自動サイズ設定を使用するかサイズと向きを選択してページ設定を変更する

自動サイズ設定では、作業中に必要に応じて図形描画ページを拡張できるため、印刷された 1 ページを超える大きさの図を作成できます。

自動サイズ設定では、ページを拡張してもプリンターの用紙サイズは変更されず、印刷時のページ区切りの場所がページ区切り線で示されます。ただし、[表示] タブの [表示] で [ページ区切り線] チェック ボックスをオンにしている必要があります。

図が複数のページで構成される場合、これらの各ページのプリンターの用紙サイズと向きを他のページとは別に指定できます。自動サイズ設定がオンになっている場合、図のページ ビューはプリンターの用紙サイズおよび向きと一致します。

目的に合ったトピックをクリックしてください

自動サイズ設定がオンになっているときにプリンターの用紙サイズを変更する

自動サイズ設定がオンになっているときに印刷の向きを縦または横に変更する

[ページ設定] ダイアログ ボックスを開く

ページの端をドラッグして図面ページのサイズを変更する

ページ内の図形がすべて収まるように図面ページのサイズを自動的に変更する

自動サイズ設定がオンになっているときにプリンターの用紙サイズを変更する

  1. [デザイン] タブの [ページ設定] で [サイズ] をクリックします。

  2. 使用するプリンターの用紙サイズをクリックします。

図面の現在のページ上で、ページ区切り線で示される用紙サイズの枠線 ("印刷面" と呼ばれます) が、プリンターの用紙サイズに合わせて変更されます。

ページの先頭へ

自動サイズ設定がオンになっているときに印刷の向きを縦または横に変更する

  1. [デザイン] タブの [ページ設定] で [印刷の向き] をクリックします。

  2. [] または [] をクリックします。

印刷面の向き (ページ区切り線で示されます) は、現在のページに対して設定されます。

ページの先頭へ

ページの詳細設定

図面のページ サイズとプリンターの用紙サイズは、[ページ設定] ダイアログ ボックスを使って別々に設定できます。

ページの先頭へ

[ページ設定] ダイアログ ボックスを開く

  • [デザイン] タブの [ページ設定] で [ページ設定] ダイアログ ボックス起動ツールをクリックします。

[プリンターの設定] タブと [ページ サイズ] タブのコントロールを使用して、プリンターの用紙サイズと図形描画ページ ビューを個別に変更します。

各タブの縮小版プレビューで、図形描画ページ ビューとプリンターの用紙設定を比較できます。

ページの先頭へ

ページの端をドラッグして図面ページのサイズを変更する

  1. [オブジェクト選択ツール] をクリックします。

  2. ポインターをページの端に移動して、Ctrl キーを押します。

    ポインターが両方向矢印または回転ポインターに変わります。

  3. ページの端を目的の位置までドラッグします。

ページの角をドラッグすると、ページ サイズを縦横両方向に調整できます。ページを回転するには、ページの角の少し外側にポインターを置き、ポインターが回転ポインターに変わったら、クリックしてページをドラッグします。

自動サイズ設定がオンになっている場合は、ページの端をドラッグするとオフになります。

ページの先頭へ

ページ内の図形がすべて収まるように図面ページのサイズを自動的に変更する

  1. [デザイン] タブの [ページ設定] で [サイズ] をクリックします。

  2. [図面に合わせる] をクリックします。

図面ページのサイズは、図面の周囲にページの余白を加えたサイズに合わせて変更されます。ページの余白を設定するには、先ほど説明した方法で [ページ設定] ダイアログ ボックスを開き、[プリンターの設定] タブの [設定] をクリックします。余白の設定以外の調整も行うことができます。

自動サイズ設定がオンになっている場合は、[図面に合わせる] をクリックするとオフになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×