脚注のフォント、フォント サイズ、書式設定を変更する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

このビデオでは、脚注のフォント、フォント サイズ、上付き番号、文字間隔を変更する方法をご紹介します。

脚注のフォント、フォント サイズ、書式を変更する

脚注のフォント、フォント サイズ、書式を変更するには:

  1. [ホーム] タブをクリックし、[スタイル] グループの矢印をクリックして詳しいオプションを表示します。または、Alt キー、Ctrl キー、Shift キーを押しながら S キーを押します。

  2. [スタイル] ウィンドウの下部の [スタイルの管理] をクリックします。

  3. [並べ替え順序] で [アルファベット順] を選びます。

  4. 次のいずれかの操作を行います。
    • 脚注番号の書式を変更するには、[脚注参照] スタイルを選びます。
    • ページ下部の脚注テキストの書式を変更するには [脚注テキスト] スタイルを選びます。

  5. [変更] をクリックし、書式設定オプション (フォント、サイズなど) を変更します。より多くの書式設定オプションを表示するには、左下の [書式] をクリックします。

さらに詳しく

脚注を文末脚注に、文末脚注を脚注に変換する

脚注を挿入しましたが、脚注番号のサイズが気に入らないこともあります。

たとえば、ここに上付き番号の 3 があります。

ここで、この脚注番号のサイズを大きくしたいとか、上付き書式を使いたくないとか、

ページ下のテキストの見た目をちょっと変えたいとか、

フォントや文字間隔を変更したいと思うかもしれません。

この場合、Word のスタイルを使います。

以前使ったことがある人はもちろん、使ったことがない人でも簡単です。[ホーム] タブのここです。

見出しスタイルはここにあります。

Word では、スタイルを使って脚注番号の表示やメモ領域の脚注テキストを変更します。

この変更には、バックグラウンドのスタイルを使います。

バックグラウンドのスタイルを設定するには、この小さな矢印をクリックし、

下に移動してスタイルの管理ボタンをクリックします。

次に、脚注の参照形式を探します。

[アルファベット順] で並べ変え、[脚注参照] を探します。ここにありました。

このスタイルを変更したいので、[変更] をクリックしてフォントを変更します。

ちなみに、ここでは上付き書式の設定をオフにすることもできますが、

今回はこのままにします。

ただし、上付き番号のサイズを大きくしたいので、

希望のサイズを選んで [OK] を続けて 2 回クリックします。

最後にもう一度 [OK] ボタンをクリックして完了です。これで上付き番号のサイズが大きくなり、

少し読みやすくなりました。

次に、脚注テキストを変更するにはどうすればよいのでしょう。どうやってスタイルを変更するのでしょうか。

ここでもスタイルの管理ボタンを使います。

このダイアログ ボックスでは既に脚注テキストが指定されているので、

ちょうどよかったです。

あちこち探す必要はありません。

次に、前と同様に [変更]、[書式]、[フォント] の順にクリックし、

好きなフォントに変更します。

ここでは Courier New を選び、斜体を指定します。サイズはこのままとします。

[OK] をクリックし、次に段落スペースを変更します。「1.5 行」を指定して、ぶら下げインデントも追加します。

ぶら下げインデントとは、この説明文の 2 行目を 1 行目に揃えることです。

つまり、この A を F の下に移動し、M を E の下に移動します。

[OK] をクリックすると、変更が反映されました。

これで脚注テキストが Courier に変更され、段落スペースとぶら下げインデントが適切に設定されました。

ここまでで、番号とテキストを含めた脚注の変更方法についてご説明しました。

脚注と文末脚注について詳しくは、コースのまとめをご覧ください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×