自動プレゼンテーションによりプレゼンテーションをムービーとして実行する

PowerPoint がインストールされていないコンピューターでプレゼンテーションを実行する場合、プレゼンテーションをムービー (.mov) ファイルとして保存し、QuickTime ムービーに対応している任意のアプリケーションでムービーを再生できます。

ムービーでは、一部のtransition の再生方法が、プレゼンテーションの場合とは異なります。animation effect は、ムービーでは再生されません。

ここでは、プレゼンテーションを、自動プレゼンテーションにより BGM と共に中断なく再生されるムービーに変換する方法を示します。

ステップ 1: 画面切り替えを設定する

自動プレゼンテーションによってプレゼンテーションがムービーとして実行されるために、継続して自動的に次のスライドに進むようにする必要があります。そのために、プレゼンテーションのすべてのスライドに同じ切り替えを適用し、一定の時間が経つとスライドを自動で進めるように設定できます。この例では、10 秒間隔で自動的にスライドを切り替える画面切り替えを適用します。

  1. ムービーとして保存するプレゼンテーションを開きます。

  2. 画面切り替え タブの画面切り替え で、ディゾルブ など、使用する画面切り替えをクリックします。

    [切り替え効果] タブ、[このスライドへの切り替え] グループ

    切り替えの詳細については、切り替えをポイントして、 [その他] の下矢印 をクリックします。

  3. 画面切り替えのタイミング継続時間 チェック ボックスをオンにし、秒 ボックスに「10」と入力します。

    [切り替え] タブ、[画面切り替えのタイミング] グループ

  4. 設定対象 で、すべてのスライド をクリックします。

    [画面切り替え] タブ、[適用の対象] グループ

ステップ 2: プレゼンテーションをムービーとして保存する

プレゼンテーションをムービーとして保存するとき、BGM を追加し、終了後に自動的にムービーを再開するように設定できます。

  1. ファイル メニューの ムービーとして保存 をクリックします。

  2. ムービー オプション をクリックし、 ムービー オプションバックグラウンド サウンド ポップアップ メニューで、サウンドの選択 をクリックします。

    注: コンピューターで再生するオーディオ ファイルを選択できない場合は、選択対象 ポップアップ メニューの すべてのファイル をクリックします。

  3. 目的のサウンドを探してダブルクリックします。

  4. マルチ メディア設定ムービーの繰り返し チェック ボックスをオンにし、OK をクリックします。

  5. 名前 ボックスに「製品デモ」と入力します。

  6. 保存 をクリックします。

ステップ 3: ムービーを実行する

  • QuickTime Player で、"製品デモ" ムービーを開き、再生 をクリックします。

関連項目

プレゼンテーションをムービー ファイルとして保存する

画面切り替えを追加、編集、または削除する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×