色分類項目を使って予定表を整理する

色分類項目を使って予定表を整理する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Outlook の予定表にたくさんの予定と会議がある場合、色分類項目を追加すると、目で見て似ているアイテムを関連付けることができます。個人的なアイテムをすべて緑色の分類項目に割り当て、重要なアイテムをすべて赤色の分類項目に割り当てることができます。

注:  分類項目は IMAP アカウントの予定表には使えません。

  1. ナビゲーション バーで、[予定表] をクリックします。

  2. 予定表の予定、会議、またはイベントをクリックし、[分類] をクリックします。

    リボンの [分類]

  3. 分類項目をクリックするか、[すべての分類項目] をクリックして作成します。

    リボンの [分類] ボックスの一覧で分類項目を選択

色の分類項目を割り当てると、予定表のグリッドでその色がアイテムの背景色として使用されます。

ヒント: 分類項目の名前は変更できます。予定、会議、メール メッセージ、または連絡先をクリックし、[分類] の [すべての分類項目] をクリックします。分類項目をクリックし、[名前の変更] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×