに追加されます。ドキュメントを印刷する前に、縦棒タブをクリアしないと、垂直線が印刷されます。

  1. タブ位置を設定する位置の水平ルーラーをクリックします。

    ヒント: 

    • 正確な測定値を指定してタブ位置を設定する、水平ルーラーをダブルクリックして、[タブ位置] で目的のサイズを入力およびし、[設定] をクリックして>OKします。

    • [タブ] ダイアログ ボックス

注:  タブ位置をクリアするには、水平ルーラーからタブ マーカーを下にドラッグします。

表で実行できるその他の作業

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×