自分のタスクを表示する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

仕事は Microsoft Office Outlook 2007 の 3 つの場所、つまり [To Do バー]、[仕事]、および予定表の [日毎の仕事リスト] に表示されます。Windows SharePoint Services 3.0 の仕事リストを購読している場合は、このリストに含まれる自分に依頼されたすべての仕事も、上記 3 つのすべての場所に表示されます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

タスクにタスクを表示します。

To do バーにタスクを表示します。

予定表に、日毎のタスク リストでタスクを表示します。

自分の仕事を [仕事] に表示する

  • ナビゲーション ウィンドウで [仕事] をクリックします。

    ヒント: 仕事リストの表示方法は、ナビゲーション ウィンドウの [現在のビュー] の設定で変更できます。

ページの先頭へ

自分の仕事を [To Do バー] に表示する

[To Do バー] は既定で、Outlook のすべてのビューに表示されます。[To Do バー] は、オンまたはオフに切り替えることができます。また、[To Do バー] を最小化して、画面上に小さく表示することもできます。

To Do バー

[To Do バー] のオンとオフを切り替えるか、特定のビューで表示を最小化した場合、そのビューだけに設定が適用されます。たとえば、[To Do バー] をメールでオフにした場合、メールにいるときは (次回のプログラム起動時も含め) 常にオフになりますが、予定表、メモ、仕事など、その他のビューではオンのままです。

  • [表示] の [To Do バー] をポイントし、[標準]、[最小化]、[オフ] のいずれかをクリックします。

ページの先頭へ

自分の仕事を予定表の [日毎の仕事リスト] に表示する

[日毎の仕事リスト] は、Outlook 予定表の [日] および [週] のビューにだけ表示されます。[日毎の仕事リスト] のオンとオフを切り替えるには、[予定表] で [表示] の [日毎の仕事リスト] をポイントし、[標準] または [オフ] をクリックします。

現在の数だけを表示するタスク、予定表] でビュー] をクリックして、日毎のタスク リスト] をポイントし、[最小化] をクリックして、または、代わりに、ポインターの形が サイズ ハンドル アイコン は、日毎のタスク リストの上端をクリックして上または下へドラッグします。

毎日のタスク リスト

ヒント: [日毎のタスク リスト] で新しいタスクを作成するには、[標準] の [日毎のタスク リスト] 設定を使用する必要があります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×