自動プレゼンテーションを作成する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

自動プレゼンテーションを使用すると、トレード ショーや会議のブースやKioskで発表者がいなくてもプレゼンテーションを実行したり、自動プレゼンテーションを収録したビデオを顧客に送付したりすることができます。

Office 2016、2013、および 2010

PowerPoint プレゼンテーションが自動的に実行されるように設定する手順は次のとおりです。

  1. [スライド ショー] タブで、[スライド ショーの設定] をクリックします。

  2. [種類] で、次のいずれかのオプションを選びます。

    • スライド ショーの視聴者が自由にスライドを切り替えることができるようにする場合は、[発表者として使用する (フル スクリーン表示)] を選びます。

    • スライド ショーをウィンドウに表示して、視聴者がスライドを切り替えることができないようにする場合は、[出席者として参照する (ウィンドウ表示)] を選びます。

    • 視聴者が Esc キーを押すまでスライド ショーを繰り返すには、[自動プレゼンテーション (フル スクリーン表示)] を選びます。

      PowerPoint の自動プレゼンテーションを設定するダイアログ ボックス

種類として [発表者として使用する (フル スクリーン表示)] および [自動プレゼンテーション (フル スクリーン表示)] を選んだ場合、効果やスライドの切り替えのタイミングをリハーサルして記録することをお勧めします。

  1. [スライド ショー] タブの [リハーサル] をクリックします。

    注: [リハーサル] をクリックすると同時にプレゼンテーションのタイマーが作動します。

    [リハーサル] ツール バーが表示され、[スライド表示時間] ボックスでプレゼンテーションの時間の記録が開始されます。

    PowerPoint の [記録] ボックス
    [リハーサル] ツール バー

    1 次へ (次のスライドを表示)

    2 一時停止

    吹き出し 3 スライド表示時間

    吹き出し 4 繰り返し

    5 プレゼンテーションの所要時間

  2. プレゼンテーションの時間を記録しながら、[リハーサル] ツール バーで、次のうち必要な操作を行うことができます。

    • 次のスライドに進むには、[次へ] をクリックします。

    • 時間の記録を一時的に停止するには、[一時停止] をクリックします。

    • 一時停止の後に時間の記録を再開するには、[一時停止] をクリックします。

    • スライドが表示される時間の正確な長さを設定する場合は、[スライド表示時間] ボックスに時間の長さを入力します。

    • 現在のスライドの時間の記録を再び開始するには、[繰り返し] をクリックします。

  3. 最後のスライドのタイミングを設定すると、プレゼンテーションの所要時間を示すメッセージ ボックスが表示され、次のいずれかの操作を行うように求められます。

    • 記録されたスライド切り替えのタイミングを保持するには、[はい] をクリックします。

    • 記録されたスライド切り替えのタイミングを破棄するには、[いいえ] をクリックします。

      スライド一覧表示モードに切り替わり、プレゼンテーションの各スライドの時間が表示されます。

ナレーションを録音するには、コンピューターにサウンド カードとマイクが必要です。また、マイクが外付けの場合にはマイク コネクタも必要です。

  1. [スライド ショー] タブの [設定] で、[スライド ショーの記録] の矢印をクリックします。

    PowerPoint で [スライド ショーの記録] ボタンを表示する

  2. 次のいずれかを選びます。

    • [先頭から録音を開始]

    • [現在のスライドから録音を開始]

  3. [スライド ショーの記録] ダイアログ ボックスで、[ナレーションとレーザー ポインター] チェック ボックスをオンにし、必要に応じて [スライドとアニメーションのタイミング] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

  4. [記録の開始] をクリックします。

    ヒント: 

    • ナレーションを一時停止する場合は、[スライド ショー] ビューの [記録] ショートカット メニューで [一時停止] をクリックします。ナレーションを再開する場合は、[記録の再開] をクリックします。

    • ナレーションの録音を一時停止する

  5. スライド ショーの記録を終了するには、スライドを右クリックし、[スライド ショーの終了] をクリックします。

  6. 記録されたスライド ショーのタイミングは自動的に保存されます。また、スライド ショーはスライド一覧表示モードになり、各スライドの下にタイミングが表示されます。

プレゼンテーションを実行する前にナレーションを録音することができますか、プレゼンテーションの実行中にし、対象ユーザーのコメントを含めることができます。プレゼンテーション全体ナレーションがしない場合は、別の効果音] または [選択したスライドやオブジェクトにコメントを記録できます。詳細については、レコードをスライド ショーのナレーションとスライド切り替えのタイミングを参照してください。

Office 2007

自動プレゼンテーションを設計する場合は、プレゼンテーションを表示する環境に気を付けます。たとえば、ブースやキオスクが監視の届かない公共の場であるか、監視できる環境にあるかを考慮します。 環境に気を配ると、プレゼンテーションに追加する要素、観客が実行可能な操作のレベル、間違った使用を避けるための手順を決定するときに役立ちます。

自動プレゼンテーションの設計で考慮するオプションには、次のようなものがあります。

  • ハイパーリンク ボタンおよび動作設定ボタン    ハイパーリンクを使用すると、観客がプレゼンテーションを進めたり、他のプログラムに移動したりすることができます。 また、組み込みのナビゲーション ボタンである動作設定ボタンを使用することができます。動作設定ボタンを使用すると、プレゼンテーションが、ホーム、ヘルプ、戻る、次へなどのボタンがある Web ページのような慣れ親しんだ外観になります。

  • 音声ナレーション    プレゼンテーションで再生する、記録済みのナレーションを追加することができます。

  • 自動または手動切り替え   自動切り替えを使用して、プレゼンテーションが自動で実行されるように設定するか、動作設定ボタンをクリックして、観客がプレゼンテーションを自分のペースで進めることができるように設定することができます。 プレゼンテーションがキオスクで実行されるように設定すると、ハイパーリンク ボタンまたは動作設定ボタンのあるオブジェクトのみをクリックすることができます。

観客が自動プレゼンテーションを自由に進められるようにするには、ハイパーリンク ボタンまたは動作設定ボタンを追加してナビゲーションを可能にします。

  • ハイパーリンク   

    目的別スライド ショー、プレゼンテーション内の特定のスライド、別のプレゼンテーション、Microsoft Office Word 文書、Microsoft Office Excel ワークシート、インターネットまたはイントラネット上の場所、またはメール アドレスに移動する、ハイパーリンクを追加することができます。 テキスト、図形、表、グラフ、絵など、あらゆるオブジェクトからハイパーリンクを作成することができます。

    ハイパーリンクを追加する方法については、作成または編集するハイパーリンクを参照してください。

  • 動作設定ボタン   

    PowerPoint には、プレゼンテーションに追加してハイパーリンクを定義することができる、標準で用意されている動作設定ボタンが組み込まれています。 動作設定ボタンには、右矢印や左矢印などの図形も含まれます。 動作設定ボタンは、次のスライド、前のスライド、最初のスライド、最後のスライドに進む、一般に理解されている記号を含める場合に使用します。 PowerPoint には、動画や音声を再生する動作設定ボタンもあります。

自動プレゼンテーションにナレーションを追加すると、情報をより明確に伝えることができます。

ナレーションを録音するには、デスクトップ コンピューターでは、サウンド カード、マイク、およびマイク コネクタを必要があります。ラップトップ コンピューターには、マイクのみとマイク コネクタが必要です。プレゼンテーションを実行する前にナレーションを録音することができますか、プレゼンテーションの実行中にし、対象ユーザーのコメントを含めることができます。プレゼンテーション全体ナレーションがしない場合は、別の効果音] または [選択したスライドやオブジェクトにコメントを記録できます。

注: この手順の最初のステップを実行してすぐに、プレゼンテーションの時間計測を始める準備を行います。

  1. [スライド ショー] タブの [設定] で [リハーサル] をクリックします。

    [リハーサル] ツール バーが表示され、[スライド表示時間] ボックスでプレゼンテーションの時間の記録が開始されます。

    [リハーサル] ツール バー
    [リハーサル] ツール バー

    1 次へ (次のスライドを表示)

    2 一時停止

    吹き出し 3 スライド表示時間

    吹き出し 4 繰り返し

    5 プレゼンテーションの所要時間

  2. プレゼンテーションの時間を記録しながら、[リハーサル] ツール バーで、次のうち必要な操作を行います。

    • 次のスライドに進むには、[次へ] をクリックします。

    • 時間の記録を一時的に停止するには、[一時停止] をクリックします。

    • 一時停止の後に時間の記録を再開するには、[一時停止] をクリックします。

    • スライドが表示される時間の正確な長さを設定する場合は、[スライド表示時間] ボックスに時間の長さを入力します。

    • 現在のスライドの時間の記録を再び開始するには、[繰り返し] をクリックします。

  3. 最後のスライドのタイミングを設定すると、プレゼンテーションの所要時間を示すメッセージ ボックスが表示され、次のいずれかの操作を行うように求められます。

    • 記録されたスライド切り替えのタイミングを保持するには、[はい] をクリックします。

    • 記録されたスライド切り替えのタイミングを破棄するには、[いいえ] をクリックします。

      スライド一覧表示モードに切り替わり、プレゼンテーションの各スライドの時間が表示されます。

キオスクで実行するプレゼンテーションを設定して、画面上のどこかでマウスをクリックするとスライドが進むかどうかを操作することができます。 たとえば、プレゼンテーションを一定の速度で表示したい場合、自動タイミングを設定してから、プレゼンテーションをキオスクで実行するように設定します。 ユーザーが管理する操作を追加するには、ハイパーリンクやアクション ボタンなどのナビゲーションをスライドに追加することができます。

  1. [スライド ショー] タブの [設定] グループで、[スライド ショーの設定] をクリックします。

  2. [種類] で、[自動プレゼンテーション (フル スクリーン表示)] をクリックします。

重要: プレゼンテーションを実行するプレゼンテーションを設定する場合も自動切り替えのタイミングまたはナビゲーションのハイパーリンクを使用してください。それ以外の場合、自動実行プレゼンテーション、だけでなく、最初のスライドを切り替えできません。

関連項目

Office 2016

自動的に実行するのには、 PowerPointプレゼンテーションを設定するには、次の操作を行います。

  1. [スライド ショー] タブで、[スライド ショーの設定] をクリックします。

  2. [種類] で、次のいずれかのオプションを選びます。

    • スライド ショーをウィンドウに表示して、視聴者がスライドを切り替えることができるようにする場合は、[出席者として閲覧する (ウィンドウ表示)] を選びます。

    • 視聴者が Esc キーを押すまでスライド ショーを繰り返すには、[自動プレゼンテーション (フル スクリーン表示)] を選びます。

      注: このオプションを選択すると、[Esc キーが押されるまで繰り返す] チェック ボックスが自動的にオンになり、スライド ショーはループ実行されます。

    [種類] のオプション

スライド ショーをキオスクで自動的に実行する場合は、スライドが切り替わるタイミングと切り替えの方法を制御できます。これを行うには、プレゼンテーションのすべてのスライドに同じ切り替えを適用して、特定の時間間隔の後に自動的に切り替わるように設定できます。

  1. [画面切り替え] タブで、使用する切り替えをクリックします。

    [画面切り替え] タブのオプション

    他の切り替えを表示するには、切り替えをポイントし、 [その他] の下矢印 をクリックします。

  2. [画面切り替え] タブで次の操作を行います。

    • 各スライドの表示時間を設定するには、[] を選択し、必要な秒数を入力します。

    • スライド間の切り替えの継続時間を設定するには、[継続時間] ボックスに時間を入力します。

    • [すべてに適用] をクリックします。

    スライドの画面切り替え設定

Office 365サブスクライバーは、プレゼンテーションをムービー ファイルとしてエクスポートできます。詳細については、プレゼンテーションをムービー ファイルとして保存するを参照してください。

Office 2011

自動的に実行するのには、 PowerPointプレゼンテーションを設定するには、次の操作を行います。

  1. [スライド ショー ] タブの [スライド ショーの設定] をクリックします。

  2. [種類] で、次のいずれかのオプションを選びます。

    • スライド ショーをウィンドウに表示して、視聴者がスライドを切り替えることができるようにする場合は、[出席者として閲覧する (ウィンドウ表示)] を選びます。

    • 視聴者が Esc キーを押すまでスライド ショーを繰り返すには、[自動プレゼンテーション (フル スクリーン表示)] を選びます。

      注: このオプションを選択すると、[Esc キーが押されるまで繰り返す] チェック ボックスが自動的にオンになり、スライド ショーはループ実行されます。

    [種類] のオプション

スライド ショーをキオスクで自動的に実行する場合は、スライドが切り替わるタイミングと切り替えの方法を制御できます。これを行うには、プレゼンテーションのすべてのスライドに同じ切り替えを適用して、特定の時間間隔の後に自動的に切り替わるように設定できます。

  1. [画面切り替え] タブの [画面切り替えを次のような切り取り、フェード、ワイプ、または分割] をクリックします。

    他の画面切り替えを表示するには、画面切り替え] をポイントし、[画面切り替え] ギャラリーの下にある下向き矢印をクリックします。

  2. [画面切り替え] タブで次の操作を行います。

    • 各スライドの表示時間を設定するには、[] を選択し、必要な秒数を入力します。

    • スライド間の切り替えの継続時間を設定するには、[継続時間] ボックスに時間を入力します。

    • [適用対象] で [すべてのスライド] をクリックします。

Office 365サブスクライバーは、プレゼンテーションをムービー ファイルとしてエクスポートできます。詳細については、プレゼンテーションをムービー ファイルとして保存するを参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×