色、透明度を変更する、画像の色を変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

図の色の鮮やかさ (彩度) や色のトーン (温度) の調整、色の変更、またはいずれかの色の透過性を変更できます。図には複数の色の効果を適用できます。

元の図

元の図

同じ図の色の彩度を 66% に変更したもの

彩度を 66% にした画像

同じ図に水色の色変更効果を適用したもの

色が変更された図

彩度は色の鮮やかさのことです。彩度を高くすると図はより色鮮やかになり、彩度を低くすると色が灰色に近づきます。

  1. 図をクリックします。

    図の書式設定] ウィンドウが表示されます。

  2. [図の書式設定] ウィンドウで、 画像アイコン を] をクリックします。

  3. 図の色をクリックします。

    図の書式設定] ウィンドウで、色の彩度] 設定を調整します。

  4. [色の彩度、彩度] スライダーを必要に応じて、またはスライダーの横のボックスに数値を入力します。

色温度がカメラで正しく計測されない場合は、図 (画像) に色かぶり (図に 1 つの色が強く出ること) が発生し、図の青色やオレンジ色が強くなることがあります。色温度を増減してトーンを調整すると、図のディテールを強化して、図を見やすくすることができます。

  1. 図をクリックします。

    図の書式設定] ウィンドウが表示されます。

  2. [図の書式設定] ウィンドウで、 画像アイコン を] をクリックします。

  3. 図の色をクリックします。

    図の書式設定] ウィンドウで、色の彩度] 設定を調整します。

  4. 色温度が、[温度スライダーを必要に応じて、またはスライダーの横のボックスに数値を入力します。

グレースケールやセピアなどの組み込みの効果を、図に簡単に適用できます。

  1. 図をクリックします。

    図の書式設定] ウィンドウが表示されます。

  2. [図の書式設定] ウィンドウで、 画像アイコン を] をクリックします。

  3. 図の色をクリックします。

    図の書式設定] ウィンドウで、色の彩度] 設定を調整します。

  4. 色を変更する] の下には、使用可能なプリセットのいずれかをクリックします。

    元の図の色に戻す場合は、[リセット] をクリックします。

図の一部を透過にすると、図の上に重なって配置されているテキストを見やすくしたり、複数の図を互いに重ねて配置したり、図の一部を削除または非表示にして強調したりできます。図の透明な領域は、印刷する用紙と同じ色になります。Web ページなどの電子的な表示の場合、透明な領域は背景と同じ色になります。

  1. 図をクリックします。

    図の書式設定] ウィンドウが表示されます。

  2. [図の書式設定] ウィンドウで、 画像アイコン を] をクリックします。

  3. 画像の透明度を展開してをクリックします。

    図の書式設定] ウィンドウでの色の透明度を調整します。

  4. 目を狭く] のいずれかを適用する、透明度] スライダーを動かすか、スライダーの横のボックスに数値を入力します。

彩度は色の鮮やかさのことです。彩度を高くすると図はより色鮮やかになり、彩度を低くすると色が灰色に近づきます。

  1. 色の鮮やかさを変更する図をクリックし、[図の書式設定] タブをクリックします。

  2. [調整] で [色の変更] をクリックし、[色の彩度] で目的の彩度をクリックします。

    [図の書式設定] タブの [調整] グループ

  3. 色の鮮やかさを微調整するには、[色の変更] をクリックし、[図の色オプション] をクリックします。 [] で、[彩度] スライダーを移動するか、スライダーの横にあるボックスに数値を入力します。

色温度がカメラで正しく計測されない場合は、図 (画像) に色かぶり (図に 1 つの色が強く出ること) が発生し、図の青色やオレンジ色が強くなることがあります。色温度を増減してトーンを調整すると、図のディテールを強化して、図を見やすくすることができます。

  1. 色のトーンを変更する図をクリックし、[図の書式設定] タブをクリックします。

  2. [調整] で [色の変更] をクリックし、[色のトーン] で目的の色のトーンをクリックします。

    [図の書式設定] タブの [調整] グループ

  3. 色のトーンを微調整するには、[色の変更] をクリックし、[図の色オプション] をクリックします。 [] で、[温度] スライダーを移動するか、スライダーの横にあるボックスに数値を入力します。

グレースケールやセピアなどの組み込みの効果を、図に簡単に適用できます。

  1. 色を変更する図をクリックし、[図の書式設定] タブをクリックします。

  2. [調整] で [色の変更] をクリックし、[色の変更] で目的の色をクリックします。

    [図の書式設定] タブの [調整] グループ

図の一部を透過にすると、図の上に重なって配置されているテキストを見やすくしたり、複数の図を互いに重ねて配置したり、図の一部を削除または非表示にして強調したりできます。図の透明な領域は、印刷する用紙と同じ色になります。Web ページなどの電子的な表示の場合、透明な領域は背景と同じ色になります。

  1. 色の透過性を変更する図をクリックし、[図の書式設定] タブをクリックします。

  2. [調整] で [色の変更] をクリックし、[透明色を指定] をクリックしてから、図また画像内の透過にする色をクリックします。

    [図の書式設定] タブの [調整] グループ

    注: 図の中で透過にできるのは 1 色のみです。 単一色に見える領域 (青空など) は、実際は、さまざまな微妙な色のバリエーションで構成されている場合があります。 そのため、選んだ色が狭い領域でしか使われていないことがあります。 透過性の効果がわかりにくい場合があるのは、このためです。

関連トピック

スタイルまたは図の効果適用または変更
適用または削除するアート効果を図から
、明るさ、コントラスト、または画像のぼかしを変更する
図の背景を削除します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×