行間を変更する

縦位置の行間を変更することによって、セル内のテキストの表示が改善できます。Excel ではセル内の行間の直接制御は提供していませんが、いくつかのテキストの配置方法を使用することで、余白を調整したり、テキストを読みやすくしたりすることができます。また、テキスト ボックスを追加することで、さらに制御できるようになります。

この記事の内容

セル内のテキストの間隔を詰める

セル内のテキストの行間が広すぎる場合は、縦方向に調整することができます。[文字の配置] を変更して行間を詰めることで、読みやすさを改善できることがよくあります。

  1. 変更するセル内を右クリックし、[セルの書式設定] をクリックします。

    右クリック メニューで、[セルの書式設定] をクリックします。
  2. [配置] タブで [縦位置] を、テキストをセル内に配置する場所に応じて、[上詰め]、[中央揃え]、または [下詰め] に変更します。

    [セルの書式設定] ダイアログ ボックスの [配置] タブ。
  3. [OK] をクリックします。 テキストが等間隔です。

    目的の場所にテキストが等間隔で位置揃えされます。

    ヒント: 同じ行により多くの内容がある別のセルがあるため、1 つのセルに多くの余白ができている場合、余白が多すぎるセルの縦位置の配置を [中央揃え] に変更すると、より均等に余白を埋めることができます。

ページの先頭へ

セル内のテキストの間隔を広げる

セルに余白があり、行間を増やして均等にフィットさせる場合は、縦方向の行間を [両端揃え] に変更します。

  1. 目的のセル内を右クリックし、[セルの書式設定] をクリックします。

  2. [配置] タブで [縦位置] を [両端揃え] に変更します。

  3. [OK] をクリックします。

    テキストがセル内で均等に分散されます。行の高さを変更すると、テキストは新しい幅に対して均等に再調整されます。

ページの先頭へ

セル内のテキストをテキスト ボックスに置き換える

変更を必要とするテキストのあるセルが少ししかない場合は、セルの上にテキスト ボックスを挿入することを検討できます。セルの代わりにテキスト ボックスを使用することで、テキストの書式設定をより細かく制御できます。

  1. 変更するセルをダブルクリックして、セル内のすべてのテキストを選択し、Ctrl キーを押しながら X キーを押します。

    テキストが選択されています。
  2. セルの選択を解除するには、別のセルをクリックします。

  3. 必要に応じて、行の高さを調整します。

  4. [挿入] タブの [テキスト ボックス] をクリックします。

    [テキスト ボックス] をクリックします。
  5. 目的のセルの左上隅にカーソルを移動し、クリックしたまま、セルに合わせてテキスト ボックスを描きます。作成後にテキスト ボックスのサイズを調整する必要がある場合は、選択範囲の四角形の端をドラッグします。

  6. テキスト ボックス内をクリックしてアクティブにし、Ctrl キーを押しながら V キーを押して、テキスト ボックス内にテキストを貼り付けます。

    新しいテキストがテキスト ボックスに貼り付けられます。
  7. テキスト ボックス内のすべてのテキストを選択して右クリックし、[段落] をクリックします。

    右クリック メニューで、[段落] をクリックします。
  8. 必要な行間をクリックします。

    ヒント: フォント サイズを小さくしてもテキストを詰めることができます。テキストを選択して右クリックし、[フォント] をクリックして目的のフォント サイズを選択します。

    注: テキスト ボックスはセル内ではなく、セルの上にフロートしています。テキスト ボックスが挿入された行は、上の内容が変更されると移動しますが、テキスト ボックスはセルと一緒に移動しません。テキスト ボックスを移動するには、カーソルをテキスト ボックスの端に移動して、テキスト ボックスをクリックしたまま新しい場所にドラッグします。

ページの先頭へ

関連項目

テキスト ボックスを追加、コピー、または削除する

セルの書式を変更する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×