自動 Outlook から不在時の応答を送信します。

自動 Outlook から不在時の応答を送信します。

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

向け、Exchange server または Office 365 を使用している場合は簡単に、応答できないことがメッセージをすぐに知らせる、メールを送信してきた相手ができるようにするときに Outlook から自動 (不在時) の応答を送信します。Exchange または向け Office 365 を使用していない場合、は、[テンプレートと、ルールを使用して自動応答を設定することもできますが、プロセスがより複雑。

わからない場合は、アカウントの種類があるか

注: Outlook for Mac に関する情報を探している場合は、 Outlook for Mac の自動不在時の応答を送信するを参照してください。

自動応答を設定する 2 つの方法があります。Office のバージョンを使っているに関係なく、選択する方法は、使用している Outlook のメールアカウントの種類によって異なります。

Office 365 for business または Exchange server アカウントがある

取引先企業と Office 365 Home、Outlook.com、Hotmail、Gmail、yahoo! またはその他の POP または IMAP メール アカウントがある

でもかわからない場合は、自身のアカウントの種類をします。

一般法人向け Office 365 または Exchange サーバーのアカウントを持っている

自動応答機能は Office 365 for business または Exchange server アカウントがある場合にのみ使用できます。

外出中の自動応答を設定する
  1. [ファイル] の [自動応答] を選択します。

    自動応答

    注: 自動応答] が表示されない場合は、Exchange server アカウントを可能性がありますがないです。取引先企業と Office 365 Home、Outlook.com、Hotmail、Gmail、yahoo! またはその他の POP または IMAP メール アカウントがあることを参照してください。

  2. [自動応答] ボックスで、[自動応答を送信する] を選びます。

    ヒント: [次の期間のみ送信する] チェック ボックスをオンにし、不在時の応答を有効にする期間をスケジュールします。開始時刻と終了時刻の指定がない場合は、[自動応答を送信しない] チェック ボックスをオンにして自動応答の送信をオフにするまで、自動応答が送信され続けます。

  3. [自分の所属組織内] タブで、不在時にチーム メンバーまたは仕事仲間に送信する応答メッセージを入力します。

    自動応答を送信する

  4. オプションとして、組織の外部の人に自動応答を送信する場合は、[自分の所属組織外] タブで、[自分の所属組織外のユーザーに不在時の自動応答を送信する] チェック ボックスをオンにし、不在時に送信する応答メッセージを入力します。[個人用の連絡先のみ] に応答メッセージを送信するか、またはメッセージを送信してきた [自分の所属組織外のユーザー] に応答メッセージを送信するかを選びます。

    注:    自分の所属組織外のすべてのユーザーに自動応答を送信するようにすると、ニュースレター、広告、場合によっては迷惑メールなど、すべてのメールに自動応答が送信されます。組織外のユーザーに自動応答を送信する場合は、[個人用の連絡先のみ] を選択することをお勧めします。

    不在時

自動返信を無効にする
  1. [ファイル] の [自動応答] を選択します。

    自動応答

  2. [自動応答] ボックスで、[自動応答を送信しない] を選択します。

Office 365 Home、Outlook.com、Hotmail、Gmail、Yahoo! などの POP メール アカウントまたは IMAP メール アカウントを含むアカウントを持っている

Outlook の電子メール テンプレートと Outlook の仕分けルールを組み合わせることにより、一般法人向け Office 365 または Exchange Server アカウントでのみ利用できる自動応答機能と同等の機能をシミュレートすることができます。

重要: 自動的に返信するには、Outlook が実行され、新着メッセージを定期的に確認するように設定されている必要があります。

手順 1: メッセージのテンプレートを作成する
  1. [ホーム] の [新しい電子メール] をクリックします。

    [新しい電子メール] をクリックする

  2. メッセージの本文に、自動応答として送信するメッセージを入力します。

    不在時のメッセージ

  3. メッセージ ウィンドウで、[ファイル] の [名前を付けて保存] をクリックします。

  4. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、[ファイルの種類] ボックスの一覧の [Outlook テンプレート] をクリックします。

    テンプレートとして保存

  5. [ファイル名] ボックスにメッセージ テンプレートの名前を入力し、[保存] をクリックします。

手順 2: 新着電子メール メッセージに自動返信するためのルールを作成する
  1. [ホーム] の [ルール] で [仕分けルールと通知の管理] をクリックします。

    ルールと通知の管理

  2. [仕分けルールと通知] ダイアログ ボックスで [新しい仕分けルール] をクリックします。

    新しいルールの作成

  3. [新しい仕分けルールを作成する] で [受信メッセージにルールを適用する] をクリックし、[次へ] をクリックします。

    ルールの条件

  4. [条件を指定してください] で必要な条件を選択し、[次へ] をクリックします。通常は、項目をオンにする必要はありません。

    ルールの条件

  5. [メッセージに対する処理を選択してください] で [特定のテンプレートを使って返信する] をオンにします。

  6. [ステップ 2: 仕分けルールの説明を編集してください (下線部分をクリックします)] で [特定のテンプレート] をクリックします。

    特定のテンプレートを使用して返信する

  7. [返信用テンプレートの選択] ダイアログ ボックスで、[フォルダーの場所] ボックスの一覧の [ファイル システム内のユーザー テンプレート] をクリックします。

    テンプレートを選ぶ

  8. 前のセクションで作成したテンプレートか、作成またはダウンロードしてあるテンプレートを選択し、[開く]、[次へ] の順にクリックします。

  9. 自動応答ルールに対する例外がないか確認します。通常、例外は追加しませんので、[次へ] を選択します。

  10. [ステップ 1: 仕分けルールの名前を指定してください] に自動応答ルールの名前を入力し、[完了] をクリックします。

    ルールに名前を付ける

  11. 応答を自動的に送信するには Outlook が実行されている必要があることを通知するメッセージが表示されます。[OK] をクリックし、[OK] をもう一度クリックします。

自動仕分けウィザードの [特定のテンプレートを使って返信する] ルールでは、自動応答は 1 回のセッション中に各送信者宛に 1 回だけ送信されます。Outlook を起動してから終了するまでが 1 回のセッションとなります。このルールによって、1 人の送信者から複数のメッセージを受信した場合に、Outlook から繰り返し返信が送信されることを防止します。セッション中、応答を受信したユーザーが Outlook により追跡されます。終了して Outlook を再起動した場合、新しいセッションと見なされます。自動応答を受信した送信者の一覧がリセットされます。

ヒント: 自動応答の送信が不要になったときにこのルールを無効にするのを忘れないようにするため、Outlook のタスクまたは To Do のアラームを作成することを検討してください。

自動返信を無効にする
  1. [ホーム] の [ルール] で [仕分けルールと通知の管理] を選択します。

  2. [電子メールの仕分けルール] タブの [仕分けルール] で、無効にする仕分けルールの横にあるチェック ボックスをオフにします。

持っているメール アカウントの種類がわからない

一般法人向け Office 365 アカウントまたは Exchange アカウントがあるかどうかを確認する方法としては、[ファイル] メニューを選択してから、[自動応答] 機能が利用可能かどうかを確認するのが最も簡単です。利用可能である場合は、「一般法人向け Office 365 または Exchange Server のアカウントを持っている」を参照してください。利用可能でない場合は、「Office 365 Home、Outlook.com、Hotmail、Gmail、Yahoo! などの POP メール アカウントまたは IMAP メール アカウントを含むアカウントを持っている」を参照してください。

参照

コース:自動応答や Outlook で受信トレイのルールを設定します。

メッセージに署名を挿入する

ルールを使用してメッセージを管理します。

自動応答を設定するには、2 つの方法があります。Outlook で使っているメール アカウントの種類に応じた方法を選んでください。

Exchange Server アカウントがある

Outlook.com、Hotmail、Gmail、yahoo!、またはその他の POP3 または IMAP アカウントがある

でもかわからない場合は、自身のアカウントの種類をします。

Exchange Server アカウントがあります。

不在時のアシスタントを有効または無効にする
  1. [ツール] メニューの [不在時のアシスタント] をクリックします。

    [ツール] メニューの [不在時のアシスタント]

    注: Outlook のメイン ウィンドウで、[ツール] メニューが表示されます。メイン ウィンドウは、Outlook を起動するときに表示され、ファイル編集表示移動ツールアクション、およびヘルプメニューが含まれていますが、同じウィンドウ。作成または電子メール メッセージ、連絡先、タスクなどのアイテムを表示する場所を windows の [ツール] メニューはありません。

    [不在時のアシスタント] コマンドが表示されない場合は、メッセージに自動的に返信する方法は Outlook のすべてのユーザーは利用できません。Outlook.com、Hotmail、Gmail、yahoo!、またはその他の POP3 または IMAP アカウントがあるに移動します。

  2. [不在時の自動応答を送信する] をクリックします。

  3. 必要に応じて、[次の期間のみ送信する] チェック ボックスをオンにし、不在時の応答を有効にする期間をスケジュールします。開始時刻と終了時刻の指定がない場合は、[不在時の自動応答を送信しない] チェック ボックスをオンにするまで自動応答が送信され続けます。

  4. [自分の所属組織内] タブで、不在時に送信する応答メッセージを入力します。

    自分の所属組織外のユーザーに自動応答を送信するには、手順 4 と 5 に進みます。

  5. [自分の所属組織外] タブで、[自分の所属組織外のユーザーに不在時の自動応答を送信する] チェック ボックスをオンにし、不在時に送信する応答メッセージを入力します。

    組織は、通常、所属する会社として定義され、電子メール システムで Exchange Server アカウントを所有するユーザーが含まれます。

    [自分の所属組織外のユーザーに不在時の自動応答を送信する] チェック ボックスがオンになっている場合、[自分の所属組織外] タブのタブ名の横に "(オン)" と表示されます。

  6. [自分の所属組織外] タブで、[個人用の連絡先のみ] または [自分の所属組織外のユーザー] をクリックして、自動応答の送信先を指定します。

    注: この連絡先は使用する Exchange の連絡先フォルダーに存在している必要があります。連絡先が個人用フォルダー ファイル (.pst) 内のフォルダーにのみ存在している場合は、自動応答メッセージは送信されません。

Outlook.com、Hotmail、Gmail、yahoo!、またはその他の POP3 または IMAP アカウントがあります。

Outlook の仕分けルール、不在時の Office アシスタントの機能を再現するには、Exchange Server アカウントのユーザーにのみ使用可能な Outlook の電子メールのテンプレートを組み合わせることができます。この組み合わせを使用すると、受信メッセージに自動応答を送信するのにメール アカウントを使用することができます。

重要: 自動応答を送信するには、コンピュータの電源を入れ、Outlook を実行中の状態にしておく必要があります。

手順 1: メッセージ テンプレートを作成する
  1. [ファイル] メニューの [新規作成] をポイントし、[メッセージ] をクリックします。

  2. [オプション] タブの [形式] で [テキスト] をクリックします。

  3. メッセージの本文に、自動応答として送信するメッセージを入力します。

  4. メッセージ ウィンドウでは、 Office ボタンの画像Microsoft Office ボタンをクリックし、[名前を付けて保存] をクリックします。

  5. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、[ファイルの種類] ボックスの一覧の [Outlook テンプレート (*.oft)] をクリックします。

  6. [ファイル名] ボックスにメッセージ テンプレートの名前を入力し、[保存] をクリックします。

手順 2: 新着電子メール メッセージに自動返信するためのルールを作成する
  1. [ツール] メニューの [仕訳ルールと通知] をクリックします。

  2. [仕分けルールと通知] ダイアログ ボックスで、[新しい仕分けルール] をクリックします。

  3. [新しい仕分けルールを作成する] の [受信メール用に独自の仕分けルールを作成する] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  4. [条件を指定してください] で、[自分だけに送信された場合] チェック ボックスをオンにし、必要なその他の条件を選択し、[次へ] をクリックします。

  5. 受信するすべてのメッセージにこのルールが適用されることを示すダイアログ ボックスが表示されたら、[はい] をクリックします。

  6. [メッセージに対する処理を選択してください] で [特定のテンプレートを使って返信する] チェック ボックスをオンにします。

  7. [ステップ 2: 仕分けルールの説明を編集してください (下線部分をクリックします)] で [特定のテンプレート] をクリックします。

  8. [返信用テンプレートの選択] ダイアログ ボックスで、[フォルダーの場所] ボックスの一覧の [ファイル システム内のユーザー テンプレート] をクリックします。

  9. 前に作成したテンプレートを選択し、[開く] をクリックします。

  10. [次へ] をクリックします。

  11. 必要に応じて、自動応答ルールの例外のチェック ボックスをオンにします。

  12. [次へ] をクリックします。

  13. [ステップ 1: 仕分けルールの名前を指定してください] に自動応答ルールの名前を入力し、[完了] をクリックします。

ヒント: 自動応答を送信する必要がなくなったときにこのルールを無効にするのを忘れないように、Outlook の仕事または To Do のアラームを作成することを検討してください。

自動仕分けウィザードの [特定のテンプレートを使って返信する] 仕分けルールは、1 回のセッションで各送信者に 1 回だけ自動応答メッセージを送信します。このルールにより、1 人の送信者から複数のメッセージを受信した場合に、Outlook から繰り返し返信が送信されるのを防止できます。セッションが終了するまでの間、Outlook には自動応答を送信したユーザーの一覧が保持されます。ただし、Outlook を終了して再起動すると、自動応答を受信した送信者の一覧はリセットされます。

重要: 自動仕分けウィザードを使用して自動的に返信するには、Outlook が実行され、新着メッセージを定期的に確認するように設定されている必要があります。

自動返信を無効にする
  1. [ツール] メニューの [仕分けルールと通知] をクリックします。

  2. [電子メールの仕分けルール] タブの [仕分けルール] で、無効にする仕分けルールのチェック ボックスをオフにします。

持っているアカウントの種類がわからない

Exchange Server アカウントを使用しているかどうか確認する最も簡単な方法は、受信トレイ] フォルダーを開き、[ツール] メニューで、不在時のアシスタント] コマンドがあるかどうかを参照してによってにできます。メニューの下部にある展開ボタン ボタンの画像 を表示する場合は、すべての [ツール] メニュー コマンドが表示されるようクリックします。

[ツール] メニューの [不在時のアシスタント]

] コマンドがない場合、Exchange server アカウントを使用していない可能性のあると、不在時のアシスタントは使用できません。メッセージに自動的に返信する方法があります。POP3、IMAP、または Outlook.com アカウントを持っているに移動します。

注: Outlook のメイン ウィンドウで、[ツール] メニューが表示されます。Windows を作成または電子メール メッセージ、連絡先、タスクなどのアイテムを表示する位置で、[ツール] メニューは使用できません。

[不在時のアシスタント] コマンドは、[ツール] メニューは表示されませんが、Exchange Server アカウントを使用している場合は、お勧めアシスタントの Microsoft サポート担当者に問い合わせるにします。

参照

Outlook 2007 の予定表を使用してスライド ショー不在

Outlook for Mac の不在時の自動応答を送信します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

共有 Facebook Facebook Twitter Twitter メール メール

この情報は役に立ちましたか?

ありがとうございます。その他のフィードバックはありませんか?

改善内容をお聞かせください

ご意見をいただきありがとうございます。

×