翻訳管理ライブラリで Word 2007 文書の言語を設定します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

注: この記事は既に役割を終えており、間もなく提供終了となります。Microsoft では、「ページが見つかりません」の問題を避けるために既知のリンクを削除しています。このページへのリンクを作成された場合は、同様に、この問題を避けるためにリンクを削除してください。

重要: 翻訳管理ライブラリと Office Word 2007 との統合機能は Microsoft Office Professional Plus 2007、Microsoft Office Enterprise 2007、Microsoft Office Ultimate 2007、スタンドアロン バージョンの Office Word 2007 でのみ使用できます。

注: 複数の言語で Office 2007 の使用に関する一般的な情報は、言語を追加するか Office の言語設定を設定してスペル チェックと文章校正で別の言語を参照してください。

翻訳管理ライブラリは Microsoft Office SharePoint Server 2007 サイトに用意されており、Microsoft Office Word 2007 文書とその翻訳を保存するため専用に設計されています。 このライブラリは原文言語 (文書の元のバージョン) とその翻訳との間の関係を追跡し、そうした文書すべてをグループ化して見つけやすくします。

Office Word 2007 内で文書を初めて翻訳管理ライブラリに保存する場合、ドキュメント情報パネルの [言語] プロパティに必要な値を入力するよう求められます。 ドキュメント情報パネルは Office Word 2007 内に表示され、文書のメタデータのフィールドが示されます。 このパネルを使うことで、Office Word 2007 を離れることなく、ファイルに関する重要なメタデータをいつでも入力できます。

[言語] プロパティに入力した値は、翻訳管理ワークフローにおいてタスクを [翻訳者] リストの適切な翻訳者に割り当てるために使われます。 重要なポイントとして、[言語] プロパティが翻訳管理ワークフローでのみ使用されるメタデータであること、[言語] プロパティは使用されるスペル チェッカーや辞書を決定する文書そのものの基本プロパティとは異なることに注意してください。 言語設定の詳細については、「参照」セクションのリンクを参照してください。

現在の文書の言語を設定する

文書を翻訳管理ライブラリに初めて保存する場合、[言語] プロパティに値を入力するよう求められます。 ドキュメント情報パネルを使うと、Office Word 2007 内で文書のプロパティをいつでも設定できます。

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックします。

  2. [配布準備] をポイントし、[プロパティ] をクリックします。

  3. 必要に応じて [ドキュメント情報パネル] で [翻訳ドキュメントのプロパティ - サーバー] をクリックします。

    [ドキュメント情報パネル] のオプション

  4. [言語] リストで、その文書で使用する言語をクリックします。

    注: [言語] プロパティに入力した値は、翻訳管理ワークフローにおいてタスクを [翻訳者] リストの適切な翻訳者に割り当てるために使われます。 この [言語] プロパティは、翻訳管理ライブラリとワークフローでのみ使用されます。使用するスペル チェッカーや辞書を決定する文書そのものの基本プロパティとは異なります。 言語設定の詳細については、「参照」セクションのリンクを参照してください。

  5. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックします。

  6. [名前を付けて保存] をクリックします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×