自動応答 (不在時のアシスタント以前)

Outlook Web Appメールを送信してきた相手ができるようにするときにいつでもで自動応答を使用するには、ある応答できないことがメッセージを今すぐかがわかります。自動応答をオンにした後は、各送信者に対してに 1 回が送信されます。

デスクトップ バージョンのOutlookで自動応答を設定する方法については、 Outlook から不在時の応答自動送信を参照してください。

自動応答を設定する

有効にする] をオフにする、または自動応答を変更できます。

  1. Web ブラウザーで、組織のメールを管理する担当者から提供された URL を使用して、Outlook Web App にサインインします。ユーザー名とパスワードを入力し、[サインイン] をクリックします。

  2. 選択設定 設定アイコン >自動応答を設定します。

    または

    選択設定 設定アイコン >オプション>メールの整理>自動応答します。

自動応答を設定するには、次に示す情報を使います。

設定

説明

自動応答を送信しない

自動応答を無効にするには、このオプションを選びます。

自動応答を送信する

自動応答を有効にするには、このオプションを選びます。

次の期間に限り応答を返信する

このチェック ボックスを選択し、[開始時刻と終了時刻をコントロールに自動応答を送信するとします。期間を設定しない場合は、自動応答は無効にするまでに残ります。メールボックスにサインインするたびに、自動応答が入っていることを通知しています。

組織内の各送信者に対して、次の内容の応答メッセージが 1 回送信されます

組織内の送信者に対してのみ送信されるメッセージを作成するには、このテキスト ボックスを使用します。このオプションは使用できないことがあります。

組織外の送信者に自動応答メッセージを送信する

組織外の送信者に自動応答を送信する場合、このチェック ボックスをオンにします。

組織外のユーザーに自動応答を送信するためのチェック ボックスをオンにした場合、さらに 2 つのオプションを使用できるようになります。 次のいずれかのオプションを選択します。

  • 連絡先の一覧に登録されているユーザーにのみ返信する

    連絡先フォルダーに登録されている送信者のみに自動応答を送信する場合に選びます。連絡先フォルダーに登録されていない送信者には自動応答が送信されません。

  • 外部のすべての送信者に返信する

    組織外のすべての送信者に返信する場合に選びます。

組織外の各送信者に対して、次の内容の応答メッセージが 1 回送信されます

すべての外部の送信者に返信を選択した場合、テキスト ボックスに送信する応答メッセージを入力します。

ページの先頭へ

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×