署名の収集ワークフローを使用する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

署名の収集ワークフローは、リストまたはライブラリに保存される Microsoft Office ドキュメントを各担当者に回覧し、デジタル署名を収集するプロセスです。署名の収集ワークフローは、Microsoft Office 署名欄を少なくとも 1 つ含む Microsoft Office Word 2007 文書または Microsoft Office Excel 2007 ドキュメントでのみ使用できます。既定では、署名の収集ワークフローがドキュメント コンテンツ タイプに関連付けられ、特に何もしなくても、Microsoft Office 署名欄を含む文書またはブックのドキュメント ライブラリから使用できます。

この記事の内容

署名の収集ワークフローのしくみ

追加またはライブラリのコンテンツ タイプの署名の収集ワークフローを変更します。

ドキュメントまたはブックの署名の収集ワークフローを開始します。

署名の収集ワークフロー タスクを実行します。

署名の収集ワークフローの実際

署名の収集ワークフローは、ドキュメントを一連の担当者に送信して署名を収集するビジネス プロセスを支援します。署名プロセスに関して人によって行われる作業がすべて管理および追跡され、完了した後も、その記録が残るため、デジタル署名のためのビジネス プロセスをより効率化することができます。

署名の収集ワークフローは、署名タスクの実行対象となる 2007 Microsoft Office system のクライアント プログラムから開始しなければならないという点で、Microsoft Office SharePoint Server 2007 にあらかじめ定義されている他のワークフローとは異なります。参加者も同様に、署名の収集ワークフローの署名タスクをクライアント プログラムから実行する必要があります。

署名の収集ワークフローを使用するを使用する特定の署名の収集ワークフローを利用できる SharePoint ライブラリに文書またはブックを保存する必要があります最初します。署名の収集ワークフローを開始するには、1 つまたは複数の署名を収集するOffice Word 2007ドキュメントまたはOffice Excel 2007ブックを開きます。文書またはブックが既に含まれていない場合、Microsoft Office 署名欄が必要なこれらを挿入または署名の収集ワークフローを使用可能にすることはできません。クライアント プログラム内からワークフローを開始するには、 Microsoft Office ボタンをクリックして、ワークフローをクリックし、[署名の収集ワークフローを使用する] を選びます。ドキュメントに署名が必要なユーザーの名前を指定するワークフローの開始フォームを入力します。フォームには、文書またはブック内で指定した署名候補者の名前が自動的に表示されます。同時に署名を表示する順序でまたはすべての署名者の署名タスクを割り当てることができます。

ワークフローが開始されると、サーバーによって、すべての参加者に署名タスクが割り当てられます。さらに、サーバーで電子メール通知が有効になっている場合、すべての参加者に対し、各自の署名タスクについての電子メール通知が送信されます。参加者はこの電子メール タスク通知に表示される [このタスクの編集] をクリックして、署名対象の文書またはブックを開き、各自の署名タスクを実行することになります。

署名の収集ワークフローの進行中、ワークフローの所有者または参加者は、[ワークフローの状態] ページで、どの参加者が各自のワークフロー タスクを完了したかを確認できます。ワークフローの参加者が、それぞれに割り当てられたワークフロー タスクを済ませると、ワークフローが完了し、ワークフロー所有者には、署名の収集ワークフローの完了を伝える電子メール メッセージが送信されます。この電子メール メッセージには、ドキュメントに署名した担当者全員の名前が、当初、署名候補者として示されていたユーザーの名前と共に記載されます。

ページの先頭へ

ライブラリまたはコンテンツ タイプに対する署名の収集ワークフローを追加または変更する

署名の収集ワークフローを使用するためには、そのワークフローをあらかじめライブラリまたはコンテンツ タイプに追加し、特定の場所のドキュメントまたはアイテムに対して利用できる状態にしておく必要があります。署名の収集ワークフローは主にライブラリでの使用が想定されており、Office Word 2007 または Office Excel 2007 で開くことのできるドキュメントでしか開始できません。ワークフローをライブラリまたはコンテンツ タイプに追加するには、リストの管理権限が必要です。一般に、この作業はサイト管理者が行うか、特定のリストまたはライブラリの管理担当者が実行します。

サイト内でこのワークフローを使用できるかどうかは、ワークフローをどこに追加したかによって異なります。

  • ワークフローをライブラリに直接追加した場合、そのライブラリ内のドキュメントに対してのみ使用できます。

  • ワークフローをリスト コンテンツ タイプ (特定のライブラリに追加されたサイト コンテンツ タイプのインスタンス) に追加した場合、そのコンテンツ タイプが関連付けられている特定のライブラリの、該当するコンテンツ タイプのアイテムに対してのみ使用できます。

  • ワークフローをサイト コンテンツ タイプに追加した場合、そのサイト コンテンツ タイプのインスタンスが追加されたすべてのリストおよびライブラリのアイテムのうち、該当するコンテンツ タイプのすべてのアイテムに対して使用できます。特定のコンテンツ タイプのアイテムに対し、サイト コレクション内のあらゆるライブラリで幅広くワークフローを使用できるようにしたい場合は、ワークフローを直接サイト コンテンツ タイプに追加するのが最も効果的な方法です。

ライブラリまたはコンテンツ タイプに対する署名の収集ワークフローを追加または変更する

署名の収集ワークフローをライブラリまたはコンテンツ タイプに追加する場合も、既にライブラリまたはコンテンツ タイプに関連付けられている署名の収集ワークフローを変更する場合も、手順は同じです。

  1. ワークフローの追加先となるライブラリまたはコンテンツ タイプの [ワークフローの追加] ページまたは [ワークフローの変更] ページに移動するには、次のいずれかの操作を行います。

    • ライブラリの場合

      1. ワークフローの追加対象または変更対象となるライブラリを開きます。

        1. [設定] メニューの [ 設定メニュー で開こうとしているライブラリの種類の設定] をクリックします。

          たとえば、ドキュメント ライブラリの場合は、[このドキュメント ライブラリの設定] をクリックします。

      2. ["権限と管理"] の [ワークフロー設定] をクリックします。

    • リスト コンテンツ タイプの場合 :

      1. ワークフローの追加対象または変更対象となるリスト コンテンツ タイプのインスタンスが存在するライブラリを開きます。

        1. [設定] メニューの [ 設定メニュー で開こうとしているライブラリの種類の設定] をクリックします。

          たとえば、ドキュメント ライブラリで、[ドキュメント ライブラリ設定の変更] をクリックします。

      2. [コンテンツ タイプ] で、コンテンツ タイプの名前をクリックします。

        注: ライブラリが複数のコンテンツ タイプを使用するように設定されていない場合は、ライブラリの [ユーザー設定] ページに [コンテンツ タイプ] セクションが表示されません。

      3. [設定] の [ワークフロー設定] をクリックします。

    • サイト コンテンツ タイプの場合 :

      1. サイトの操作] メニューの [ ボタン イメージ で、[サイト コレクションのホーム ページでサイトの設定] をポイントし、[すべてのサイト設定の変更] をクリックします。

      2. [ギャラリー] の [サイト コンテンツ タイプ] をクリックします。

      3. ワークフローの追加対象または変更対象となるサイト コンテンツ タイプの名前をクリックし、[ワークフロー設定] をクリックします。

        このライブラリまたはコンテンツ タイプに既にワークフローが追加されていた場合、この手順を実行すると、[ワークフローの設定変更] ページが表示されるので、そこで、[ワークフローの追加] をクリックして [ワークフローの追加] ページに移動する必要があります。このライブラリまたはコンテンツ タイプにまだワークフローが追加されていなかった場合、この手順を実行すると、[ワークフローの追加] ページが表示されます。

  2. [ワークフローの設定変更] ページで [ワークフローの追加] をクリックするか、設定を変更するワークフローの名前をクリックします。

  3. 次のいずれかを実行します。

    • ワークフローを追加する場合は、[ワークフローの追加] ページの [ワークフロー] セクションで、[署名の収集] ワークフロー テンプレートをクリックします。

    • ワークフローの設定を変更する場合は、[ワークフローの変更] ページで、対象の設定を次の手順に従って変更します。

  4. [名前] セクションに、ワークフローの一意の名前を入力します。

    1. [タスク リスト] セクションで、このワークフローと併せて使用するタスク リストを指定します。

      • 既定の [タスク] リストを使用する以外に、新しいタスク リストを作成することもできます。既定の [タスク] リストを使用する場合、ワークフローの参加者は、[タスク] リストの [マイ タスク] ビューを使用してワークフロー タスクを簡単に検索および表示できます。

      • このワークフローのタスクによって一般的な [タスク] リストとは分けておく必要のある機密データが漏えいする場合は、新しいタスク リストを作成する必要があります。

      • ワークフローが多数である場合や、ワークフローに伴うタスクが多数である場合は、新しいタスク リストを作成する必要があります。その場合は、ワークフローごとにタスク リストを作成します。

  5. [履歴リスト] セクションで、このワークフローで使用する履歴リストを選択します。履歴リストには、ワークフローの各インスタンスで生じたすべてのイベントが表示されます。

    履歴リストは、既定の履歴リストを使用することも、新規に作成することもできます。たとえば、ワークフローが数多く存在する組織では、各ワークフローについて別個に履歴リストを作成できます。

  6. [開始オプション] セクションで、ワークフローを開始する方法、タイミング、またはユーザーを指定します。

    注記: 

    • オプションによっては、選択したワークフロー テンプレートでサポートされていないと使用できない場合があります。

    • [アイテムのメジャー バージョンの発行を承認するために、このワークフローを開始する] は、ライブラリでメジャーおよびマイナーのバージョン管理がサポートされており、選択したワークフロー テンプレートをコンテンツの承認で使用できる場合のみ有効です。

  7. ワークフローをサイト コンテンツ タイプに追加する場合は、[リストおよびサイト コンテンツ タイプの更新] セクションで、目的のコンテンツ タイプを継承するすべてのコンテンツ タイプにこのワークフローを追加するかどうかを指定します。

    注: [リストおよびサイト コンテンツ タイプの更新] セクションは、サイト コンテンツ タイプの [ワークフローの追加] ページにのみ表示されます。

  8. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

文書またはブックに対する署名の収集ワークフローを開始する

署名の収集ワークフローを開始するには、このワークフローを使用できる SharePoint ライブラリに対し、署名の収集対象となる文書またはブックを保存しておく必要があります。ワークフローを開始するには、少なくともアイテムの編集権限が必要です。ワークフローによっては、さらにリストの管理権限がないと、ドキュメントまたはアイテムに対するワークフローを開始できない場合があります。

注: ワークフローの開始後に、その参加者が、各自のワークフロー タスクに関する電子メール通知やアラームを受け取ることができるようにする場合は、サーバーの管理者に連絡し、電子メール通知がサイトで有効になっているかを確認してください。

  1. まだライブラリが開いていない場合は、サイド リンク バーでその名前をクリックします。

    目的のライブラリの名前が表示されない場合は、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックして、ライブラリの名前をクリックします。

  2. ドキュメントまたは署名の収集ワークフローの開始を表示される矢印をクリックして、[プログラム名で編集] をクリックするブックをポイントします。

  3. 文書またはブックに、デジタル署名を収集するための署名欄をまだ挿入していない場合は、ここで挿入します。

    方法

    1. Office Word 2007 文書または Office Excel 2007 ドキュメントを開き、署名欄を追加する位置にポインタを置きます。

    2. [挿入] タブの [テキスト] で [署名欄] の隣の矢印をクリックし、[Microsoft Office 署名欄] をクリックします。

    3. [署名の設定] ダイアログ ボックスで、この署名欄に署名する人の情報を入力します。この情報は、ドキュメントの署名欄のすぐ下に表示されます。次の操作を行います。

      • [署名候補者] ボックスに署名者の名前を入力します。

      • [署名候補者の役職] ボックスに署名者の組織での役職 (該当する場合) を入力します。

      • [署名候補者の電子メール アドレス] ボックスに、署名者の電子メール アドレス (該当する場合) を入力します。

    4. 署名者への説明を追加する場合は、[署名候補者に対する説明] ボックスにその説明を入力します。この説明は、署名者がドキュメントに署名するときに使用する [署名] ダイアログ ボックスに表示されます。

    5. 署名者が署名と共にコメントを追加できるようにする場合は、[署名者が [署名] ダイアログでコメントを追加できるようにする] チェック ボックスをオンにします。

    6. 署名欄に署名が追加された日付を表示する場合は、[署名欄に署名日を表示する] チェック ボックスをオンにします。

    7. [OK] をクリックします。

    8. 署名欄をさらに追加する場合は、手順 1 ~ 7 を繰り返します。

  4. 新しい署名欄を追加する場合は、Microsoft Office ボタンをクリックし、[保存] をクリックして変更内容を保存します。

  5. 場合は、ドキュメントをチェック アウト、ワークフローを開始する前に、ドキュメントもチェックインする必要があります。ドキュメントをチェックインするには、 Microsoft Office ボタンをクリックし、[サーバー] をポイントし、[チェックイン] をクリックします。

  6. ワークフローを開始するには、 Microsoft Office ボタンをクリックし、[ワークフロー] をクリックします。

  7. [ワークフロー] ダイアログ ボックスで、使用する [署名の収集] ワークフローを探し、[開始] をクリックします。

  8. ワークフローの名前] ダイアログ ボックスで、該当する署名者の行のドキュメントに署名する人の名前を入力またはディレクトリ サービスからユーザーを選択する署名者] をクリックします。

  9. 文書内で署名欄が表示される順序で署名タスクを割り当てる場合は、すべて同時にではなく、上の順序で署名を要求する] チェック ボックスを選択します。

    注: このオプションは、ドキュメントに複数の Microsoft Office 署名欄が存在する場合にのみ使用できます。

  10. 参加者が (タスクの割り当て時とは別に) ワークフローの開始時に通知を受け取ることができるようにするには、[CC] に該当する参加者の名前を入力するか、[CC] をクリックしてディレクトリ サービスからユーザーおよびグループを選択します。

  11. [開始] をクリックします。

ページの先頭へ

署名の収集ワークフロー タスクを実行する

署名の収集ワークフロー タスクは、ドキュメントに署名を追加することによって行うため、Office Word 2007 または Office Excel 2007 内から実行する必要があります。ただし、署名の収集ワークフロー タスクをサーバー上で編集して、自分のタスクを別の担当者に委任したり、自分の署名が今後は不要であることを指定したりできます。

ドキュメントに署名して署名の収集ワークフロー タスクを実行する

  1. タスクを通知する電子メール メッセージで、[このタスクの編集] をクリックし、[ドキュメントを開く] をクリックします。

  2. 作業中のドキュメントの上部に表示されるメッセージ バーで、[署名] をクリックします。

    注記: 

    • このドキュメントの保存されているライブラリが、ドキュメントをチェックアウトしなければ編集を加えることができないように設定されている場合は、最初にメッセージ バーの [チェックアウト] をクリックしてから [署名] をクリックする必要があります。

    • 署名依頼がドキュメントの複数の場所に存在する場合は、メッセージ バーの [ワークフロー タスクの表示] をクリックします。[ワークフロー タスク] ダイアログ ボックスでタスクをクリックし、[開く] をクリックすると、特定の場所に署名できます。これを、一覧表示されている各署名タスクについて行います。

  3. ドキュメントに署名を追加するには、[署名] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • 印刷用の署名を追加するには、[X] の隣のボックスに名前を入力します。

    • 署名の画像を選択するには、[画像の選択] をクリックします。[署名画像の選択] ダイアログ ボックスで、署名のイメージ ファイルの場所に移動し、使用するファイルを選択し、[選択] をクリックします。

    • 手書き署名 (タブレット PC のユーザーのみ) を追加する場合は、インク機能を使用して [X] の隣のボックスに署名します。

  4. [署名] ダイアログ ボックスの [署名] をクリックします。

ページの先頭へ

サーバー上で署名の収集ワークフロー タスクを編集する

  1. サイトの [タスク] リストに移動し、[表示] メニューの [自分のタスク] を選択して、自分に該当するワークフロー タスクを探します。

    注: ワークフローに既定の [タスク] リストが使用されていない場合、[タスク] リストに、該当するワークフロー タスクが表示されないことがあります。自分に該当するワークフロー タスクを見つけるには、ワークフロー アイテムが保存されているライブラリに移動します。目的のアイテムをポイントして、表示される矢印をクリックし、[ワークフロー] をクリックします。[実行中のワークフロー] で、自分が参加しているワークフローの名前をクリックします。[ワークフローの状態] ページで、[タスク] から該当するワークフロー タスクを探します。

  2. 実行するタスクの名前をポイントし、表示される矢印をクリックして、[アイテムの編集] をクリックします。

  3. 次のいずれかを実行します。

    • 署名タスクを別の担当者に割り当てるには、その担当者の名前を [委任] 欄に入力するか、[委任] をクリックして、ディレクトリ サービスから担当者を選択します。

    • やを示しますが、署名欄が既にサインインして、署名が不要になったために必要な更新タスクでは、[この署名欄は既に署名されている、または署名が不要になったチェック ボックスをオンにします。

  4. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×