自動的にアーカイブまたは Outlook for Mac のアイテムをバックアップします。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Time Machine は、Apple の OS X オペレーティング システムに含まれている、バックアップ用ソフトウェア アプリケーションです。使用するには、外付けハード ドライブなどの外部ストレージ システムが必要です。Time Machine を有効にすると、定期的にコンピューター上のファイルのコピーが自動的に作成されます。ファイルが失われるか破損した場合は、Time Machine を使ってバックアップを参照し、ファイルのコピーを復元することができます。

注: セットアップしていない時間機械まだバックアップ ファイルを作成する、か表示方法を使用する Time Machineバックアップし、復元の Mac に空港時間カプセルを Apple web サイトを確認します。

Outlook アイテムをバックアップするために Time Machine を有効にする

  1. Apple メニューから、[システム環境設定]、[Time Machine] の順にクリックします。

  2. [Time Machine] ダイアログ ボックスで、Time Machine を [] に切り替えて、[バックアップディスクを選択] をクリックします。

  3. ファイルのバックアップ先の場所を選んで、[ディスクを使用] をクリックします。

  4. 次に示すように戻るを自動的に時間のコンピューターが設定を確認します。

    これで、ファイルは毎日バックアップされます。

注: Time Machine バックアップを復元した後に初めて Outlook を開くと、復元されたアイテムを収容するために、Outlook によってデータベースが再構築されます。データベースのサイズが大きい場合は、データベースの再構築にしばらく時間がかかることがあります。

関連項目

アイテムを Outlook for Mac のアーカイブ ファイルにエクスポートする

Time machine Outlook アイテムを自動的にアーカイブを有効にします。

  1. [Dock] で [Time Machine] ボタンをクリックしてから、[Time Machine を設定] をクリックします。

  2. [Time Machine] ダイアログ ボックスで、[バックアップ ディスクを選択] をクリックします。

  3. ファイルをバックアップする場所を選び、[バックアップに使用] をクリックします。

    これで、ファイルは毎日バックアップされます。

    注: Time Machine バックアップを復元した後に初めて Outlook を開くと、復元されたアイテムを収容するために、Outlook によってデータベースが再構築されます。 データベースのサイズが非常に大きい場合は、データベースの再構築に長い時間がかかることがあります。

Outlook アイテムを自動的にアーカイブを停止します。

  1. アップル メニューの [システム環境設定] をクリックします。

  2. [Time Machine] をクリックし、[オプション] をクリックします。

  3. [追加] をクリックして、/ユーザ/ユーザー名/書類/Microsoft ユーザー データ/Office 2011 Identities/ フォルダーを選びます。

関連項目

Time Machine バックアップと Outlook について

Office データベースについて

Outlook アイテムをエクスポートまたは手動でアーカイブする

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×