自動的にブックのバックアップ コピーを保存する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

自動バックアップを使用すると、ブックを保存するたびにバックアップ コピーが自動的に保存されます。バックアップ コピーは、ブックの以前に保存されたバージョンのコピーです。したがって、元のブックには保存済みの最新の情報が保持され、バックアップ コピーには以前に保存されたすべての情報が保持されていることになります。ブックを保存するたびに、新しいバックアップ コピーによって既存のバックアップ コピーが置き換えられます。バックアップ コピーを保存しておくと、保持する必要のない変更を誤って保存した場合や、元のファイルを誤って削除した場合に、作業内容を保護することができます。

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、次に [Excel のオプション] をクリックします。

  2. [保存] カテゴリで、[ブックの保存] の [次の間隔で回復用データの自動保存を行う] チェック ボックスをオンにします。

  3. [分ごと] ボックスで数値を入力するか選択して、ファイルを保存する頻度 (間隔) を指定します。

    ヒント: ファイルを保存する頻度が高いほど、ファイルを開いているときに問題 (停電など) が発生した場合に回復できる情報量が多くなります。

注: 自動バックアップは、ファイルの定期的な保存に代わるものではありません。回復ファイルを開いても保存しなかった場合、そのファイルは削除され、保存されていない変更はすべて失われます。回復ファイルを保存すると、(新しいファイル名を指定しない限り) 元のファイルが回復ファイルで置き換えられます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×