行のプロパティ ページ (ADP) に参加します。

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

テーブルを結合するためのオプションを指定します。

既定では、結合列に一致する情報を含む行に基づく結果セットを作成する内部結合を使用して関連テーブルを結合します。結合線のプロパティ] ページでオプションを設定して別の演算子に基づいて結合を指定して外部結合を指定することができます。

テーブル、ビュー、または結合に関連する関数の名前。ここでは、テーブルの名前を変更することはできません。

テーブルの結合に使用する列の名前。演算子の一覧の演算子は、列のデータ間の関係を指定します。ここで、列の名前を変更することはできません: 参考としてこの情報が表示されます。

演算子に参加します。

結合の列を関連付けるに使用する演算子を指定します。等号 (=) 以外の演算子を指定するには、一覧から選択します。プロパティ ページを閉じると、選択した演算子は、次のように、結合線のひし形の図で表示されます。

"次の値より大きい" 演算子に基づく内部結合の記号

行を含める

データシートに一致しない行を表示するかどうかを指定します。

< Table1 > のすべての行

右側のテーブルに対応する一致がない場合でも、出力では、左側のテーブルからすべての行が表示されることを指定します。右側のテーブルで一致するデータの列が null として表示されません。このオプションを選択することは、SQL ステートメントで左外部結合を指定すると同じです。

< Table2 > のすべての行

左側のテーブルに対応する一致がない場合でも、出力では、右側のテーブルのすべての行が表示されることを指定します。左側のテーブルで一致するデータの列が null として表示されません。このオプションを選択することは、SQL ステートメントで右外部結合を指定すると同じです。

< Table1 > のすべての行と < table2 > のすべての行の両方を選択することは、SQL ステートメントで完全外部結合を指定すると同じです。

外部結合、結合が左外側、右外部、または完全外部結合であることを示す結合線の変更内容のひし形のグラフィックを作成するオプションを選択すると。

注: 「左」および「右」の単語がダイアグラム ウィンドウ内のテーブルの位置に必ずしも対応していません。「左」を参照テーブルの名前が、SQL ステートメントでキーワード結合の左側に表示して、"right"を参照するテーブルの結合キーワードの右側に名前が表示されます。[図] ウィンドウでテーブルを移動する場合は変更しないでくださいどのテーブルは、左または右と見なされます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×