署名欄を追加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

空白に下線を追加することによって署名欄を作成できます。最適な作成方法は、文書を印刷するか、オンラインで配布するかによって異なります。

文書に署名欄を追加したり、手書き署名のグラフィックを追加したり、定型句文書パーツとして署名ブロックを保存したりすることができます。

デジタル署名を追加する方法の詳細については、追加または削除する Office ファイルでデジタル署名を参照してください。

印刷する文書用の空白の下線を追加するには、TAB キーを押すと、タブ文字に下線の書式を適用します。

タブ文字に下線の書式を適用します。

  1. [ホーム] タブの [段落] で [編集記号の表示/非表示] をクリックします。

    [ホーム] タブの [表示/非表示]

    空白とタブ位置を示す記号が表示されます。

  2. Tab キーを押します。

  3. 下線を追加するタブ文字を選択します。タブ文字は、次の図のように小さな矢印のように見えます。

    Tab

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • 単純な下線の書式を適用するには、Ctrl キーを押しながら U キーを押します。

    • 別のスタイルの下線を適用するには、[ホーム] タブの [フォント] で [フォント] ダイアログ ボックス起動ツールをクリックし、[フォント] タブをクリックします。次に、[下線] の一覧でスタイルを選択します。

オンライン文書またはフォームで下線を作成するには、表のセルを挿入して下罫線を表示します。この方法では、線の上に文字を入力しても線は元の位置に固定されています。

下線のみを作成することも、下線の前に "署名" や "日付" などの説明を追加して下線を作成することもできます。

行を作成します。

  1. 空白の下線を挿入する位置をクリックします。

  2. [挿入] タブの [テーブル] グループで、[テーブル] をクリックします。

    [挿入] タブの [表] コマンド

  3. 左上のボックスをクリックし、1 x 1 の表を挿入します。

    線の長さを変更するには、ポインタを表の端に移動し、ポインタの形が サイズ変更ポインター (両方向矢印) (サイズ変更ポインタ) に変わったら、矢印を右または左に移動して線を長くしたり、短くしたりします。

  4. 表をマウスの右ボタンでクリックし、[線種とページ罫線と網かけの設定] をクリックし、[罫線] タブをクリックします。

  5. [設定] の [なし] をクリックします。

  6. [スタイル] で、目的の線の種類、色、および幅をクリックします。

  7. [プレビュー] の下の図で、下余白のマーカーの間をクリックして下罫線を追加します。下罫線だけが表示されていることを確認します。

  8. [設定対象] の [] をクリックし、[OK] をクリックします。

注: 印刷されない明るい灰色のグリッド線を使用せずに表を表示する場合は、[レイアウト] タブの [] で、[グリッド線の表示] をクリックします。

概要を説明したテキストが含まれる行を作成します。

  1. 空白の下線を挿入する位置をクリックします。

  2. [挿入] タブの [テーブル] グループで、[テーブル] をクリックします。

    [挿入] タブの [表] コマンド

  3. 左上のボックスをクリックし、2 x 1 の表を挿入します。

    線の長さを変更するには、ポインタを表の端に移動し、ポインタの形が サイズ変更ポインター (両方向矢印) (サイズ変更ポインタ) に変わったら、矢印を右または左に移動して線を長くしたり、短くしたりします。

  4. 表をマウスの右ボタンでクリックし、[線種とページ罫線と網かけの設定] をクリックし、[罫線] タブをクリックします。

  5. [設定] の [なし] をクリックします。

  6. [設定対象] の [] をクリックし、[OK] をクリックします。

  7. 下線を追加するセルをマウスの右ボタンでクリックし、もう一度 [線種とページ罫線と網かけの設定] をクリックし、[罫線] タブをクリックします。

  8. [スタイル] で、目的の線の種類、色、および幅をクリックします。

  9. [プレビュー] の下の図で、下余白のマーカーの間をクリックして下罫線を追加します。下罫線だけが表示されていることを確認します。

  10. [設定対象] の [セル] をクリックします。

  11. 線が表示されていないセルに、説明の文字列を入力します。

注: 印刷されない明るい灰色のグリッド線を使用せずに表を表示する場合は、[レイアウト] タブの [] で、[グリッド線の表示] をクリックします。

Access アプリの基本タスク

まず、署名の画像を作成する必要があります。紙に署名し、そのページをスキャンします。次に、スキャナーが作成する画像ファイルをトリミングし、.bmp、.gif、.jpg、.png などの共通画像ファイル形式で保存します。

重要: 市販されているスキャナ、デジタル カメラなどのデバイスにはさまざまな種類があり、マイクロソフトでは、これらのデバイスの使用方法に関する情報を提供できません。詳細については、製造元のマニュアルまたは Web サイトを参照してください。

イメージ ファイルがある場合は後、は、[挿入] タブをクリックすると、図をクリックし、署名の画像を挿入する、文書に追加することができます。ただし、画像の下にある、入力した名前などの他の情報を追加することがあります。そのため、署名と、入力した情報の両方の画像を含むを再利用可能な定型句エントリを作成できます。詳細については、クイック パーツを使用して Word に定型句を参照してください。

定型句文書パーツ ギャラリーですぐに利用できるように、署名ブロックを定型句として保存できます。

  1. 保存する署名ブロックを入力するか、署名の画像を挿入して含める追加情報を入力します。

  2. 署名ブロックを選択します。

  3. [挿入] タブの [テキスト] で、[クイック パーツ] をクリックし、[選択範囲をクイック パーツ ギャラリーに保存] をクリックします。

  4. [新しい文書パーツの作成] ダイアログ ボックスに署名ブロックの名前を入力します。

  5. [ギャラリー] ボックスの一覧の [定型句] をクリックします。

  6. [OK] をクリックします。

署名ブロックを挿入するには、[挿入] タブをクリックし、[クイック パーツ] をクリックします。次に、[定型句] をクリックし、署名欄をクリックします。

Access アプリの基本タスク

Shift キーを押しながら - (ハイフン) キーを押すことによって空白に下線を追加することができますが、入力フォームを作成するような場合には、下線を揃えるのが困難です。また、アンダースコア文字を罫線に変換するオートフォーマット オプションを有効にしている場合、Shift キーを押しながら - (ハイフン) キーを 3 回以上続けて押すと、線は段落の幅に合わせて延長されますが、これが適切ではない場合もあります。

印刷する文書用に空白に下線を追加するには、Tab キーを使用してタブ文字に下線の書式を適用する方法をお勧めします。

  1. [ホーム] タブの [段落] で [編集記号の表示/非表示] をクリックします。

    Word のリボンのイメージ

    空白とタブ位置を示す記号が表示されます。

  2. Tab キーを押します。

  3. 下線を追加するタブ文字を選択します。タブ文字は、次の図のように小さな矢印のように見えます。

    Tab

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • 単純な下線の書式を適用するには、Ctrl キーを押しながら U キーを押します。

    • 別のスタイルの下線を適用するには、[ホーム] タブの [フォント] で [フォント] ダイアログ ボックス起動ツールをクリックし、[フォント] タブをクリックします。次に、[下線] の一覧でスタイルを選択します。

Access アプリの基本タスク

オンライン文書またはフォームで下線を作成するには、表のセルを挿入して下罫線を表示します。この方法では、線の上に文字を入力しても線は元の位置に固定されています。

下線のみを作成することも、下線の前に "署名" や "日付" などの説明を追加して下線を作成することもできます。

行を作成します。

  1. 空白の下線を挿入する位置をクリックします。

  2. [挿入] タブの [] で、[] をクリックします。

    Word のリボンの画像

  3. 左上のボックスをクリックし、1 x 1 の表を挿入します。

    線の長さを変更するには、ポインタを表の端に移動し、ポインタの形が サイズ変更ポインター (両方向矢印) (サイズ変更ポインタ) に変わったら、矢印を右または左に移動して線を長くしたり、短くしたりします。

  4. 表をマウスの右ボタンでクリックし、[線種とページ罫線と網かけの設定] をクリックし、[罫線] タブをクリックします。

  5. [設定] の [なし] をクリックします。

  6. [スタイル] で、目的の線の種類、色、および幅をクリックします。

  7. [プレビュー] の下の図で、下余白のマーカーの間をクリックして下罫線を追加します。下罫線だけが表示されていることを確認します。

  8. [設定対象] の [] をクリックし、[OK] をクリックします。

注: 印刷されない明るい灰色のグリッド線を使用せずに表を表示する場合は、[レイアウト] タブの [] で、[グリッド線の表示] をクリックします。

概要を説明したテキストが含まれる行を作成します。

  1. 空白の下線を挿入する位置をクリックします。

  2. [挿入] タブの [] で、[] をクリックします。

    Word のリボンの画像

  3. 左上のボックスをクリックし、2 x 1 の表を挿入します。

    線の長さを変更するには、ポインタを表の端に移動し、ポインタの形が サイズ変更ポインター (両方向矢印) (サイズ変更ポインタ) に変わったら、矢印を右または左に移動して線を長くしたり、短くしたりします。

  4. 表をマウスの右ボタンでクリックし、[線種とページ罫線と網かけの設定] をクリックし、[罫線] タブをクリックします。

  5. [設定] の [なし] をクリックします。

  6. [設定対象] の [] をクリックし、[OK] をクリックします。

  7. 下線を追加するセルをマウスの右ボタンでクリックし、もう一度 [線種とページ罫線と網かけの設定] をクリックし、[罫線] タブをクリックします。

  8. [スタイル] で、目的の線の種類、色、および幅をクリックします。

  9. [プレビュー] の下の図で、下余白のマーカーの間をクリックして下罫線を追加します。下罫線だけが表示されていることを確認します。

  10. [設定対象] の [セル] をクリックします。

  11. 線が表示されていないセルに、説明の文字列を入力します。

注: 印刷されない明るい灰色のグリッド線を使用せずに表を表示する場合は、[レイアウト] タブの [] で、[グリッド線の表示] をクリックします。

Access アプリの基本タスク

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×