色分類項目の作成と割り当てを行う

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

色分類項目を使用すると、Microsoft Outlook で関連するアイテムを簡単に識別してグループ化することができます。関連アイテムのグループ (メモ、連絡先、予定、メール メッセージなど) に色分類項目を割り当てると、アイテムの追跡と整理が簡単になります。アイテムには複数の色分類項目を割り当てることもできます。

受信トレイの色分類項目を表示する
色分類項目を使用することで、関連アイテムを簡単に見つけることができます。

既定の分類項目のセットから選択するか、独自の分類項目を作成し、Outlook アイテムに割り当てることができます。分類項目の色は、受信トレイなどの テーブル ビューと、開いているアイテム内で、目立つように表示されます。分類項目は名前を変更してよりわかりやすくしたり、別の色を選択したりすることができます。このような柔軟性により、個人の作業スタイルに合った色分類項目システムを設計できます。

  1. 任意のビューで、[ホーム] タブの [タグ] グループで [分類] をクリックし、[すべてのカテゴリ] をクリックします。

    [タグ] グループの [すべての分類項目] コマンド

    注:  予定表アイテムの場合は、[タグ] が、[予定] または [会議] タブに表示されます。 開いている連絡先やタスクの場合は、[タグ] が、[連絡先] または [タスク] タブに表示されます。

  2. [色分類項目] ダイアログ ボックスの [新規作成] をクリックします。

  3. [新しい分類項目の追加] ダイアログ ボックスで、[名前] ボックスに新しい色分類項目の名前を入力します。

    [新しい分類項目の追加] ダイアログ ボックス

  4. [] リストで、色を選択し、[OK] を選択します。

    注: (省略可能) ショートカット キーを割り当てる場合は、[ショートカット キー] ボックスの一覧でショートカットをクリックし、[OK] を選択します。

  5. [色分類項目] ダイアログ ボックスの [OK] をクリックします。

受信トレイを整理するために、メール メッセージに色分け類項目を割り当てることができます。いくつかの既定の色分け類項目を選択し、それらをわかりやすい名前を変更できます。メッセージに複数の色分け類項目を割り当てることし、いつでも分類項目に関連付けた色を変更することができます。その他の色分け類項目を作成することもできます。

メッセージに色分け類項目を割り当てる。

  • 受信トレイまたはメッセージの一覧に含まれるメッセージの場合   メッセージを右クリックし、[分類] をポイントして、色分類項目をクリックします。

    : 割り当てることはできません色分け類項目をメッセージに閲覧ウィンドウから、またはメッセージの一覧から Outlook 2016 での会話のビューを使っている場合。詳細については、会話の表示についての詳細情報を参照してください。

  • 開いているメッセージの場合    [タグ] で [分類] をクリックし、色分類項目をクリックします。

既定の色分類項目をアイテムに最初に割り当てると、色分類項目の名前を変更するかどうかを確認するメッセージが表示されます。この時点で、分類項目の色を変更し、キーボードのショートカットを選ぶこともできます。

その他のカテゴリを参照するか、リボンの [タグ] グループで、カテゴリを作成するには、 [分類項目] をクリックし、[色分け類項目] ダイアログ ボックスを開くには、すべての分類項目] をクリックします。色分け類項目を割り当てるには、色分け類項目の横にあるチェック ボックスを選択します。アイテムに複数のカテゴリを割り当てることも簡単にできます。

注記: 

  • 分類項目は IMAP アカウントのメッセージには使うことができません。

  • 最近使用した 10 個の色分類項目だけが、[分類] メニューに表示されます。他の色分類項目を表示するには、[分類] メニューの [すべてのカテゴリ] をクリックします。

  1. [ホーム] タブの [タグ] グループで [分類] をクリックし、[クイック クリックの設定] をクリックします。

  2. [クイック クリックの設定] ダイアログ ボックスの一覧で色分類項目を選択します。

ヒント:  メッセージを開いている場合は、[分類] メニューの [クイック クリックの設定] をクリックして、現在選択中のメッセージだけでなく、将来のすべてのメッセージに適用される既定の色分類項目を設定できます。

注:  クイック クリック分類項目を変更しても、以前にメッセージに適用された色分類項目は変更されません。

クイック クリック分類項目では、1 回のクリックでメッセージをカテゴリに分類することができます。クイック クリックを使用するためにカテゴリ、受信トレイ ビューは、[カテゴリ] 列を含める必要があります。自分のビューを変更する方法については、作成、変更、またはビューをカスタマイズするを参照してください。

  • 受信トレイで、メッセージの横にある [分類] 列をクリックします。 クイック クリック分類項目に設定された色が列に追加されます。 メッセージを開くと、色分類項目の色と名前が見出しに表示されます。

ヒント: クイック クリックして分類項目を割り当てることができます、連絡先、タスク、予定表などの他の Outlook アイテムに、予定表形式ビューまたは to do バーに表示されている場合は、同じようにします。

実行する操作を指定してください。

色で Outlook アイテムに視認性を与えるたとえば、Morris Project という名前の分類項目を作成し、それにアイテムを割り当てる場合、そのプロジェクトに関連付けられているすべての会議、連絡先、メッセージを追跡記録できます。

予定表の色分類項目
色分類項目は関連する Outlook アイテムをつなげ、識別を簡単にします。ここで、開いているアイテムのヘッダーと予定表に色分類項目を表示することで、両方のアイテムが Morris Project に属していることがわかります。

色分類項目は、受信トレイなど、テーブル ビューに目立つように表示されます。また、開いているアイテムの中でも表示されます。6 つの色分類項目からなる既定のセットは、カスタマイズできるように設計されています。自分にとってわかりやすい名前に変更したり、カテゴリに別の色を選択したりできます。この 6 つ以外に、必要なだけ色分類項目を作成できます。複数の色分類項目をアイテムに割り当てることもできます。このような柔軟性により、個人の仕事スタイルに合った色分類項目システムを設計できます。

受信トレイの色分類項目を表示する
色分類項目を使用することで、関連アイテムを簡単に見つけることができます。

Microsoft Outlookアイテムに既定の色分け類項目を割り当てるには、受信トレイまたはその他のテーブルのビューでは 1 回のみ] をクリックすることができるクイック クリック分類項目を選ぶこともできます。詳しくは、[クイック クリックして分類項目を割り当てるを確認しましょう。

分類したメール アイテムをさらに簡単に見つけられるようにするために、[分類されたメール] 検索フォルダーが ナビゲーション ウィンドウ の [検索フォルダー] に追加されました。このフォルダーには、分類されているメール アイテムがすべて表示されます。このフォルダー内では、分類されているアイテムを並べ替え、グループ化できます。特定のカテゴリのために追加の分類項目検索フォルダーを作成することもできます。

6 つの既定の色分類項目を使用し、カスタマイズすることができますが、場合によっては、アイテムを整理するために、新しい色分類項目を作成する必要があります。分類項目に適用できるプロパティは、色、名前、ショートカット キーです。

  1. ツールバーで、[分類 ボタン イメージ ] をクリックします。

  2. [すべての分類項目] をクリックします。

    色分類項目メニュー

  3. [新規作成] をクリックします。

    [新しい分類項目の追加] ダイアログ ボックスが開きます。

    [新しい分類項目の追加] ダイアログ ボックス

  4. [名前] ボックスに、新しい色分類項目の名前を入力します。

  5. [] リストで、色を選択し、[OK] をクリックします。

    注記: 

    • ショートカット キーの選択は任意です。

    • 色を割り当てずに色分類項目を作成する場合、カラー パレットで [なし] をクリックします。分類項目により、名前 (選択している場合はショートカット キーも) がアイテムに適用されます。分類項目に基づいてアイテムを並べ替え、グループ化できます。アイテムは、分類項目検索フォルダーにも表示されます。

Outlook アイテムに色分類項目を割り当てる

色分け類項目は、割り当てることができます前に、色の分類項目リストに追加する必要があります。色分け類項目が表示されない場合は、同時に行えます新しい色分け類項目を作成し、アイテムに割り当てます。

注: 既定の色分類項目をアイテムに最初に割り当てると、色分類項目の名前を変更するかどうかを確認するメッセージが表示されます。この時点で、分類項目の色を変更したり、名前を変更したり、キーボードのショートカットを選択したりできます。

テーブル ビューのアイテムに色分類項目を割り当てる

受信トレイまたは他の テーブル ビューのアイテムに色分類項目を割り当てる作業は、他の種類の Outlook アイテムの場合と同じです。

注: 連絡先のカード ビュー (名刺ビューなど) またはメモのアイコン ビューで色分類項目を割り当てる作業は、テーブル ビューで色分類項目を割り当てる場合と同じです。

  • 色分類項目を割り当てるには、次のいずれかの操作を行います。

    • アイテムを選択、分類 ボタン イメージ ツールバーをクリックし、[色分け類項目] をクリックします。

    • アイテムを右クリックし、ショートカット メニューの [分類 ボタン イメージ をポイントし、色分け類項目] をクリックします。

      [分類] メニューには、最近使用した色分類項目が 15 件表示されます。他の分類項目を表示するか、新しい分類項目を作成するには、[すべての分類項目] をクリックします。[色分類項目] ダイアログ ボックスから色分類項目を割り当てるには、色分類項目の隣にあるチェック ボックスを選択する必要があります。

      [色分類項目] ダイアログ ボックスでは、複数の分類項目をアイテムに割り当てることもできます。

      注記: 

      • タスクや履歴などにあるタイムライン ビューでは、上記のショートカット メニューを利用する方法でのみ、色分類項目をアイテムに割り当てることができます。

      • 履歴ビューの場合、既定では、ツール バーに [分類] ボタンが表示されません。このボタンを追加するには、[ツール] メニューで、[分類] をクリックします。[コマンド] タブの [分類項目] リストで、[アクション] をクリックします。[コマンド] リストで、[分類項目] をクリックし、それを表示するツール バーにドラッグします。

既定の色分類項目には、[分類項目 赤] や [分類項目 青] のような汎用名が付けられています。分類したアイテムを簡単に特定し、整理するために、色分類項目の名前を変更できます。自分にとってわかりやすい名前を付けてください。

注: アイテムに既に割り当てられている色分類項目を変更する場合、その分類項目が割り当てられているすべてのアイテムに新しい名前が適用されます。

  1. ツールバーで、[分類 ボタン イメージ ] をクリックします。

  2. [すべての分類項目] をクリックします。

    色分類項目メニュー

  3. [名前] リストで、色分類項目の名前をクリックし、[名前の変更] をクリックします。

  4. [名前] リストに、色分類項目の新しい名前を入力します。

    • メインの Microsoft Outlook ウィンドウで選択されているアイテムに名前を変更した色分類項目を自動的に割り当てるには、[名前] リストの色分類項目の隣にあるチェック ボックスを選択し、[OK] をクリックします。

    • 既存の色分類項目をアイテムに初めて割り当てると、色分類項目の名前を変更するように求められます。

  1. ツールバーで、 [分類項目 ボタン イメージ ] をクリックし、[クイック クリックしての設定] をクリックします。

  2. [クイック クリックの設定] ダイアログ ボックスの一覧で色分類項目を選択します。

別のクイック クリック分類項目に変更しても、アイテムに既に割り当てられている色分類項目が変更されることはありません。ただし、色分類項目の名前または色を変更した場合、その色分類項目が割り当てられているすべてのアイテムが更新され、新しい名前または色が適用されます。

開いているアイテムの [分類] メニューから現在のクイック クリック分類項目を設定することもできます。

受信トレイのようなテーブル ビューや To Do バーで表示するとき、ほとんどの Outlook アイテムにクイック クリック分類項目を割り当てることができます。

  • 受信トレイやその他のテーブル ビューで、メッセージの横にある [分類] 列をクリックします。クイック クリック分類項目に関連付けられている色が列に追加されます。アイテムを開くと、色分類項目の色と名前がアイテムの上部に表示されます。

    注記: 

    • クイック クリック分類項目は、[分類項目] 列をもう一度クリックするだけで削除できます。

    • クイック クリック分類項目を複数のアイテムに同時に割り当てることができます。すべてのアイテムを選択し、いずれかのアイテムの隣にある [分類項目] をクリックします。

キーボードのショートカット キーと色分類項目を関連付けると、電子メール メッセージなどのアイテムに色分類項目を簡単に割り当てることができるようになります。受信トレイまたは他のテーブル ビューでアイテムを選択し、ショートカット キーを押します。ショートカット キーを利用し、色分類項目を複数のアイテムに同時に割り当てることもできます。

  1. Microsoft Office Outlook 2007のメイン ウィンドウのツールバーで、 [分類項目 ボタン イメージ ] をクリックします。

  2. メニューの一番下で、[すべての分類項目] をクリックします。

  3. [名前] リストで、色分類項目のチェック ボックスを選択します。

  4. [ショートカット キー] ボックスの一覧で、キーボード ショートカットを選択します。

Office Outlook 2007内から 6 つの既定のカテゴリには、リストをリセットすることはできません。必要に応じて、これらの既定のカテゴリをカスタマイズするには、プレース ホルダーとして提供されます。

Outlook 内から 6 つの既定のカテゴリを復元することはできませんが、リストを再作成することができます。または、Windows の実行] ダイアログ ボックスで自動的に 6 つのカテゴリの既定のリストを復元するコマンド ライン スイッチを使用してコマンドを実行することができます。

Outlook のリストを再作成します。

色分け類項目の基本的なこの設定は、カスタマイズできる設計されています。カテゴリの名前を変更して、さまざまな色に関連付けることができます。これらの 6 つの色のカテゴリを超える新しい色分け類項目を作成するのには簡単です。6、Outlook 2007 で既定の色分け類項目を次に示します。

赤の分類

黄色のカテゴリ

青色のカテゴリ

[分類項目オレンジ

緑色のカテゴリ

紫色のカテゴリ

任意のカテゴリに適用できるプロパティは、色、名、およびショートカット キーです。アイテムに既に割り当てられている色分け類項目を変更すると、それらのアイテムに色分け類項目が更新されます。

注: 以前のバージョンのアイテムに適用されていたすべてのカテゴリと、既定の色分け類項目が表示Office Outlook 2007初めて、6、色分け類項目リストを開くことのインストール時に、別のバージョンの Outlook からアップグレードする場合Outlook します。

コマンド ライン スイッチを使用して、リストを復元します。

6 つの既定の分類の色、カテゴリ] 一覧で名前を復元するコマンド ライン スイッチがあります。コマンド ライン スイッチを使用する方法の詳細について説明します。

重要: このコマンド ライン スイッチを実行すると、作成したユーザー設定のカテゴリが削除されます。別のバージョンの Outlook からOffice Outlook 2007にアップグレードした場合は、任意のユーザー設定のカテゴリまたは分類項目マスターから分類項目が削除されます。アイテムをまだカテゴリ名がないの色を保持します。

最初に、outlook.exe、コンピューター上の場所を確認します。Office Outlook 2007のインストール時に既定のフォルダーの場所を承諾する場合は、c:\program \microsoft office\office12\outlook.exe に outlook.exe があります。

その場所で outlook.exe が見つからない場合は、ファイルを検索し、フルパスをメモします。

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • Windows Vista の場合   

      • ボタンの画像開始] をクリックして、すべてのプログラム] をポイントし、[アクセサリ]、[実行] をクリックします。

    • Microsoft Windows XP または Microsoft Windows Server 2003   

      • [スタート] をクリックし、[実行] をクリックします。

  2. [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスで、二重引用符、outlook.exe ファイルのフルパス、二重引用符を順番に入力します。または、[参照] をクリックしてファイルを参照し、選択します。その場合、二重引用符は自動的に付与されます。

  3. 終わりの引用符後に、スペースを入力し、スイッチ/cleancategoriesを入力します。たとえば、インストールの既定の場所を使用している場合は、入力したテキストは次のよいます。

    "c:\program \microsoft office\office12\outlook.exe"/cleancategorie s

  4. [OK] をクリックします。

    注: 

    • スイッチでは大文字小文字が区別されません。たとえば、 /CLEANCATEGORIESは機能/cleancategoriesと同じです。

    • スイッチの前に 1 つの空白を含めることにご注意ください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×