行頭文字や段落番号の書式を変更する

箇条書きの行頭文字や段落番号の書式を変更するには、いずれかの行頭文字または段落番号をクリックして、箇条書きリスト内のすべての行頭文字または段落番号を選択します。文字列を選択した場合は、その文字列の書式と行頭文字または段落番号の書式が両方とも変更されます。

行頭文字や段落番号の新しい書式を選択する

  1. 変更する箇条書きの行頭文字または段落番号を選択します。

    アウトラインが指定されている箇条書きリストでは、レベルごとに行頭文字または段落記号を 1 つクリックし、一度に 1 レベルずつ書式を変更していきます。

  2. [ホーム] タブの [段落行頭文字または段落番号の横の矢印をクリックします。

    行頭文字の強調表示されている世界の段落のリボン

  3. [行頭文字ライブラリ] または [番号ライブラリ] で、行頭文字または段落記号の目的の書式をクリックします。

    した新しい箇条書きスタイル

箇条書きの行頭文字または段落番号のフォントを変更する

箇条書きの文字列の書式を変更せずに、行頭文字または段落番号の文字書式だけを変更できます。たとえば、箇条書きの文字列とは異なる色で行頭文字または段落番号を表示できます。

  1. 箇条書きの行頭文字または段落番号をクリックします。

    箇条書きのすべての行頭文字または段落番号が選択されます。

    選択されているリスト

  2. [ホーム] タブの [フォント] で設定を変更します。

    [ホーム] タブの [リボンのフォント

    たとえば、[フォントの色] の横にある矢印をクリックし、目的の色をクリックします。

リスト項目のレベルを簡単に変更することができます。

  1. レベルが適切でない行頭文字または段落番号をクリックします。

  2. [ホーム] タブの [段落行頭文字または段落番号の横の矢印をクリックします。

    行頭文字の強調表示されている世界の段落のリボン

  3. [リストのレベルの変更] をポイントし、目的のレベルをクリックします。

    箇条書きまたは段落番号の一覧にリストのレベルを変更します。

  1. 変更する箇条書きの行頭文字または段落番号を選択します。

    行頭文字または段落番号をクリックすると、箇条書きリスト全体が選択されます。

  2. [ホーム] タブの [段落] で、[箇条書き] または [段落番号] をクリックします。

    2 つの間で切り替えるには、箇条書きまたは段落番号] をクリックします。

    バックアップの一覧を変更するには、 ボタン イメージ行頭文字または段落番号 ボタン イメージ のいずれかをクリックします。

アウトラインが指定された箇条書きでは、リスト項目が複数のレベルに分かれて表示されます。

アウトライン番号付きリスト

  1. 箇条書きの変更対象のリスト レベルで行頭文字または段落番号を選択します。

    あるリスト レベルで行頭文字または段落番号をクリックすると、そのレベルのリスト項目がすべて選択されます。

    アウトラインが指定された箇条書きの行頭文字または段落記号をすべて変更するには、箇条書きリスト全体を選択します。

  2. [ホーム] タブの [段落] で、[箇条書き] または [段落番号] をクリックします。

    2 つの間で切り替えるには、箇条書きまたは段落番号] をクリックします。

    バックアップの一覧を変更するには、 ボタン イメージ を段落番号または箇条書き ボタン イメージ をクリックします。

関連項目

箇条書きまたは段落番号付きリストを作成します。

箇条書きまたは段落番号無効を切り替える

新しい行頭文字、数字、および複数レベルのリストを定義します。

箇条書きの行頭文字または段落番号とテキストのインデントを変更します。

ご意見をお待ちしています。

お客様のフィードバックにより、2017 月 11日が更新されます。

この記事は役に立ちましたか。必要な場合は、お知らせこのページの下部にあります。場合に便利に、お知らせ混乱を招くまたは不足しているはどのくらいかわかります。Wordし、使用しているオペレーティング システムのバージョンを含めてください。事実を確認してください、情報を追加する、この記事の更新、フィードバックを使用します。

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×