自動プレゼンテーションによりプレゼンテーションをムービーとして実行する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

PowerPoint がインストールされていないコンピューターでプレゼンテーションを実行するには、ビデオ (.mov) ファイルとしてプレゼンテーションを保存できます。QuickTime ムービーをサポートしているすべてのアプリケーションで、[ビデオを再生できます。

いくつかの切り替えは、ムービーではプレゼンテーションとは異なる方法で再生されます。アニメーション効果はムービーではまったく再生されません。

次の手順を背景音楽を再生ないムービーにプレゼンテーションを変換する方法を説明する自動再生します。

手順 1: スライドの画面切り替えを設定します。

プレゼンテーションに実行されるので、ムービーなど自動再生する、次のスライドに切り替えを継続的無人します。これを行うには、プレゼンテーション内のすべてのスライドに同じ画面切り替えを適用し、一定の期間の後に切り替え、スライドが自動的に画面切り替えを設定できます。この例では、10 秒後に、各スライドを自動的に進める画面切り替えを適用します。

  1. ムービーとして保存するプレゼンテーションを開きます。

  2. [画面切り替え] タブで、このスライドに切り替え、をクリックする画面切り替え、ディゾルブ、たとえばします。

    [切り替え効果] タブ、[このスライドへの切り替え] グループ

    他の切り替えを表示するには、切り替えをポイントし、 [その他] の下矢印 をクリックします。

  3. [スライドの切り替え] の [] チェック ボックスを選択し、[秒数] ボックスで、[ 10.00 」と入力します。

    [切り替え] タブ、[画面切り替えのタイミング] グループ

  4. [適用対象] で [すべてのスライド] をクリックします。

    [画面切り替え] タブ、[適用の対象] グループ

手順 2: プレゼンテーションをビデオとして保存します。

プレゼンテーションをムービーとして保存するときに、バック グラウンドの音楽を追加して、ビデオを設定すると、最後になったときに自動的に再起動します。

  1. [ファイル] メニューの [ムービーとして保存] をクリックします。

  2. [ムービーの設定] をクリックし、[バックグラウンド サウンド] ポップアップ メニューの [メディアの設定] で [サウンドの選択] をクリックします。

    注: コンピューターで再生するオーディオ ファイルを選択できない場合、[有効化] ポップアップ メニューで [すべてのファイル] をクリックします。

  3. 目的のサウンドトラックを探して、ダブルクリックします。

  4. [メディアの設定] で、[ムービーの繰り返し] チェック ボックスを選択し、[し、[ OK] をクリックします。

  5. 名前を付けて保存] ボックスで、 Product_Demoを入力します。

  6. [保存] をクリックします。

手順 3: ムービーを実行します。

  • QuickTime プレーヤーで Product_Demo ムービーを開くし、再生] をクリックします。

関連項目

プレゼンテーションをムービー ファイルとして保存する

画面切り替えを追加、編集、または削除する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×