自然なジェスチャを使用して文書を編集する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注: この機能は、Office 365 サブスクリプションを購入しているユーザーのみが使用できます。Office 365 のサブスクリプションを使用している場合は、最新バージョンの Office をインストールしているかどうかを確認してください。Windows タッチ デバイスで Windows 10 TH2 または以上のオペレーティング システムを実行している Microsoft Surface などのデジタル ペンを使用するデバイスで使用可能になります。

指またはデジタル ペンでは、キーパッドの自由タッチ デバイスで作業しているときにできます。描画、書き込みと以外の強調表示インク エディターでは削除するのにはなどを選択する条件通過自然ジェスチャを使用できます。

インク エディターのアニメーション

注: この記事の画像からWord 2016、ですが、インク エディターもWord Mobileで利用できるようになりました。

自然なジェスチャで編集する

  1. リボンの [描画] タブを選択し、[インク エディター] を選択します。

    デジタル ペンを使用できるデバイスを所有しておらず、代わりにタッチ デバイスがある場合は、[タッチ描画]、[インク エディター] の順に選択します。

    インク エディター
  2. [ペン] グループからインク スタイルを選択します。

    [ペン] セクションが強調表示されている Word 2016 の [描画] タブを示しています。

    他のリンク オプションを表示するには、[ペン] グループの [その他] その他のアイコン のアイコンを選択します。そこでさまざまなインク スタイルを選択できます。特定のスタイルをお気に入りに追加すると、常に一番上に表示されます。

  3. 次のいずれかの操作を行って、自然なジェスチャで文書を編集します。

    丸で囲んでテキストを選択する   

    選択するテキストを丸で囲みます。複数の単語、文章、または段落を選択できます。テキストを選択すると、書式設定ツールバーが表示されます。書式設定ツールバーで、選択したテキストの文字の色、フォント、スタイル、強調表示をすぐに変更することができます。

    書式設定ツールバー

    取り消し線を引き、テキストを削除する   

    単語または語句文を削除するのには、ペンまたはタッチを使用してテキストの完全な線を引きます。セクション間で傾斜線、垂直線を描画または上/下の波線の文全体、セクション グループを削除できます。先頭と末尾の行の操作の間のテキストが削除されます。

    削除

    テキストを削除すると、インク オプション付きのドロップ ダウン メニューが画面に表示されます。テキストを削除しない場合は、[元に戻す] を選択します。ドキュメントから削除する場合は、[インク オプションの終了] を選択します。

    蛍光ペンを適用する   

    [ペン] グループから蛍光ペンを選択し、強調表示するテキストに蛍光ペンを引きます。強調表示を削除するには、もう一度テキストにペンを引きます。

注: インクの編集内容の記録を保持する場合は、[インク エディター] を使用して、ドキュメントの校閲を開始する前に、[校閲] タブの [変更履歴の記録] をシンプル変更履歴/コメントのモードで有効にします。

関連項目

Office で図形やテキストを手描き入力する

インク エディターについて、ご意見やご感想をお寄せください

インク エディターに追加してほしい新機能やご提案がある場合は、https://word.uservoice.com/forums/304924-word-for-windows-desktop-application までご意見をお寄せください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×