翻訳管理ライブラリを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

翻訳管理ライブラリは、Microsoft Office SharePoint Server 2007 サイトで使用できるドキュメント ライブラリ テンプレートであり、翻訳ドキュメントを作成、格納、および管理するためのものです。

この記事の内容

概要

翻訳管理ライブラリを作成します。

翻訳管理ライブラリにドキュメントをアップロードします。

概要

翻訳管理ライブラリでは、作成、保存、およびビューと手動のドキュメントの翻訳プロセスを容易に特定の機能を提供することで、翻訳済みドキュメントを管理するに企業を支援します。翻訳管理ライブラリは、ドキュメントとその翻訳を格納するために設計されています。ライブラリでは、元の文書 (文書の元のバージョン) とその翻訳の関係を追跡し、[すべて見つけやすいようにするには、このドキュメントのグループ化します。さらに、ライブラリは、手動でのドキュメントの翻訳プロセスを管理するために設計されている特別な翻訳管理ワークフローを構成できます。翻訳管理ワークフローの操作方法の詳細については、翻訳管理ワークフローを使用するを参照してください。

ライブラリは、この他にもドキュメント翻訳を格納および管理するためのさまざまな機能を備えています。

  • ライブラリに保存またはアップロードされるすべてのドキュメントには必須の言語プロパティ フィールドがあり、すべてのドキュメントを言語で識別できます。

  • 既定のライブラリ ビュー内の列には、ドキュメントの言語、翻訳の状態、原版ドキュメントのバージョン、および翻訳ワークフローの状態に関する情報が表示されます。

  • ユーザーがドキュメントをライブラリにアップロードするときに、ドキュメントがライブラリ内の既存のドキュメントの翻訳かどうかを指定することによって、翻訳ドキュメントとその原版ドキュメント間の関係を作成できます。

ページの先頭へ

翻訳管理ライブラリを作成する

翻訳管理ライブラリの作成と、作成した翻訳管理ライブラリに対する翻訳管理ワークフローの追加は、一度に行うことができます。サイトに対して翻訳管理ライブラリを作成するには、リストの管理権限が必要です。

翻訳管理ライブラリを作成する

  1. サイド リンク バーの [すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックし、[作成] をクリックします。

  2. [ライブラリ] の [翻訳管理ライブラリ] をクリックします。

    1. [名前] ボックスに、ライブラリの名前を入力します。ライブラリの名前は省略できません。

      この名前はライブラリ ページの上部に表示され、ライブラリ ページのアドレスの一部として使用されるほか、ユーザーがライブラリを簡単に探して開くことができるように、ナビゲーション要素にも表示されます。

    1. [説明] ボックスに、ライブラリの用途に関する説明を入力します。この説明は省略できます。

      説明は、ライブラリ ページ上部の、ライブラリの名前の下に表示されます。ライブラリのコンテンツを電子メールで受信できるようにする場合は、ユーザーがライブラリを見つけやすいように、説明欄にライブラリの電子メール アドレスを記入しておくことをお勧めします。

  3. このライブラリへのリンクをサイド リンク バーに追加するには、[ナビゲーション] セクションで [はい] が選択されていることを確認します。

  4. ファイルをライブラリにチェックインするたびにバージョンを作成するには、[ドキュメントのバージョン履歴 ] で [はい] をクリックします。

    メジャー バージョンとマイナー バージョンを両方とも格納するかどうか、およびトラッキングするバージョンの数をいくつにするかについては後で選択できます。

  5. [ドキュメントのテンプレート] セクションの一覧で、ライブラリに作成されるファイルのテンプレートとして使用する既定のファイルの種類をクリックします。

  6. [翻訳管理ワークフロー] セクションで [はい] をクリックして、ライブラリに翻訳管理ワークフローを追加します。

  7. [次へ] をクリックして、翻訳管理ワークフローの構成を行います。

翻訳管理ワークフローの構成

  1. [ワークフローの追加] ページの [名前] セクションに、既定値の [翻訳管理] から変更する場合は、このワークフローの一意の名前を入力します。

  2. [タスク リスト] セクションで、このワークフローで使用するタスク リストを指定します。

    注記: 

    • 既定のタスク リストを使用することも、タスク リストを新規作成することもできます。既定のタスク リストを使用した場合、ワークフローの参加者は、タスク リストの [自分のタスク] ビューを使って各自のワークフロー タスクを簡単に探して閲覧できます。

    • このワークフローのタスクに、汎用的なタスク リストとは区別して管理する必要のある機密データが含まれる場合は、新しいタスク リストを作成します。

    • 組織内に多数のワークフローが存在する場合や、ワークフローに多数のタスクが存在する場合は、新しいタスク リストを作成します。この場合は、各ワークフローについてタスク リストを作成するのが一般的です。

  3. [履歴リスト] セクションで、このワークフローで使用する履歴リストを選択します。履歴リストには、ワークフローの各インスタンスで生じたすべてのイベントが表示されます。

    注: 履歴リストは、既定の履歴リストを使用することも、新規に作成することもできます。たとえば、ワークフローが数多く存在する組織では、各ワークフローについて別個に履歴リストを作成できます。

  4. [開始オプション] セクションで、ワークフローをいつ、だれが、どのように開始するのかを指定します。

    注記: 

    • 選択したワークフロー テンプレートによっては、一部のオプションを使用できない場合があります。

    • [アイテムのメジャー バージョンの発行を承認するために、このワークフローを開始する] は、ライブラリでメジャー バージョン管理とマイナー バージョン管理が有効になっており、かつ、選択したワークフロー テンプレートを使ってコンテンツの承認ができる場合にのみ使用できます。

  5. [次へ] をクリックします。

  6. [言語と翻訳者のリスト] セクションで、次のいずれかの操作を行います。

    • 既存の翻訳者リストを使って翻訳タスクを割り当てる場合は、[サイトに保存されている言語と翻訳者のリストを使用する] をクリックして、使用するリストを選択します。

      注: このオプションは、サイトに翻訳者のリストが既に存在する場合のみ使用できます。

    • ワークフローのインスタンスで使用する言語と翻訳者のリストを新規作成するには、[このワークフロー用に言語と翻訳者のリストを新規作成する] をクリックし、[リスト名] ボックスにリストの一意の名前を入力します。次に、ワークフローのカスタマイズが終了したら新しい翻訳者リストに名前の追加を開始する場合は、[新しい翻訳者リストを別のウィンドウで開きます。] チェック ボックスをオンにします。

  7. [期限] セクションに、自動的に開始するワークフローについてワークフロー タスクの完了が求められる日数の範囲を指定します。

    注: 期限を設定するためのオプションは、ライブラリ内のドキュメントが作成または変更されたときにワークフローを自動的に開始するように選択した場合にしか使用できません。

  8. すべてのタスクが完了したとき、または翻訳対象の原版ドキュメントが変更されたときに、常にワークフローを完了するように設定する場合は、[ワークフローの完了] セクションの [原版ドキュメントが変更されたとき] チェック ボックスをオンにします。

    このチェック ボックスをオフにした場合、すべての翻訳タスクが完了した時点でワークフローが完了します。

  9. [OK] をクリックします。

  10. このワークフロー用の翻訳者リストを新規作成するように選択した場合で、かつ、リストを新しいウィンドウで開くように選択した場合は、別のウィンドウが開き、続けてリストに名前を追加できます。

ページの先頭へ

翻訳管理ライブラリにドキュメントをアップロードする

翻訳管理ライブラリにドキュメントをアップロードする場合は、該当のドキュメントの言語および翻訳状態に関する情報を指定する必要があります。翻訳管理ライブラリにアップロードするドキュメントは、ドキュメントの必須プロパティを指定するまで、チェックアウトされたままです。

  1. ドキュメントをアップロードする翻訳管理ライブラリを開きます。

  2. [アップロード] メニューの [ドキュメントのアップロード] をクリックします。

  3. [ドキュメントのアップロード] セクションの [参照] をクリックして、目的のドキュメントを見つけます。次に、[開く] をクリックします。

  4. [OK] をクリックします。

  5. ドキュメントのプロパティ ページで、[名前] ボックスと [タイトル] ボックスに、ドキュメントの名前とタイトルを入力します。

  6. アップロードするドキュメントが、ライブラリ内の原版ドキュメントの完全な翻訳の場合は、[原版ドキュメントのバージョン] ボックスに原版ドキュメントのバージョン番号を入力します。ワークフローを使用して翻訳を管理する場合は、この情報は自動的に設定されます。

    たとえば、ドキュメントが原版ドキュメントの最初のバージョンの翻訳の場合は、「1.0」と入力します。アップロードするドキュメントが翻訳でない場合は、空白のままにします。

  7. [翻訳の状態] セクションで、ドキュメントに適用する値を選択します。アップロードするドキュメントが、翻訳の元となる原版ドキュメントの場合は空白のままにします。ワークフローを使用して翻訳を管理する場合は、この情報は自動的に設定されます。

  8. [言語] セクションで、ドキュメントに適用する言語プロパティを選択するか、または、[値を指定してください] をクリックして、目的の言語を入力します。

  9. アップロードするドキュメントが、ライブラリ内の既存のドキュメントの翻訳の場合は、[はい] をクリックし、ドキュメントの原版ドキュメントを選択します。

    アップロードするドキュメントが、ライブラリ内の既存のドキュメントの翻訳でない場合は、[いいえ] をクリックします。

    注: このオプションは、ライブラリに複数のドキュメントが含まれる場合のみ使用できます。

  10. [チェックイン] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×