署名の収集ワークフローについて

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SharePoint 製品に付属のワークフローには、一貫性のあるかつ効率的に両方の morereassign すること、ビジネス プロセスを自動化するために使用できる機能です。Excel、 Word、または、署名の 1 つまたは複数のユーザーにInfoPathで作成したドキュメントをルーティングする SharePoint の署名の収集ワークフローを使用することができます。

詳しくは、 SharePoint に組み込まれたワークフローについて参照してください。

重要: 既定では、署名の収集ワークフローはアクティブでないとは関連付けフォームのワークフロー テンプレートの選択リスト ボックスに表示されません。利用できるようにすることをサイト管理者ライセンス認証を行うにサイト コレクション レベルでします。サイト コレクション レベルの権限がある場合は、有効にする SharePoint ワークフロー テンプレートを参照してください。

すべてのことをする必要がある場合は、署名の収集ワークフロー タスクの実行   完了セグメントに移動して展開します。ここでは他のセグメントのない必要があります。

手動プロセスと自動化されたワークフローの比較

SharePoint ワークフローには次の特長があります。

  • 効率性と一貫性   署名の収集ワークフローが自動的にドキュメントをルーティングする、署名タスクが割り当てられますおよびの進捗状況を追跡します。ワークフローのアクティビティを監視および中央の状態] ページで、調整することができますされ、ワークフローの実行中のイベントの履歴は、完了した後、60 日間保持されます。

  • 作業の軽減    署名の収集ワークフローを利用すると、自分と同僚の時間と労力を減らすことができ、それと同時に署名プロセスの合理化と標準化が実現します。

非常に単純な署名の収集ワークフローのフローチャートを次に示します。

ワークフロー プロセスのフローチャート

この記事を使うためのヒント

拡大できるセグメントでは、この記事の情報が表示されます。

すべてのことをする必要がある場合は、署名の収集ワークフロー タスクの実行   完了セグメントに移動して展開します。ここでは他のセグメントのない必要があります。

ワークフローの追加、開始、監視、管理をする場合    これらの作業にまだ慣れていない場合は、初めてワークフローを設計して追加するときに、この記事の各セグメントを順番に読みながら作業することをお勧めします。情報や記事のレイアウトに慣れたら、読み直すときには必要なセグメントに直接アクセスできます。

グラフィックに関するメモ    ワークフローに関するこの一連の記事の画面イメージや概念図は、基本的に承認ワークフロー タイプに基づいています。ただし、概念や手順を明確にするために必要な場合は、この記事の画像や図を署名の収集ワークフローに合わせてカスタマイズしています。

この記事の印刷について    この記事は長文です。選択したセグメントだけを印刷する場合は、印刷時にそれらのセグメントのみが展開されていることを確認してください (また、印刷物にグラフィック全体を含める場合は、縦向きではなく横向きで印刷してください)。

検索について    この記事内のテキストや用語を検索する際は、あらかじめ検索対象のセグメントがすべて展開されていることを確認してください。

署名の収集ワークフローの詳細

署名の収集ワークフローは、ドキュメントまたはWord、 Excel、または、署名の 1 つまたは複数のユーザーにInfoPathで作成されたフォームをルーティングする SharePoint 製品機能です。ワークフローを自動化するには、合理化、およびプロセス全体を標準化も実現します。

ワークフロー ルーティングの図

SharePoint 製品に組み込まれている署名の収集ワークフローは、テンプレートとして機能します。このテンプレートを使って、1 つまたは複数の署名の収集ワークフローを、ユーザーのサイトに追加できます。追加する各ワークフローは、基本となる署名の収集ワークフローの一意のバージョンで、それぞれが追加時に指定された設定に基づいて独自に機能します。

  • 最初に署名の収集ワークフローをリスト、ライブラリ、またはサイト コレクションに追加するときに、参加者の人数と、参加者に対してタスクを 1 つずつ割り当てる (順次) か、すべて同時に割り当てる (並列) かを指定できます。さらに、参加者のタスクを複数のステージに分割するかどうかも指定できます。ドキュメントに対するワークフローを手動で開始するたびに、これらの設定を変更できます。

  • ワークフローによって、指定した各参加者にタスクが割り当てられます。各参加者は、複数の対応 (ドキュメントに署名する、ドキュメントに署名しない、署名タスクを再度割り当てる、またはタスクを削除する) の中から選択肢を決定します。

  • ワークフローの実行中に、単一の集中管理された [ワークフローの状態] ページで、進行状況を監視して (必要に応じて) 調整することができます。

  • ワークフローの完了後 60 日間は、[ワークフローの状態] ページで、このワークフローの実行 (インスタンス) 中に発生したすべてのワークフロー イベントの一覧を非公式な参照を目的として確認できます。

署名の収集ワークフローは、承認と、ドキュメントの拒否を収集する、または web ページの web サイトの公開を制御するように設計されていません。ワークフローの参加者を承認または元に戻すことを確認するドキュメントを追加する場合は、すべての承認ワークフローの概要と、記事を参照してください。

また、署名の収集ワークフローは、フィードバックを収集することに設計されていません。ドキュメントに関するフィードバックを収集するワークフローを使用する場合は、すべてのフィードバックの収集ワークフローについての記事を参照してください。

Microsoft SharePoint Designer 2013 を使用して、SharePoint 製品に含まれる任意のワークフローをさらにカスタマイズできます。

ワークフローの追加    既定では、ワークフローを追加するにはリストの管理権限が必要です (既定では、所有者グループにはリストの管理権限が割り当てられていますが、メンバー グループと閲覧者グループには割り当てられていません)。

ワークフローの開始    既に追加されているワークフローを開始するには、既定ではアイテムの編集権限が必要です (既定では、メンバー グループと所有者グループにはアイテムの編集権限が割り当てられていますが、閲覧者グループには割り当てられていません)。

所有者は、所有者グループのメンバーのみが開始できるように特定のワークフローを構成することもできます (それには、関連付けフォームの最初のページで、[ワークフローの開始にリストの管理権限を要求する] チェック ボックスをオンにします)。

電子的に行われるビジネス トランザクションの数は増加の一途をたどっています。このため、デジタル署名を使って、信頼できる当事者に対して法律的にトランザクションの義務を課すことが多くなっています。デジタル署名は、ドキュメントに署名した人物の身元を確認し、ドキュメントへのデジタル署名後、内容が変更されていないことを確認するために使われます。デジタル署名によって、暗号化テクノロジに基づく安全性が確保されます。また、電子的なビジネス トランザクションに関するリスクが軽減します。デジタル署名の機能を向上させた Office は、世界中の組織や公的機関の情報セキュリティに関するニーズを満たすことを目的としています。

デジタル署名を作成するには、信頼できる当事者であるという身元を証明するデジタル証明書が必要です。このデジタル証明書は、信頼できる証明機関 (CA) から取得する必要があります。デジタル証明書を持っていない場合でも、Microsoft にはデジタル証明書やその他の高度な署名を提供するパートナーがいます。

基本的な段階は次のとおりです。

  • ワークフローの実行前に、(計画、追加、開始)   
    (1 つのリストまたはライブラリで、またはサイト コレクション全体の) と、インストール方法の詳細を追加する場所を計画するワークフローを追加する前にします。追加され、ワークフローを構成した、特定のドキュメントでワークフローを開始、必要な権限を持つユーザーことができます。ワークフローは、自動的に実行する設定できます。2 つのトリガー イベントの一方または両方に基づいて自動実行をアクティブにすることができます:追加またはで作成したリストまたはライブラリでは、任意のドキュメントやリストまたはライブラリでドキュメントのいずれかの場合は、変更された場合。

  • ワークフローの実行時 (実行、監視、調整)   
    個々 の参加者が割り当てられた作業を完了するワークフローの実行中にします。その一方で、特定のワークフロー インスタンスのサーバーの全体のワークフローの状態] ページからワークフローの進捗状況を監視することができます。その同じページから実行時に、ワークフローに調整ができます。また、ワークフローのキャンセルまたはそこから終了必要に応じて。

  • ワークフローの実行結果 (レビュー、レポート、変更)   
    [ワークフローの状態] ページで、最大 60 日間の実行 (またはインスタンス) の履歴全体を確認できるワークフローが完了したら、します。データがあることをする方法についてのワークフロー機能を変更するのには場合、開くし、ワークフローを最初に追加するときに完了した関連付けフォームを編集できます。

次のフロー チャートは、新しいワークフローを追加する担当者の視点でこれらのステージを示したものです。

ワークフロー プロセス

新しい "署名の収集" ワークフローを計画する

このセグメントでは、"署名の収集" ワークフローのバージョンを追加する前に決定する必要がある事項やまとめておく必要がある情報について説明します。

場合は、既にこの種類のワークフローを追加し、必要な特定の手順を確認する方法を理解できたらは、この記事の該当する追加セグメント (リスト/ライブラリまたはサイト コレクション) に直接移動できます。

SharePoint 製品に付属のワークフローはマスター テンプレートとして機能します。このテンプレートに基づいて、個々の具体的なワークフローをリスト、ライブラリ、サイト コレクションに追加します。

たとえば、"署名の収集" ワークフローを追加するときに実際に追加されるのは、全般的な "署名の収集" ワークフロー テンプレートのバージョンです。それぞれのバージョンに独自の名前と独自の設定を決めておき、個別のバージョンを追加するときに関連付けフォームで指定します。これにより、"署名の収集" ワークフローのマスター テンプレートに基づく各バージョンにそれぞれの用途に応じた名前と設定を適用して、複数のワークフローを追加することができます。

次の図では、"承認" ワークフロー テンプレートに基づく 3 つのワークフローが追加されています。各ワークフローは、単一のライブラリのすべてのコンテンツ タイプ、単一のライブラリの単一のコンテンツ タイプ、サイト コレクション全体の単一のコンテンツ タイプにそれぞれ対応しています。

ワークフローの承認テンプレートに基づく 3 つのワークフロー

付属のワークフロー テンプレートのいずれかに基づく新しいワークフロー バージョンを追加するときは、関連付けフォームで新しいバージョンの機能を指定します。

次のセクションで、関連付けフォームに入力する際の一連の検討項目について説明します。その前に、フォームとそのフィールドに簡単に目を通しておきましょう。

関連付けフォームの最初のページ

関連付けフォームの最初のページ

関連付けフォームの 2 番目のページ

関連付けフォームの 2 ページ目

2 ページ目のフィールドは開始フォームにも表示されます。開始フォームはワークフローを手動で開始するたびに表示され、その実行にのみ適用する設定を編集できます。

次の 9 の検討事項

このセクションの検討事項をすべて確認すれば、ワークフローを追加する準備が整います。

この記事では、署名の収集 – SharePoint 2013署名の収集 – SharePoint 2010のメニューに表示されるワークフロー テンプレートに関するものです。このワークフロー タイプが最適な選択肢であることを確認していない場合は、この記事の方法を確認してセグメントに戻ってください。利用可能なその他のワークフロー テンプレートの詳細については、 SharePoint に組み込まれたワークフローについて」を参照してください。

ここで説明している種類の署名欄を挿入しただけWord、 Excel、またはInfoPathで作成したドキュメントにできることを確認するのには重要です。

コンテンツ タイプとは

SharePoint のリストまたはライブラリに格納されるドキュメントやその他のアイテムは、さまざまなコンテンツ タイプに属します。コンテンツ タイプには、ドキュメントExcel スプレッドシートのような基本となる汎用的なものから、契約書製品設計仕様書のような高度に専門的なものまであります。SharePoint 製品に既定で用意されているコンテンツ タイプもありますが、それらをカスタマイズして使えるほか、独自に作成して追加することもできます。

"署名の収集" ワークフローの新しいバージョンは、1 つのリストまたはライブラリだけで使用できるようにすることも、サイト コレクション全体で使用できるようにすることもできます。

  • 1 つのリストまたはライブラリに対するワークフローを追加する場合は、すべてのコンテンツ タイプで実行するか 1 つのコンテンツ タイプのみで実行するかを設定できます。

  • サイト コレクション全体に対するワークフローを追加する場合は、必ず 1 つのサイト コンテンツ タイプのみで実行するように設定する必要があります。

  • すべての場合は、署名の収集ワークフローの実行対象の各ドキュメントにWord、 Excel、またはInfoPathで作成されたファイルをことがあります。

サイト コレクションのマップ。3 通りの追加方法が説明されています。

ワークフロー バージョンの名前を付けるときは、次の点を考慮します。

  • どのような目的に使うかを明確に示す。

  • 他のワークフローとの違いを明確に示す。

編集者のグループに属しているとします。このグループでは、"フィードバックの収集" ワークフローを 2 つ使います。

  • 独自のグループのメンバーから送信された各ドキュメントに対して最初のワークフローを実行します。このワークフローでは、フィードバックを収集し、グループの管理者からのみ。

  • 独自のグループ外のユーザーが送信した各ドキュメントに対して、2 つ目のワークフローを実行します。このワークフローがフィードバック収集、グループのすべてのメンバー

最初のワークフローの名前を付けることがあります送信フィードバック内と 2 つの外側フィードバックの送信します。

ヒント: 他のワークフローと同様に、名前付け規則を統一して、ワークフローにかかわるすべての人がその規則に習熟するようにすることをお勧めします。

タスク リストと履歴リストについては、サイトの既定のリストを使うか、その他の既存のリストを使うか、そのワークフロー専用の新しいリストを要求することができます。

  • サイトに多数のワークフローがある場合や一部のワークフローに多数のタスクが含まれる場合は、ワークフローごとに新しいリストを要求することを検討してください (管理するリストが長すぎると、パフォーマンスが低下する可能性があります。短いリストを複数管理する方が、長いリストを 1 つ管理するよりもすばやく簡単に処理できます)。

  • 機密にこのワークフローの履歴をタスクが含まれる場合が場合は、[全般] の一覧からで区切られたままにするべきし、データは、このワークフローの後、別のリストをすることを指定します。ワークフローを追加した後、新しいリストの適切な権限が設定されていることを確認します。

署名欄は、次のどちらかのタイミングでドキュメントに挿入できます。

  • ドキュメントでワークフローを開始する前。

  • ワークフローを開始してから、最初の参加者が署名欄に署名するまでの間。

ドキュメントにデジタル署名を追加するには、2 つの手順を実行します。

  1. 最初に、他のユーザーが挿入signa囲ま線文書の本文にします。
    署名欄が挿入されますが、サインインしていません。

  2. ユーザーは、[挿入した行に署名を追加します。
    挿入された署名欄が署名を完了します。

このに注意してください。   最初の参加者がドキュメントに署名を追加後は、ドキュメントは編集できないようにロックします。Anyさらに、文書に変更以降後: 以外の他の署名者が、署名を追加する-を無効にまたは削除が追加されたすべての署名します。文書内で変更として数えられますの署名欄を挿入ため、すべての署名は、文書のにおく必要があり、最初の参加者は、それらの行のいずれかを実際の署名を追加します。

そのため、この検討事項についての対応方法は 3 とおり考えられます。

  • 開始方法を問わない場合    既に署名欄が挿入されたテンプレートまたはフォームに基づいたドキュメントを使用するため、各ワークフローを実行するときに署名する必要はありません。

  • 手動で開始する場合    ワークフローを開始するユーザーが、必要なすべての署名欄を挿入し、その後、ワークフローを開始します。

  • 自動で開始する場合    ドキュメントを最初に開いた参加者が、必要なすべての署名欄を挿入し、その後、署名を行います。

この要点を簡単にまとめた図を次に示します。

最初の署名のないドキュメント、したがって変更を開く

ドキュメントを最初の署名を追加すると、変更がこのようにロック

ワークフローは手動のみ、自動のみ、またはその両方で開始するように設定できます。

  • 特定のドキュメントに対して "署名の収集" ワークフローを手動で開始する場合は、開始フォームという別のフォームが表示されます。開始フォームには、関連付けフォームの 2 ページ目の設定だけが含まれます。このフォームを使って、ワークフローを開始するユーザーは、[開始] をクリックする前にそれらの設定 (現在のインスタンスの設定のみ) を変更することができます。

  • 自動開始の場合は、開始フォームは表示されないため、関連付けフォームで指定された既定の設定が変更されずにそのまま使われます。

次の図に、手動開始と自動開始の違いを示します。

手動と自動の開始のフォーム比較

開始フォームに加えた変更は、ワークフローの現在のインスタンスの中に適用されているのみです。ワークフローの永続的な,既定の設定を変更するには、この記事の変更セグメントで説明するように、元の関連付けフォームを編集します。

手動開始

手動開始を許可すると、必要な権限を持つすべてのユーザーが、対応するドキュメントに対するワークフローをいつでも開始できるようになります。

手動開始の利点としては、選んだ場合にしかワークフローが実行されないこと、ワークフローを実行するたびに開始フォームを使って設定を変更できることなどがあります。

ただし、手動開始を使う場合は、ワークフローを実行する必要があるときに忘れずに実行するように注意が必要です。

自動開始

次のどちらかまたはそれぞれの状況でワークフローが自動的に開始されるように設定することができます。

  • リストやライブラリで新しいドキュメントが作成またはアップロードされたとき。

  • リストやライブラリに既に格納されているドキュメントが変更されたとき。

自動開始の利点は、ワークフローの開始を意識する必要がないことです。きっかけとなる状況が発生するたびに自動的に開始されます。

"署名の収集" ワークフローの自動開始に関する注意事項

異なり、その他のいくつか含まれているワークフローは、そのではありません 't署名の収集ワークフローが始まった後に、タスクを追加することです。ワークフローが自動的に起動したときに、既定の設定で指定した署名タスクのみを割り当てます。ワークフローの実行中に再割り当てを実際にはその各タスクは、なしののタスクの作成し割り当てことができます。つまり、署名の収集ワークフローのみ自動的に実行されるときに id をまたは少なくとも番号が、参加者の事前呼ばれます。

自動開始の後でも、既に割り当てられているタスクを削除したり取り消したりすることはできます。ただし、タスクを取り消しても、関連付けられている署名欄はドキュメントから削除されません。 

次に自動開始を使った 3 つのシナリオを紹介します。どのシナリオでも次のように想定しています。

  • ワークフローを実行する対象は、署名が必要なドキュメントをアップロードするライブラリです。

  • 署名タスクは長期的に同じユーザーに割り当てられ、ワークフローを開始するたびに確認または編集する必要はありません。

どのシナリオについても、アップロードするアイテムが既に適切な署名欄を含むドキュメントまたはフォームであれば、ワークフローの参加者がワークフローの実行時に署名欄を挿入する必要はありません。

シナリオ 1: 単一のタスク、単一の署名者

新しい経費の請求に早川さんの署名が必要であり、早川さんは「新しい経費の要求」という名前のライブラリを作成しました。組織内のユーザーであれば、だれでも請求の作成やアップロードを行うことができます。

早川さんは、ワークフローを作成し、同じ名前が与えられます。新しい経費請求します。1 つだけ署名タスクを割り当てる、新しい各ドキュメントに対してワークフローが自動的に実行される: もちろん、早川さんにします。

ワークフローのフローチャート

シナリオ 2: 複数のタスク、複数の署名者

このシナリオでは、契約書に早川さん上川さん玉原さんの 3 人の署名が必要です。

"小林昌子"は、契約署名の名前が付けライブラリを作成します。署名 (annaANDseanANDfrank)という名前の署名の収集ワークフローを作成します。ワークフローは、3 人の署名の 1 つのタスクを割り当てる、新しい各ドキュメントに対して自動的に実行します。

ドキュメントを最初に開いた署名者が、署名する前に 3 人分の署名欄を挿入します。

ワークフローのフローチャート

シナリオ 3: 複数のタスク、単一の署名者

このバージョンでは、契約書に早川さん上川さん玉原さんのうちのだれか 1 人の署名が必要です。

"小林昌子"は、契約署名と署名 (annaORseanORfrank)という名前のワークフローの名前が付けライブラリを作成します。メーリング リストまたはもannaORseanORfrankを含むすべての 3 人の名前付きの配布グループも作成します。

もう一度実行されるワークフローの自動的に新しいドキュメント ライブラリで、[が、今回を割り当てますだけ1 つ署名タスクannaORseanORfrankグループにします。

このようなタスクはグループ タスクと呼ばれます。グループの各メンバーに電子メール タスク通知が送信されますが、作成されるタスクは 1 つだけで、グループのいずれかのメンバーがグループを代表してタスクを引き受けて実行できます。

ワークフローのフローチャート

グループのタスクを引き受けて実行方法については、この記事の完全セグメントをご覧ください。

サイト コレクション全体のコンテンツ タイプにワークフローを追加するときは、サイト コレクション内のワークフローの追加先のコンテンツ タイプを継承する他のすべてのコンテンツ タイプにもワークフローを追加することができます (1 つのリストまたはライブラリだけに対するワークフローを追加する場合は、このオプションは表示されません)。

注記: 

  • 他のすべての子コンテンツ タイプにもワークフローを追加する場合、操作が完了するまでに時間がかかることがあります。

  • 継承が解除されているサイトまたはサブサイトにこのワークフローを追加してコンテンツ タイプを継承する場合、操作を実行する前に、それらのサイトまたはサブサイトの "所有者" グループのメンバーであることを確認してください。

署名タスクが割り当てられる各ユーザーの名前または電子メール アドレスを指定する必要があります。

グループ タスクと個別のですか?   グループ タスクを割り当てるグループまたは配布リストにタスクを割り当てる場合: グループのメンバーがタスク通知を受信しますが、メンバーが1 つだけを要求して、タスクを完了する必要があります。グループのタスクを引き受けて実行方法については、この記事の完全セグメントをご覧ください。

単一ステージと複数ステージですか?   署名タスクの 1 つだけのステージまたは複数のステージがあることができます。複数のステージがあれば、1 つずつステージが実行されます。

並列レビューと順次レビュー?   任意の 1 つのステージの参加者を指定した順序でに割り当てる (並列) で同時にすべての署名タスクがあるかが自分のタスクに割り当てられている 1 つずつ (順次) を選択できます。たとえば、署名者のいずれかのドキュメントに関する実際の意思決定者は、その意味がないため、意思決定者が署名が判断した場合は、各自の署名タスクを完了するその他の署名者のいずれかの場合は、シリアル オプションは役に立ちます。

ここでは、簡単なシナリオを使って、複数のステージで順次タスク割り当てを行う場合の利点をいくつか示します。

玉原さんが契約書のライブラリに対する新しい "署名の収集" ワークフローを追加しているとします。玉原さんは実際の意思決定者であるため、各契約書に最初に署名したいと考えています。玉原さんが署名しないと、早川さんや上川さんには署名タスクが割り当てられないようにします。このように設定するには、次の 2 つの方法があります。

  • 順次レビューを使用して   フランクは、1 つの順次ステージでは、最初の参加者と早川さんと上川さんは、2 番目、3 番目を設定します。
    フランクが自分の 1 つの段階順次レビューを設定する方法を示します。
    フォームに表示される項目

  • 2 つのステージを使う   早川さんを追加するを待つ上川さんがないようにフランクが早川さんと上川さんは、同時に、自分のタスクが割り当てられている場合は、署名前に、自分、彼は追加できますが、ワークフローの 2 つのステージを設定できます。最初の段階が、自分の署名タスクのみを含む、2 番目の並列ステージ早川さんと上川さんのタスクが含まれています。最初の段階が完了していない場合は、2 番目のステージが起動せずします。
    フランクが、2 つのステージの並列レビューを設定する方法を示します。
    フォームに示すように設定

次の図は、両方の方法を示したものです。どちらのバージョンでも、玉原さんが署名タスクを完了しない限り、早川さんと上川さんにはタスクが割り当てられません。

両方のバージョンのフローチャート

関連付けフォームの 2 ページ目にある [CC] フィールドに、このワークフローが開始または終了されるたびに通知するユーザーの名前またはアドレスを入力できます。

  • このフィールドに名前を入力しても、そのユーザーにワークフロー タスクが割り当てられるわけではありません

  • ワークフローが手動で開始された場合は、このフィールドに指定されていなくても、ワークフローを開始したユーザーは開始通知と終了通知を受け取ります。

  • ワークフローが自動的に開始された場合は、このフィールドに指定されていなくても、ワークフローを最初に追加したユーザーは開始通知と終了通知を受け取ります。

(リストまたはライブラリの 1 つだけ) の署名の収集ワークフローを追加します。

ワークフローの追加を使い慣れているいない場合、このセグメントの手順を実行する前に、この記事で上記の方法を確認して計画セグメントを確認すると便利なことがあります。

ワークフローを追加する前に、次の 2 つの点について確認する必要があります。

電子メール    ワークフローで電子メール通知を送信するには、SharePoint サイトで電子メールを有効にする必要があります。この設定が完了しているかどうかわからない場合は、SharePoint 管理者に確認してください。

アクセス許可   SharePoint 製品の既定の設定は、リスト、ライブラリ、またはサイト コレクションのワークフローを追加するリストの管理権限がある必要があります。(既定では、所有者グループがリストの管理権限を持つ; と閲覧者グループのメンバー グループしません。権限の詳細については、セグメントをご覧ください方法を確認してこの記事の。)

次の手順に従います。

  1. ワークフローを追加するリストまたはライブラリを開きます。

  2. リボンの [リスト] タブまたは [ライブラリ] タブをクリックします。

    タブの名前はリストまたはライブラリのタイプに応じて異なる場合があります。たとえば、予定表リストの場合は、[予定表] タブになります。

  3. [設定] グループで [ワークフロー設定] をクリックします。

  4. [ワークフロー設定] ページで、またはいずれか 1 つのコンテンツ タイプで実行するワークフローのすべてのすべてのコンテンツ タイプ)、指定し、[ワークフローの追加] をクリックします。

    注: ワークフローを実行できるだけで作成したWord、 Excel、またはInfoPathで作成された文書の署名の収集します。

    [ドキュメント] コンテンツ タイプが選択された [ワークフローの追加]

    1. 関連付けフォームの最初のページを入力します
      (図の後に手順を示してあります)。

1 つのリストまたはライブラリの関連付けフォームの最初のページ

吹き出し番号 1

コンテンツ タイプ

既定の選択の [すべて] のままにするか、特定のコンテンツ タイプを選びます。

吹き出し番号 2

ワークフロー

署名の収集 – SharePoint 2013または署名の収集 – SharePoint 2010のテンプレートを選択します。

注: 署名の収集 – SharePoint 2013または署名の収集 – SharePoint 2010のテンプレートが一覧に表示されない場合は、サイト コレクションまたはワークフローでアクティブ化されているかどうかについては、SharePoint の管理者に問い合わせてください。サイト コレクションの権限がある場合は、有効にする SharePoint ワークフロー テンプレートを参照してください。

吹き出し番号 3

名前

このワークフローの名前を入力します。このリストまたはライブラリのユーザーは、この名前でワークフローを識別します。

ワークフローの名前付けに関するヒントについては、この記事の計画セグメントをご覧ください。

吹き出し番号 4

タスク リスト

このワークフローで使うタスク リストを選びます。既存のタスク リストを選ぶか、[タスク (新規)] をクリックして新しいリストを作成できます。

代わりに新しいタスク リストを既存の選択など) を作成する理由については、この記事の計画セグメントをご覧ください。

吹き出し番号 5

履歴一覧

このワークフローで使う履歴リストを選びます。既存の履歴リストを選ぶか、[新しい履歴リスト] をクリックして新しいリストを作成できます。

代わりに新しい履歴リストを既存の選択など) を作成する理由については、この記事の計画セグメントをご覧ください。

吹き出し番号 6

開始オプション

このワークフローを開始する方法を指定します。

さまざまなオプションについては、この記事の計画セグメントをご覧ください。

  1. このフォームの必要な設定がすべて完了したら、[次へ] をクリックします。

  2. 関連付けフォームの 2 ページ目を入力します
    (図の後に手順を示してあります)。

    SharePoint 製品では、この関連付けフォームの 2 ページ目にあるすべてのオプションがワークフローを手動で開始するたびに表示され、それらのオプションを変更してその 1 回のインスタンスだけに適用できます。

オプションが強調された関連付けフォームの 2 番目のページ

吹き出し番号 1

割り当て先

ワークフローでタスクを割り当てるユーザーの名前またはアドレスを入力します。

  • タスクを 1 つずつ割り当てる場合 (順次)   
    タスクを割り当てる順に名前またはアドレスを入力します。

  • すべてのタスクを同時に割り当てる場合 (並列)   
    名前やアドレスの順序は気にしなくてかまいません。

  • グループまたは配布リストを含める場合   
    グループ タスクを割り当てる: グループのメンバーがタスク通知を受信しますが、メンバーが1 つだけを要求して、タスクを完了する必要があります。グループのタスクを引き受けて実行方法については、この記事の完全セグメントをご覧ください。

吹き出し番号 2

順序

タスクを 1 つずつ割り当てる (順次) か、すべて同時に割り当てる (並列) かを指定します。

順次ステージと並列ステージの使用の詳細については、この記事の計画セグメントをご覧ください。

吹き出し番号 3

新しいステージの追加

最初に構成したステージ以外の必要なステージを追加します。

  • ステージ全体を削除するには、そのステージの [割り当て先] フィールドをクリックし、Ctrl キーを押しながら Del キーを押します。

複数のステージの使用の詳細については、この記事の計画セグメントをご覧ください。

吹き出し番号 4

CC

ワークフローが開始または終了されるたびに通知するユーザーの名前または電子メール アドレスを入力します。

  • フィールドの名前を入力は 'ワークフロー タスクの割り当て、その結果

  • ワークフローが手動で開始された場合は、このフィールドに指定されていなくても、ワークフローを開始したユーザーは開始通知と終了通知を受け取ります。

  • ワークフローが自動的に開始された場合は、このフィールドに指定されていなくても、ワークフローを最初に追加したユーザーは開始通知と終了通知を受け取ります。

  1. このページの必要な設定がすべて完了したら、[保存] をクリックしてワークフローを作成します。

新しいワークフロー バージョンが作成されます。

関連情報

開始して、新しいワークフローをテストする準備ができたら、この記事の開始セグメントに進みます。

この記事の挿入セグメント内のドキュメントに署名欄を挿入するための手順が表示されます。

サイト コレクション全体) (署名の収集ワークフローを追加します。

ワークフローの追加を使い慣れているいない場合、このセグメントの手順を実行する前に、この記事の方法を確認して計画セグメントを確認すると便利なことがあります。

ワークフローを追加する前に、次の 2 つの点について確認する必要があります。

メール   ワークフローの電子メールの通知を送信するために、サイトのメールを有効にする必要があります。確認、これが既に完了していない場合は、SharePoint 管理者に確認してください。

アクセス許可   SharePoint 製品の既定の設定は、リスト、ライブラリ、またはサイト コレクションのワークフローを追加するリストの管理権限がある必要があります。(既定では、所有者グループがリストの管理権限を持つ; と閲覧者グループのメンバー グループしません。 権限の詳細については、セグメントをご覧ください方法を確認してこの記事の。)

次の手順に従います。

  1. サイト コレクションのホーム ページを開きます (コレクションのサイトやサブサイトのホーム ページではありません)。

  2. 設定アイコン設定] をクリックし、[サイトの設定] をクリックします。

    SharePoint Online] に設定 SharePoint 2016 のタイトル バーにある設定ボタン ] をクリックし、[サイト コンテンツ] をクリックします。サイトのコンテンツをサイトの設定] をクリックします。

  3. [サイトの設定] ページで、[ Web デザイン ギャラリー] の [サイト コンテンツ タイプをクリックします。
    サイト コンテンツは、[ギャラリー] でリンクを入力します。

  4. [サイト コンテンツ タイプ] ページで、ワークフローを追加するサイト コンテンツ タイプの名前をクリックします。

    注: ワークフローを実行できるだけで作成したWord、 Excel、またはInfoPathで作成された文書の署名の収集します。

    ドキュメント コンテンツ タイプ。タイプが強調されています。

    1. 選択したコンテンツ タイプのページで、[設定] の [ワークフロー設定] をクリックします。
      [設定] セクションの [ワークフロー設定]

    2. [ワークフロー設定] ページで、[ワークフローの追加] リンクをクリックします。
      [ワークフローの追加]

    3. 関連付けフォームの最初のページを入力します
      (図の後に手順を示してあります)。

オプションが強調された関連付けフォームの最初のページ

吹き出し番号 1

ワークフロー

署名の収集 – SharePoint 2013または署名の収集 – SharePoint 2010のテンプレートを選択します。

注: 署名の収集 – SharePoint 2013または署名の収集 – SharePoint 2010のテンプレートが一覧に表示されない場合は、サイト コレクションまたはワークフローでアクティブ化されているかどうかについては、SharePoint の管理者に問い合わせてください。サイト コレクションの権限がある場合は、有効にする SharePoint ワークフロー テンプレートを参照してください。

吹き出し番号 2

名前

このワークフローの名前を入力します。このサイト コレクションのユーザーは、この名前でワークフローを識別します。

ワークフローの名前付けに関するヒントについては、この記事の計画セグメントをご覧ください。

吹き出し番号 3

タスク リスト

このワークフローで使うタスク リストを選びます。既存のタスク リストを選ぶか、[タスク (新規)] をクリックして新しいリストを作成できます。

代わりに新しいタスク リストを既存の選択など) を作成する理由については、この記事の計画セグメントをご覧ください。

吹き出し番号 4

履歴一覧

このワークフローで使う履歴リストを選びます。既存の履歴リストを選ぶか、[新しい履歴リスト] をクリックして新しいリストを作成できます。

代わりに新しい履歴リストを既存の選択など) を作成する理由については、この記事の計画セグメントをご覧ください。

吹き出し番号 5

開始オプション

このワークフローを開始する方法を指定します。

さまざまなオプションについては、この記事の計画セグメントをご覧ください。

吹き出し番号 6

リストおよびサイト コンテンツ タイプを更新しますか。

このコンテンツ タイプを継承する他のすべてのサイト コンテンツ タイプとリスト コンテンツ タイプに、このワークフローを追加する (関連付ける) かどうかを指定します。

  • 他のすべての子コンテンツ タイプにもワークフローを追加する場合、操作が完了するまでに時間がかかることがあります。

  • 継承が解除されているサイトまたはサブサイトにこのワークフローを追加してコンテンツ タイプを継承する場合、操作を実行する前に、それらのサイトまたはサブサイトの "所有者" グループのメンバーであることを確認してください。

  1. このページの必要な設定がすべて完了したら、[次へ] をクリックします。

  2. 関連付けフォームの 2 ページ目を入力します
    (図の後に手順を示してあります)。

    SharePoint 製品では、この関連付けフォームの 2 ページ目にあるすべてのオプションがワークフローを手動で開始するたびに表示され、それらのオプションを変更してその 1 回のインスタンスだけに適用できます。

オプションが強調された関連付けフォームの 2 番目のページ

吹き出し番号 1

割り当て先

ワークフローでタスクを割り当てるユーザーの名前またはアドレスを入力します。

  • タスクを 1 つずつ割り当てる場合 (順次)   
    タスクを割り当てる順に名前またはアドレスを入力します。

  • すべてのタスクを同時に割り当てる場合 (並列)   
    名前やアドレスの順序は気にしなくてかまいません。

  • グループまたは配布リストを含める場合   
    グループ タスクを割り当てる: グループのメンバーがタスク通知を受信しますが、メンバーが1 つだけを要求して、タスクを完了する必要があります。グループのタスクを引き受けて実行方法については、この記事の完全セグメントをご覧ください。

吹き出し番号 2

順序

このステージのタスクを 1 つずつ割り当てる (順次) か、すべて同時に割り当てる (並列) かを指定します。

順次ステージと並列ステージの使用の詳細については、この記事の計画セグメントをご覧ください。

吹き出し番号 3

新しいステージの追加

最初に構成したステージ以外の必要なステージを追加します。

  • ステージ全体を削除するには、そのステージの [割り当て先] フィールドをクリックし、Ctrl キーを押しながら Del キーを押します。

複数のステージの使用の詳細については、この記事の計画セグメントをご覧ください。

吹き出し番号 4

CC

ワークフローが開始または終了されるたびに通知するユーザーの名前または電子メール アドレスを入力します。

  • フィールドの名前を入力は 'ワークフロー タスクの割り当て、その結果

  • ワークフローが手動で開始された場合は、このフィールドに指定されていなくても、ワークフローを開始したユーザーは開始通知と終了通知を受け取ります。

  • ワークフローが自動的に開始された場合は、このフィールドに指定されていなくても、ワークフローを最初に追加したユーザーは開始通知と終了通知を受け取ります。

  1. このページの必要な設定がすべて完了したら、[保存] をクリックしてワークフローを作成します。

新しいワークフロー バージョンが作成されます。

関連情報

開始して、新しいワークフローをテストする準備ができたら、この記事の開始セグメントに進みます。

この記事の挿入セグメント内のドキュメントに署名欄を挿入するための手順が表示されます。

署名欄を挿入する

ワークフローの参加者が署名を追加、文書内で、署名欄を挿入してください。行の挿入すると、署名の追加自体は、次の 2 つの独立したアクションです。

次の点に注意してください。

  • 署名欄に署名が追加された後は、既存の署名欄に署名を追加する操作を除き、ドキュメントに対する以降の変更がすべてロックされます。

  • 最初の署名が追加された後に変更を行うと、ドキュメントに既に追加されているすべての署名が無効化または削除されます。

  • 署名の挿入や削除はドキュメントの変更と見なされます。

  • そのため、署名の追加や削除は、最初の参加者が署名を追加する前にすべて完了しておく必要があります。

これらを簡単にまとめた図を次に示します。

最初の署名のないドキュメント、したがって変更を開く

ドキュメントを最初の署名を追加すると、変更がこのようにロック

挿入WordまたはExcelで署名欄をします。

  1. 文書またはワークシートで、署名欄を挿入する場所にカーソルを置きます。

  2. の挿入] タブの [ テキスト] グループ] をクリックして署名欄します。

  3. 署名の設定] ダイアログ ボックスで、いずれか、またはすべての 4 つのフィールドを完了します。

    • 署名候補者   
      、署名者の完全な名前。
      (完成した署名に表示されます)。

    • 署名候補者役職   
      (完成した署名に表示されます)。

    • 署名者の電子メール アドレスの候補   
      (いない完成した署名に表示されます)。

    • 署名候補者の指示   
      署名者の便利なや必要な情報。
      (いない完成した署名に表示されます)。
      署名の設定] ダイアログ ボックス

  4. 同じダイアログ ボックスで、次のチェック ボックスをオンまたはオフにします。

    • 署名候補者が署名] ダイアログ ボックスでコメントを追加できるようにする   
      署名者が署名の目的を入力できるようにします。
      (署名者がない完成した署名に表示されます)。

    • 署名欄に署名日を表示する   
      の日付の署名を追加します。
      (完成した署名に表示されます)。

  5. [OK] をクリックします。

署名欄をさらに追加するには、同じ手順を繰り返します。

削除WordまたはExcelで署名欄をします。

  1. 署名欄をクリックして選びます。

  2. DELキーを押します。

重要: 署名欄を挿入できるのは InfoPath Filler フォームだけです。

挿入InfoPathで署名欄を。

  1. フォームで、署名欄を挿入する場所にカーソルを検索する] をクリックします。

  2. リボンの [ホーム] タブの [コントロール] グループで [署名欄] をクリックします。

  3. 署名欄をクリックして選び、右クリックします。ショートカット メニューの [署名欄のプロパティ] をクリックします。

  4. [署名欄のプロパティ] ダイアログ ボックスの [全般] で、次の 4 つのフィールドに必要な情報を入力します。必要がなければ、すべて省略してもかまいません。

    • 署名者が署名の前に表示されるメッセージ   
      署名者の便利なや必要な情報。
      (いない完成した署名に表示されます)。

    • 署名者の名前   
      (完成した署名に表示されます)。

    • 署名者の役職   
      (完成した署名に表示されます)。

    • 署名者の電子メール アドレス   
      (いない完成した署名に表示されます)。
      [署名] プロパティ

  5. [サイズ] タブと [詳細設定] タブで、必要に応じて調整します。

  6. [OK] をクリックします。

削除InfoPathで署名欄をします。

  • コントロールをクリックして選び、Del キーを押します。

関連情報

新しいワークフローをテストする準備ができたら、この記事の開始セグメントに進みます。

ワークフロー タスクを完了している場合は、移動 (または戻ります) この記事の完全セグメントにします。

署名の収集ワークフローの開始

署名プロセスに関する注意事項: 文書にすべての変更を行う必要があります:すべての挿入や削除署名欄を含む-最初の参加者が署名欄に署名を追加する前にします。(詳細については、この記事の計画セグメントを参照してください)。

また、だれにワークフローがあるタスクを割り当てるユーザーが、署名を追加して、タスク フォームを実行する方法を理解していることを確認してください。役に立つ完了セグメントでは、この記事。

ワークフローを開始する 2 つの方法    ワークフローは手動のみ、自動のみ、またはその両方で開始するように設定できます。

  • 必要な権限を持つすべてのユーザーはいつでも手動で開始できます。

  • 自動的に指定したトリガーとなるイベントが発生するたびに、つまり、ドキュメントをリストに追加するときに、またはライブラリリスト内にあるドキュメントがどのような方法で変更します。
    (きっかけのイベントまたはイベントが指定されて、関連付けフォームの最初のページで、元を追加して、ワークフローの構成の中に。詳細については、参照、この記事の計画セグメント)。

ワークフローをできる '現在チェック アウトされているすべてのドキュメントt開始します。(ドキュメントをチェックして、で、ワークフローが開始されてアウトできますが、後、チェック アウトされている、さらにワークフローが開始されるなしでは、そのドキュメントがチェックインされるまでには、もう一度)。

ワークフローが自動的に開始されるように構成されている場合は、きっかけとなるイベントが発生するたびに、きっかけとなったドキュメントに対してワークフローが実行されます。

ワークフローが開始されると、最初のタスクが割り当てられ、タスク通知が各割り当て先に送信されます。また、開始通知 (タスク通知とは異なります) が、ワークフローを最初に追加したユーザーと、関連付けフォームの 2 ページ目にある [CC] フィールドに一覧表示されているユーザーに送信されます。

きっかけとなるアクションによってワークフローが開始される前に、必要な署名がドキュメントに作られていない場合は、最初の署名をドキュメントに追加する前に、署名欄をそのドキュメントに追加する必要があります。

権限に関するメモ   通常は、ワークフローを開始するアイテムの編集権限が必要です。(既定で、[メンバー] グループとは、所有者グループには、このアクセス許可を持って両方が、閲覧者グループは使用できません。ただし、所有者こともできます、ワークフローのワークフローで単位でワークフローを開始したユーザーのリストの管理権限を要求します。このオプションを選択するには、所有者基本的に指定できます、およびその他の所有者のみが特定のワークフローを開始できます。詳細については、セグメントをご覧ください方法を確認してこの記事の。)

ワークフローを開始する場所

次のいずれかの場所からワークフローを手動で開始できます。

  • リストまたはライブラリからドキュメントが保存されています。

  • から、文書内、作成元の Microsoft Office プログラムで開かれています。(このする必要があります、完全にインストールされているプログラムや web アプリケーション バージョンではありませんに注意してください)。

このセグメントの残りの 2 つのセクションでは、両方の方法の手順を説明します。

  1. 必要な署名欄をドキュメントにすべて追加するか、ワークフローの参加者が署名欄に署名を追加する前に、ドキュメント内にすべての署名欄が存在していることを参加者に確認してもらいます。

  2. ワークフローの実行対象となるドキュメントが保存されているリストまたはライブラリに移動します。

  3. アイコンをクリックして前面項目の項目を選択し、[、リボンの [ファイル] タブで、[ ワークフロー ] グループ] をクリックしてワークフローします。

  4. [ワークフロー:ドキュメント] ページで [新しいワークフローの開始を、[ワークフローを実行する] をクリックします。
    ワークフロー開始のリンク

  5. 開始フォームで、このワークフローの特定のインスタンスに適用する変更を行います。

    注: 開始フォームで、ここでは、行った変更は、ワークフローの現在のインスタンスの中に使用のみです。ワークフローが実行されるたびに適用される変更を加える場合は、またはしないこのフォームに表示されるワークフローの設定を変更する場合は、この記事の変更セグメントを参照してください。

オプションが強調された関連付けフォームの 2 番目のページ

吹き出し番号 1

割り当て先

ワークフローでタスクを割り当てるユーザーのリストに変更を加えます。

  • タスクを 1 つずつ割り当てる場合   
    タスクを割り当てる順に名前またはアドレスを入力します。

  • すべてのタスクを同時に割り当てる場合   
    名前やアドレスの順序を考慮する必要はありません。

  • グループまたは配布リストを含める場合   
    グループ タスクを割り当てる: グループのメンバーがタスク通知を受信しますが、メンバーが1 つだけを要求して、タスクを完了する必要があります。グループのタスクを引き受けて実行方法については、この記事の完全セグメントをご覧ください。

吹き出し番号 2

順序

各セグメントでタスクを 1 つずつ割り当てる (順次) か、すべて同時に割り当てる (並列) かの指定が、意図したとおりであることを確認します。

順次ステージと並列ステージの使用の詳細については、この記事の計画セグメントをご覧ください。

吹き出し番号 3

新しいステージの追加

現在構成されているステージ以外に必要なステージを追加します。

  • ステージ全体を削除するには、そのステージの [割り当て先] フィールドをクリックし、Ctrl キーを押しながら Del キーを押します。

複数のステージの使用の詳細については、この記事の計画セグメントをご覧ください。

吹き出し番号 4

CC

必要に応じて追加または削除を行います。次の点にご注意ください。

  • フィールドの名前を入力は 'ワークフロー タスクの割り当て、その結果

  • ワークフローが手動で開始された場合は、このフィールドに指定されていなくても、ワークフローを開始したユーザーは開始通知と終了通知を受け取ります。

  • ワークフローが自動的に開始された場合は、このフィールドに指定されていなくても、ワークフローを最初に追加したユーザーは開始通知と終了通知を受け取ります。

  1. 開始フォームの必要な設定がすべて完了したら、[開始] をクリックしてワークフローを開始します。

ワークフローで最初のタスクが割り当てられ、開始通知が自分と開始フォームの [CC] フィールドに一覧表示されているユーザーに送信されます。

  1. 必要な署名欄をドキュメントにすべて追加するか、ワークフローの参加者が署名欄に署名を追加する前に、ドキュメント内にすべての署名欄が存在していることを参加者に確認してもらいます。

  2. コンピューターにインストールされている Office プログラムでドキュメントを開きます。

    注: ドキュメントをweb アプリケーションバージョンの Microsoft Office プログラムで開いているときに使用このメソッドことはできません。お使いのコンピューター上のプログラムの完全なインストールされているバージョンで開く必要があります。

  3. 開いたドキュメントで、[ファイル] タブをクリックし、[保存と送信] をクリックします。次に、ドキュメントで実行するワークフローをクリックします。

  4. ワークフローで、ファイルをチェックインする必要があることを示す次のメッセージが表示された場合は、[チェックイン] をクリックします
    (このメッセージが表示されない場合は、手順 5 に進みます)。

  5. 大きな [ワークフローの開始] をクリックします。

  6. [ワークフローの変更] ページの開始フォームで、このワークフローの特定のインスタンスに適用する変更を指定します。

    注: 開始フォームで、ここでは、行った変更は、ワークフローの現在のインスタンスの中に使用のみです。ワークフローが実行されるたびに適用される変更を加える場合は、またはしないこのフォームに表示されるワークフローの設定を変更する場合は、この記事の変更セグメントを参照してください。

オプションが強調された関連付けフォームの 2 番目のページ

吹き出し番号 1

割り当て先

ワークフローでタスクを割り当てるユーザーのリストに変更を加えます。

  • タスクを 1 つずつ割り当てる場合   
    タスクを割り当てる順に名前またはアドレスを入力します。

  • すべてのタスクを同時に割り当てる場合   
    名前やアドレスの順序を考慮する必要はありません。

  • グループまたは配布リストを含める場合   
    グループ タスクを割り当てる: グループのメンバーがタスク通知を受信しますが、メンバーが1 つだけを要求して、タスクを完了する必要があります。グループのタスクを引き受けて実行方法については、この記事の完全セグメントをご覧ください。

吹き出し番号 2

順序

各セグメントでタスクを 1 つずつ割り当てる (順次) か、すべて同時に割り当てる (並列) かの指定が、意図したとおりであることを確認します。

順次ステージと並列ステージの使用の詳細については、この記事の計画セグメントをご覧ください。

吹き出し番号 3

新しいステージの追加

現在構成されているステージ以外に必要なステージを追加します。

  • ステージ全体を削除するには、そのステージの [割り当て先] フィールドをクリックし、Ctrl キーを押しながら Del キーを押します。

複数のステージの使用の詳細については、この記事の計画セグメントをご覧ください。

吹き出し番号 4

CC

必要に応じて追加または削除を行います。次の点にご注意ください。

  • フィールドの名前を入力は 'ワークフロー タスクの割り当て、その結果

  • ワークフローが手動で開始された場合は、このフィールドに指定されていなくても、ワークフローを開始したユーザーは開始通知と終了通知を受け取ります。

  • ワークフローが自動的に開始された場合は、このフィールドに指定されていなくても、ワークフローを最初に追加したユーザーは開始通知と終了通知を受け取ります。

  1. 開始フォームの必要な設定が完了したら、[開始] をクリックしてワークフローを開始します。

ワークフローで最初のタスクが割り当てられ、開始通知が自分と開始フォームの [CC] フィールドに一覧表示されているユーザーに送信されます。

関連情報

  • このワークフローが実行されている 2 回目は、他の参加者場合は情報とサポート割り当てられた作業を完了するためにですか。(が役に立つこの記事の完全セグメント。)

  • また、参加者が電子メール通知を受け取っているかどうか、特に、その通知が迷惑メール フィルターによって誤って処理されていないかどうかを確認することをお勧めします。

  • もちろん、1 つまたは複数のワークフロー タスク自分を完了する必要があります。詳細については、この記事の完全セグメントに進みます。

  • またにどのようにすることができますの管理、ワークフローの現在のインスタンスの進捗状況については、この記事の監視セグメントに移動します。

署名の収集ワークフロー タスクを実行する

署名の収集ワークフローで初めてタスクが割り当てられた場合は、タスクを実行する前に、記事のこのセグメントをすべて参照すると役立ちます。そうすることで、使用できるすべてのオプションについて知ることができます。

注: ワークフロー タスクが自分に割り当てられたことがわかっているにもかかわらず、電子メールの受信トレイに通知メッセージが表示されない場合は、その通知が迷惑メール フィルターによって誤って処理されていないかどうかを確認します。通知が誤って処理されている場合は、フィルターの設定を適切に調整します。

最初に適切な記事を取得したかどうかを確認する

ワークフローの種類によって、必要なタスク アクションも異なります。

したがって、作業を開始する前に、自分に割り当てられたタスクが、別の種類のワークフローのタスクではなく、間違いなく署名の収集ワークフローであることを確認します。

このドキュメントに署名が必要ですが、以下のいずれかのテキストを検索します。

  • タスク通知の [件名
    タスク通知内のテキストを識別します。

  • 閲覧するドキュメントのメッセージ バーの [
    レビューするアイテム内のテキストを識別します。

  • [ワークフローの状態] ページでタスクのタイトル
    [ワークフローの状態] ページで、タスクのタイトル内のテキストを識別します。

作業を開始またはを基にしているワークフロー テンプレートを見つけるには、ワークフローを最初に追加したユーザーに確認して、次の場所にこのドキュメントには、署名が必要です。テキストが表示されない場合、かどうか、カスタム ワークフローします。

ただし、自分のタスクが署名の収集タスクである場合は、このまま読み進めてください。

ワークフローのタスクを割り当てられた場合、通常は、次の 3 つの方法でタスクに関する情報を取得します。

  • 電子メールでタスク通知を受信する。

  • Microsoft Office ドキュメントを開き、関連するタスクが割り当てられたことを通知するメッセージ バーを確認する。

  • SharePoint サイトをチェックし、1 つまたは複数のタスクが自分に割り当てられていることを確認する。

署名の収集ワークフローが自分に割り当てられていることを確認した場合は、次の 2 つの作業を実行します。

  • ドキュメントの閲覧    ドキュメントを開いて閲覧し、署名します (または署名しません)。

  • タスクを実行する    タスク フォームに情報を入力して送信します。

このため、通常、タスクの実行には、次の 3 つのアイテムが関係しています。

  • (電子メールとして受け取る) 通知メッセージ

  • (自分が開いて署名する、または署名しない) 署名用に提出されたドキュメント

  • (自分が開いて情報を入力し、送信する) タスク フォーム

次に、この 3 つのアイテムの例を示します。

注:  タスク通知メッセージのリボンの [このタスクを開く] は、Outlook のフル インストール バージョンでメッセージを開いた場合にだけ表示され、Outlook Web Access Web アプリケーションで開いた場合は表示されません

タスク通知メッセージ、レビューするアイテム、タスク フォーム

注: タスク通知メッセージのリボンの [このタスクを開く] は、Outlook のフル インストール バージョンでメッセージを開いた場合にだけ表示され、Outlook Web Access Web アプリケーションで開いた場合は表示されません

(している場合、タスクに割り当てられていないを個人的には、グループまたは配布リスト全体をメンバーになっている [を要求する必要がありますタスク完了する前にします。詳細についてを参照してください引き受け実行する前に、グループ タスクをこのセグメントで。)

次の手順に従います。

  1. タスク通知メッセージの [このタスクの完了方法] の手順で、ドキュメントへのリンクをクリックします。

  2. 開いたドキュメントで、メッセージ バーの [このタスクを開く] をクリックします。

メール通知メッセージからアイテムとタスクにアクセスする

注:  タスク通知メッセージのリボンの [このタスクを開く] (図の黒い矢印の上) は、Outlook のフル インスト-ル バージョンでメッセージを開いた場合にだけ表示され、Outlook Web Access Web アプリケーションで開いた場合は表示されません

(している場合、タスクに割り当てられていないを個人的には、グループまたは配布リスト全体をメンバーになっている [を要求する必要がありますタスク完了する前にします。詳細についてを参照してください引き受け実行する前に、グループ タスクをこのセグメントで。)

次の手順に従います。

  1. 閲覧するドキュメントが保存されているリストまたはライブラリで、ドキュメントとワークフローに関連付けられている [進行中] リンクをクリックします。

  2. [ワークフローの状態] ページで、タスクのタイトルをクリックします。

  3. タスク フォームのワークフローの適用先を示すメッセージ バーで、ドキュメントへのリンクをクリックします。

リストまたはライブラリからアイテムとタスク フォームにアクセスする

タスクが割り当てられていない場合に個人的には、グループまたは配布リスト全体をメンバーになっている [を要求する必要がありますタスク完了する前にあるに注意してください。詳細については、このセグメントで実行する前に、グループ タスクの引き受け] セクションを参照してください。

また、署名欄が特定のユーザーに対して設定されている場合に、別のユーザーとしてログインしているときに署名すると、不整合を通知するメッセージが署名欄に表示されることがあります。この例では、署名欄は玉原 義弘に対して設定されていましたが、阿藤 由香としてログインしていたユーザーによって署名が追加されました。

署名欄が表示されているさまざまな署名者

次の例では、ドキュメントがWordで作成されています。

次の 3 つのメッセージ バーで確認するには、項目

ドキュメントの上部にある、3 つの黄色のメッセージ バーに注目してください。

最終版としてマークされています。   このメッセージ バーは、その 1 つ以上のユーザーは、署名欄に署名を既に追加します。 が表示されます。

重要:  これ以降、既に用意されている署名欄への署名の追加以外の変更をドキュメントに加えると、既に追加されているすべての署名が削除されるか、無効になります (つまり、この時点では署名欄の挿入や削除は許可されず署名自体の追加だけが許可されるということです)。

署名    [署名の表示] をクリックして、[署名] ウィンドウを開きます。[署名の依頼] の下で、名前の横に表示されている矢印をクリックし、ドロップダウン メニューの [署名] をクリックします。

注記: 

  • [署名の依頼] リストに複数回名前が表示された場合は、署名を追加する署名欄が複数あるということです。これと同じ手順を使って、それぞれの署名を追加します。

  • [署名の依頼] リストに自分の名前が表示されない場合は、ワークフローを開始したユーザーに確認してください。自動的に開始されたワークフローの場合は、最初にワークフローを追加したユーザーに確認してください。

  • InfoPath フォームには [署名] ウィンドウや [署名の依頼] リストはありません。ドキュメントを保存してタスクを完了する前に、すべての署名欄に署名したことを確認します。

[署名] ウィンドウでアイテムを開く

第三者のデジタル署名サービス プロバイダーに関するメッセージが表示されたら、[OK] をクリックして続行します (今後このメッセージを表示しないようにするには、このチェック ボックスをオンにします)。

[署名] ダイアログ ボックスが開きます。

署名] ダイアログ ボックス

ドキュメントに署名するには、大きな X の横のボックスに名前を入力して、[署名] をクリックし、[署名の確認] ダイアログ ボックスの [OK] をクリックします。

[署名の依頼] リストに複数回名前が表示された場合は、署名を追加する署名欄が複数あるということを忘れないでください。これと同じ手順を使って、それぞれの署名を追加します。

ワークフロー タスク   入力し、タスク フォームを送信する準備が整ったら、ワークフロー タスクのメッセージ バーで [このタスクを開く] ボタンをクリックします。

[署名の収集] ワークフローのタスク フォームの表示例を次に示します。

オプションが強調されたタスク フォーム

最初の 2 つのコントロールに注意してください (アイテムの削除このワークフロー タスクが文書のタイトルに適用されます) を署名するドキュメントの中から開いたときに、タスク フォームに表示されません。タスク通知メッセージまたはタスク一覧から [ワークフローの状態] ページから直接タスク フォームを開いたときにのみ表示されます。

吹き出し番号 1

アイテムを削除する

ワークフローの現在のインスタンスからこのタスクを削除するには、このリンクをクリックします。

  • このタスクを削除しても、署名するドキュメントは削除されません。

  • 削除されたタスクは、[ワークフローの状態] ページの [タスク] 領域に表示されなくなります (ただし、削除したことは、このページの [履歴] 領域に記録されます)。

注:  ワークフローのこのインスタンスを開始しなかった場合、タスクを削除する前に、インスタンスを開始したユーザーに確認することをお勧めします。また、インスタンスが自動的に開始された場合は、最初にこのワークフローを追加したユーザーに確認することをお勧めします。  

吹き出し番号 2

このワークフロー タスクは、文書のタイトルに適用します。

署名するドキュメントを開くには、このリンクをクリックします。

吹き出し番号 3

[状態]、[依頼者]、[統合済みコメント]、[期限]

この 4 つのフィールド内のエンティティは編集や変更ができませんが、これらの情報は役に立つことがあります。

[統合済みコメント] ボックスには、ワークフローの同じインスタンスのタスクを既に完了した参加者によって送信されたすべてのコメントが含まれています。

同様に、自分のフォームを送信した後、[コメント] ボックス (4) に入力したテキストは、以降の参加者の [統合済みコメント] ボックスにも表示されます。

吹き出し番号 4

コメント

ここに入力したテキストは [ワークフローの履歴] に記録され、以降の参加者の [統合済みコメント] フィールド (3) にも表示されます。

吹き出し番号 5

サインイン

ドキュメントに署名し、提供するフィードバックを [コメント] フィールドに入力したら、このボタンをクリックしてフォームを送信し、タスクを完了します。

吹き出し番号 6

キャンセル

変更や応答を保存せずにフォームを閉じるには、このボタンをクリックします。タスクは未完了状態で、対象ユーザーに割り当てられたままになります。

吹き出し番号 7

タスクの再割り当て

このタスクを別のユーザーに割り当てるには、このボタンをクリックします。

再割り当ての詳細を入力するページの図と、詳細な手順については、他のユーザーにタスクを再割り当て、このセグメントのセクション 7 に移動します。

注:  このオプションは、特定のワークフロー タスクではオフにできます。

グループ全体に 1 つのタスクが割り当てられている場合、そのグループの任意のメンバーが、グループ全体を代表して、そのタスクを引き受けて実行することができます。

ドキュメントを開いて署名する前に、タスクを引き受けます。ユーザーがタスクを引き受けると、タスクはそのユーザーに直ちに割り当てられ、グループの他のメンバーがそのタスクを実行することはできなくなります (このように、必要な作業を実行するのは、1 人だけです)。

  1. [ワークフローの状態] ページで、グループに割り当てられているタスクの名前をポイントして、矢印を表示します。

  2. 矢印をクリックし、[アイテムの編集] をクリックし、タスク フォームで [タスクの引き受け] ボタンをクリックします。
    グループ タスクを要求する方法

[ワークフローの状態] ページが更新されると、そのタスクはグループではなく、特定のユーザーに割り当てられていることが確認できます。

後になって、タスクを完了せずに、もう一度グループに解放する場合は、同じ手順を使ってタスク フォームに戻り、[タスクの解除] ボタンをクリックします。

[タスク] フォームの [タスクの解除] ボタン

特定のユーザーに割り当てられていたワークフロー タスクを別のユーザーが実行する場合は、[ワークフロー タスク] フォームの [タスクの再割り当て] ボタンをクリックします。

次のフォームが表示されます。

[タスクの再割り当て] フォーム

吹き出し番号 1

タスクを再割り当てください。

このタスクを割り当てるユーザーの名前またはアドレスを入力します。

ワークフローを開始したユーザー、またはそのワークフローを最初に追加したユーザー (ワークフローが自動的に開始された場合) にこのタスクを割り当てるには、このフィールドを空白のままにします。

吹き出し番号 2

新しい依頼

タスクを完了するために必要な情報を、タスクが割り当てられているユーザーに提供します (ここに入力するテキストは [統合済みコメント] 領域に追加されます)。

吹き出し番号 3

新しい期間

次の操作のいずれかを行います。

  • に既存の期限   このフィールドは空白のままにします。

  • 期限を完全に削除するには   数値0を入力します。

  • 新しい期限を指定するのには日付   ここに番号を入力し、次のフィールドに、期間の単位を指定します。組み合わせるには、2 つのエントリは、変更は、仕事の前に、期間を特定します。

既定では、署名の収集タスクに期限やタスク期間は割り当てられないという点に注意してください。

吹き出し番号 4

新しい期間の単位

新しいタスクの期間を指定する場合は、このフィールドと [新しい期間] フィールドを組み合わせて使用して、タスクが完了するまでの期間を指定します (たとえば、3 日間1 か月間2 週間など)。

フォームの入力が完了したら、[送信] をクリックします。タスクに完了マークが付けられ、新しいタスクがそのタスクの担当ユーザーに割り当てられて、タスク通知が送信されます。

入力された新しい情報は、新しいタスク通知 (次の図の番号 1) の委任者を示すテキストに表示されます。

再割り当てされたタスクのタスク通知

また、次に示すように、これらのすべての変更は追跡され、[ワークフローの状態] ページの [タスク] セクションと [履歴] セクションに表示されます。

再割り当てされたタスクのワークフローの状態ページのタスク領域と履歴領域

実行中の "署名の収集" ワークフローを監視、調整、または終了する

実行中のワークフローの監視、調整、または終了を集中管理できるのは、ワークフローのインスタンスの [ワークフローの状態] ページです。

最初に、このページを表示する方法を説明し、次に、このページにあるオプションと情報の使い方について説明します。最後に、監視に関する追加情報を得られる他の 2 つのページについて説明します。

アイテムが置かれているリストまたはライブラリで、目的のアイテムとワークフローの [進行中] リンクをクリックします。

この例では、アイテムは "基調講演の下書き" という名前のドキュメントで、ワークフローは "承認 3" です。

ワークフローの状態リンクをクリックする

[ワークフローの状態] ページが開きます。

  • リストまたはライブラリに多くのアイテムが含まれている場合は、並べ替え機能やフィルタリング機能を使って、目的のアイテムをすばやく見つけることができます。同じような並べ替えやフィルター処理を繰り返し実行している場合は、特定の調整を自動化するカスタム ビューを作成すると便利です。

  • [ワークフローの状態] ページを表示するには、関心がある特定のインスタンスの "開始されました" 電子メール通知の [このワークフローの状態の表示] リンク、または "完了しました" 電子メール通知の [ワークフローの履歴の表示] リンクをクリックすることもできます。

[ワークフローの状態] ページでは、各セクションの図の下に、監視に関する質問とその回答が表示されます。

[ワークフロー情報] セクション

[ワークフローの状態] ページの [ワークフロー情報] セクション

質問:

  • ワークフローのこのインスタンスを開始したのはだれですか。

  • このインスタンスはいつ開始されましたか。

  • このインスタンスで最後のアクションはいつ実行されましたか。

  • このインスタンスはどのアイテムに対して実行されていますか。

  • このインスタンスの現在の状態は何ですか。

[タスク] セクション

ワークフローの状態ページのタスク領域

質問:

  • 既に作成されて割り当てられたタスクはどれですか。また現在の状態は何ですか。

  • 既に完了したタスクはどれですか。またその各タスクの結果は何ですか。

  • 既に作成されて割り当てられた各タスクの期限はいつですか (既定では、署名の収集タスクに期限やタスク期間は割り当てられないという点に注意してください)。

削除されたタスクとまだ割り当てられていないタスクは、このセクションには表示されません

[ワークフローの履歴] セクション

[ワークフローの状態] ページの [ワークフロー履歴] セクション

質問:

  • ワークフローのこのインスタンスで、既に発生したイベントは何ですか。

  • 期限の過ぎたタスクと期限の過ぎたタスク通知はこの領域に表示されないことにご注意ください。

ワークフロー インスタンスが正常に完了する前に、実行中のワークフロー インスタンスを終了する方法が 2 つあります。

  • ワークフローを取り消す    すべてのタスクは取り消されますが、[ワークフローの状態] ページの [タスク] 領域に保持されます。

  • このワークフローを終了する    すべてのタスクが取り消され、[ワークフローの状態] ページの [タスク] 領域から削除されます。(ただし、これらのタスクは、[ワークフロー履歴] 領域には反映されます)。

2 つの方法の手順は次のとおりです。

取り消し (すべてのタスクが取り消されますが、タスク リストと履歴の両方に保存されます)

ワークフローの現在のインスタンスが不要になった場合は、そのインタンスを取り消せます。

既定では、ワークフローのこのインスタンスを開始したユーザー、またはリストの管理権限を持っているユーザーが、この手順を実行できます (既定では、所有者グループにはリストの管理権限が割り当てられていますが、メンバー グループと閲覧者グループには割り当てられていません)。

  • [ワークフローの状態] ページで、[ワークフロー ビジュアライゼーション] のすぐ下の領域にある、[すべての署名の収集タスクを取り消し] リンクをクリックします。

現在のすべてのタスクが取り消され、ワークフローは取り消しの状態で終了します。取り消されたタスクは、まだ [タスク] 領域と [ワークフローの履歴] 領域の両方に表示されます。

終了 (すべてのタスクが [タスク] リストから削除されますが、履歴には残ります)

エラーが発生した場合や、ワークフローが停止して応答しない場合は、そのワークフローを終了できます。

既定では、この手順はリストの管理権限を持っているユーザーだけが実行できます (既定では、所有者グループにはリストの管理権限が割り当てられていますが、メンバー グループと閲覧者グループには割り当てられていません)。

  • [ワークフローの状態] ページで、[ワークフロー ビジュアライゼーション] のすぐ下の領域にある、[このワークフローを終了します] リンクをクリックします。

ワークフローで作成されたすべてのタスクは取り消さし、ワークフローの履歴] 領域で、反映しているもいる場合は、[ワークフローの状態] ページで、[タスク] 領域から削除します。ステータスが [キャンセル]で、ワークフローを終了します。

アイテムの [ワークフロー] ページには、そのアイテムで現在実行されているワークフローのリストが表示されます。

  1. アイテムが保存されているリストまたはライブラリに移動します。

  2. アイテムの名前をポイントして、表示される矢印をクリックし、ドロップダウン メニューで [ワークフロー] をクリックします。

  3. [ワークフロー] の [アイテム名] ページの [実行中のワークフロー] に、そのアイテムで現在実行されているインスタンスのリストが表示されます。

注:  1 つのワークフロー バージョンの複数のインスタンスは同じアイテムで同時に実行できないことに注意してください。 たとえば、"署名の収集" テンプレートに基づく 2 つのワークフローを追加したとします。1 つの名前は "計画についてのフィードバック" で、もう 1 つの名前は "予算についてのフィードバック" です。1 つのアイテムで、同時に "計画についてのフィードバック" と "予算についてのフィードバック" のそれぞれのインスタンスを実行できますが、どちらのワークフローでも 2 つのインスタンスを同時に実行することはできません。

サイト コレクション管理者は以下をひとめで確認できます。

  • サイト コレクションに現在存在する各ワークフロー テンプレートに基づくワークフローの数。

  • 各ワークフローのテンプレート自体が、サイト コレクションで現在アクティブかアクティブでないか。

  • サイト コレクションで現在実行中の各ワークフロー テンプレートに基づくワークフロー バージョンのインスタンスの数。

この方法を次に説明します。

  1. サイト コレクションのホーム ページを開きます (コレクションのサイトやサブサイトのホーム ページではありません)。

  2. 設定アイコン sharepoint online のパブリック web サイトの設定ボタン をクリックし、[サイトの設定] をクリックします。
    サイトの設定] ページで、[サイトの管理] で [ワークフロー] をクリックします。
    サイトの管理] の下のワークフローのリンク

[ワークフロー] ページが開き、情報が表示されます。

関連情報

初めてこのワークフローのバージョンが実行している場合は、この記事の校閲セグメントのインスタンスのイベントを表示し、検出して中のワークフロー機能が必要かどうかの手順を使用する可能性があります。

"署名の収集" ワークフローの結果を確認してレポートを作成する

ワークフロー インスタンスが完了したら、履歴に記録されたイベントを確認できます (任意のインスタンスの記録に、完了後 60 日間アクセスできます)。

重要:  ワークフローの履歴は、非公式な参照のみを目的としています。正式な監査などで法的な証拠として使用することはできません

複数のインスタンスにわたる、ワークフローの全体的なパフォーマンスに関するレポートを実行することもできます。

アイテムがまだ同じリストまたはライブラリにあり、その後に同じアイテムに対して同じワークフローが実行されていなければ、リストまたはライブラリから最新のインスタンスの履歴にアクセスできます。

任意のアイテムに対して実行されたワークフローの最新のインスタンスの [ワークフローの状態] ページを表示するには、次の操作を行います。

  • アイテムが置かれているリストまたはライブラリで、目的のアイテムおよびワークフローの状態のリンクをクリックします。

この例では、アイテムは "基調講演の下書き" というタイトルのドキュメントで、ワークフローは "新しいドキュメントの承認" です。

ワークフローの状態リンクをクリックする

[ワークフローの状態] ページの一番下の方に、[ワークフローの履歴] セクションがあります。

[ワークフローの状態] ページの [ワークフロー履歴] セクション

同じアイテムに対して同じワークフローを再び実行したにインスタンスの履歴を確認することもできます。

リストまたはライブラリか、ワークフロー完了通知から、最長 60 日間、履歴を確認できます (SharePoint 製品では、ワークフローのタスクの履歴が 60 日間保持されます)。

リストまたはライブラリから確認する場合

  1. アイテムが保存されているリストまたはライブラリに移動します。

  2. アイテム名の前にあるアイコンをクリックしてアイテムを選び、リボンの [ファイル] タブの [ワークフロー] グループで [ワークフロー] をクリックします。

  3. [ワークフロー: アイテムの名前] ページの [完了したワークフロー] で、確認するワークフロー インスタンスの名前または状態をクリックします。
    アイテムのワークフロー ページの完了ワークフローの一覧
    そのインスタンスの [ワークフローの状態] ページが開きます。

ワークフロー完了通知から確認する場合

  • 確認するインスタンスのワークフロー完了通知を開き、[ワークフローの履歴の表示] リンクをクリックします。

ワークフローの完了通知。履歴リンクが強調されています。
そのインスタンスの [ワークフローの状態] ページが開きます。

すべての完了通知を保持するために Outlook ルールを作成することがあります。ルールの設定をコピー、独自の個別のフォルダーには、[件名完了テキストがあるすべての受信メッセージ。(ことを確認する、Outlook ルールコピーメッセージを受信し、[移動しないも表示されません受信トレイの。)

特定のワークフロー バージョンの全般的なパフォーマンス (複数のインスタンスにわたる長期的なパフォーマンス) を調べるには、次の 2 つの定義済みレポートのいずれかまたは両方を作成します。

  • アクティビティ継続期間レポート    このレポートは、ワークフローの各アクティビティの平均所要時間や、ワークフロー全体 (ワークフローのインスタンス) の所要時間を調べる場合に使います。

  • 取り消しとエラー レポート    このレポートは、ワークフローの完了前に取り消しやエラーが頻繁に発生していないかどうかを調べる場合に使います。

ワークフローに関連付けられているレポートを作成する

  1. リストまたはライブラリのそのワークフローの [状態] 列で、状態情報のリンクをクリックします。
    ワークフローの状態をクリックする

  2. [ワークフローの状態] ページの [ワークフローの履歴] で、[ワークフロー レポートの表示] をクリックします。
    [ワークフローの履歴] セクションの [ワークフロー レポートの表示] リンクをクリックする

  3. レポートを表示するワークフローを見つけて、表示するレポートの名前をクリックします。
    アクティビティ継続期間レポートのリンクをクリックする

  4. [ユーザー設定] ページで、レポート ファイルの保存場所を確認し、必要に応じて変更して、[OK] をクリックします。
    ファイルの保存場所を確認して [OK] をクリックする
    レポートが作成されて、指定した場所に保存されます。

  5. レポートが完成したら、次の図に示すリンクをクリックして表示できます。表示しない場合は、[OK] をクリックしてダイアログ ボックスを閉じます (レポートは、前の手順で指定した場所に保存されているため、後からいつでも表示できます)。
    リンクをクリックしてレポートを表示する

関連情報

ワークフローが目的どおりに機能している場合は、そのワークフローを使い始めることができます。

についての動作を変更するものがある場合は、この記事の変更セグメントを参照してください。

ワークフローのパフォーマンス レポートを作成します。

特定のワークフロー バージョンの全般的なパフォーマンス (複数のインスタンスにわたる長期的なパフォーマンス) を調べるには、次の 2 つの定義済みレポートのいずれかまたは両方を作成します。

  • アクティビティ継続期間レポート    このレポートは、ワークフローの各アクティビティの平均所要時間や、ワークフロー全体 (ワークフローのインスタンス) の所要時間を調べる場合に使います。

  • 取り消しとエラー レポート    このレポートは、ワークフローの完了前に取り消しやエラーが頻繁に発生していないかどうかを調べる場合に使います。

ワークフローに関連付けられているレポートを作成する

  1. リストまたはライブラリのそのワークフローの [状態] 列で、状態情報のリンクをクリックします。
    ワークフローの状態をクリックする

  2. [ワークフローの状態] ページの [ワークフローの履歴] で、[ワークフロー レポートの表示] をクリックします。
    [ワークフローの履歴] セクションの [ワークフロー レポートの表示] リンクをクリックする

  3. レポートを表示するワークフローを見つけて、表示するレポートの名前をクリックします。
    アクティビティ継続期間レポートのリンクをクリックする

  4. [ユーザー設定] ページで、レポート ファイルの保存場所を確認し、必要に応じて変更して、[OK] をクリックします。
    ファイルの保存場所を確認して [OK] をクリックする
    レポートが作成されて、指定した場所に保存されます。

  5. レポートが完成したら、次の図に示すリンクをクリックして表示できます。表示しない場合は、[OK] をクリックしてダイアログ ボックスを閉じます (レポートは、前の手順で指定した場所に保存されているため、後からいつでも表示できます)。
    リンクをクリックしてレポートを表示する

関連情報

ワークフローが目的どおりに機能している場合は、そのワークフローを使い始めることができます。

についての動作を変更するものがある場合は、この記事の変更セグメントを参照してください。

"署名の収集" ワークフローを変更、無効化、または削除する

新しい "署名の収集" ワークフローの最初のインスタンスを実行し、その結果を確認した後に、ワークフローの設定の変更が必要になる場合があります。

また、ワークフローを使っているうちに、設定のさらなる変更が必要になる場合もあります。

さらに、ワークフローを (削除せずに) 短期的または長期的に無効にしたり、完全に削除したりする場合もあります。

既存のワークフローの設定に永続的な変更を加えるには、最初にそのワークフローを追加するために使用した関連付けフォームを開いて編集します。

1 つのリストまたはライブラリでのみ実行されるワークフローの場合

  1. ワークフローを実行するリストまたはライブラリを開きます。

  2. リボンの [リスト] タブまたは [ライブラリ] タブをクリックします。

    注: タブの名前はリストまたはライブラリのタイプに応じて異なる場合があります。たとえば、予定表リストの場合は、[予定表] タブになります。

  3. [設定] グループで [ワークフロー設定] をクリックします。

  4. [ワークフロー設定] ページの [ワークフロー名 (クリックして設定変更)] で、設定を変更するワークフローの名前をクリックします。

    注:  目的の "署名の収集" ワークフローが一覧に表示されない場合は、そのワークフローが特定のコンテンツ タイプに関連付けられている可能性があります。この一覧に表示されるワークフローは、一覧のすぐ上にある [この種類のワークフローの関連付けを表示します] コントロールによって制御されます (図を参照)。このドロップダウン メニューに表示されるコンテンツ タイプを、目的のワークフローが表示されるまで 1 つずつクリックしていきます。目的のワークフローが一覧に表示されたら、ワークフローの名前をクリックします。

  5. 最初にワークフローを追加するために使用したのと同じ 2 ページの関連付けフォームで、必要な変更を加えて変更を保存します。

    フィールドと、関連付けフォームでコントロールの詳細については、計画セグメントと、この記事の該当する追加セグメント (リスト/ライブラリまたはサイト コレクション) を参照してください。

サイト コレクションのすべてのリストとライブラリで実行されるワークフローの場合

  1. サイト コレクションのホーム ページを開きます (コレクションのサイトやサブサイトのホーム ページではありません)。

  2. 設定アイコン sharepoint online のパブリック web サイトの設定ボタン をクリックし、[サイトの設定] をクリックします。

[サイトの設定] ページで、[ギャラリー] の [サイト コンテンツ タイプ] をクリックします。
サイト コンテンツは、[ギャラリー] でリンクを入力します。

  1. [サイト コンテンツ タイプ] ページで、ワークフローを実行するサイト コンテンツ タイプの名前をクリックします。
    ドキュメント コンテンツ タイプ。タイプが強調されています。

  2. 選択したコンテンツタイプのページで、[設定] [ワークフロー設定] をクリックします。
    [設定] セクションの [ワークフロー設定]

  3. [ワークフロー設定] ページの [ワークフロー名 (クリックして設定変更)] で、設定を変更するワークフローの名前をクリックします。

  4. 最初にワークフローを追加するために使用したのと同じ 2 ページの関連付けフォームで、必要な変更を加えて変更を保存します。

    フィールドと、関連付けフォームでコントロールの詳細については、計画セグメントと、この記事の該当する追加セグメント (リスト/ライブラリまたはサイト コレクション) を参照してください。

1 つのリストまたはライブラリでのみ実行されるワークフローの場合

  1. ワークフローを実行するリストまたはライブラリを開きます。

  2. リボンの [リスト] タブまたは [ライブラリ] タブをクリックします。

    タブの名前はリストまたはライブラリのタイプに応じて異なる場合があります。たとえば、予定表リストの場合は、[予定表] タブになります。

  3. [設定] グループで [ワークフロー設定] をクリックします。

  4. [ワークフロー設定] ページで、[ワークフローの削除] リンクをクリックします。

  5. [ワークフローの削除] ページのフォームを使って、ワークフローを無効にするか、再び有効にするか、または削除します。
    ワークフローの削除ページのフォーム

このフォームには次の 5 つの列があります。

  • ワークフロー    ワークフローの名前。

  • インスタンス    現在アイテムで実行されているワークフローのインスタンスの数。

  • 許可    ワークフローを有効にするオプション。ワークフローは通常どおりに動作し続けます。

  • 新しいインスタンスの開始を許可しない    新しいインスタンスを実行できないようにしてワークフローを無効にするオプション。現在実行されているインスタンスは完了するまで続行できます (この操作は元に戻すことができます。後でワークフローを再び有効にするには、このページに戻って [許可] を選びます)。

  • 削除します。   リストまたはライブラリからワークフローをすべて削除するオプション。実行中のすべてのインスタンスが即座に終了] と、そのワークフローの列がリストまたはライブラリのページに表示されなくなります。(この操作は 't元に戻すことです)。

  1. サイト コレクションのホーム ページを開きます (コレクションのサイトやサブサイトのホーム ページではありません)。

  2. [設定] sharepoint online のパブリック web サイトの設定ボタン をクリックして、[サイトの設定] をクリックします。

    SharePoint Onlineで sharepoint online のパブリック web サイトの設定ボタン設定] をクリックし、[サイト コンテンツ] をクリックし、[サイトの設定] をクリックします。

  3. [サイトの設定] ページで、[ Web デザイナー ギャラリー] の [サイト コンテンツ タイプ] をクリックします。
    サイト コンテンツは、[ギャラリー] でリンクを入力します。

  4. [サイト コンテンツ タイプ] ページで、ワークフローを実行するサイト コンテンツ タイプの名前をクリックします。
    ドキュメント コンテンツ タイプ。タイプが強調されています。

  5. 選択したコンテンツ タイプのページで [の設定] [ワークフロー設定] をクリックします。

  6. [ワークフロー設定] ページで、[ワークフローの削除] リンクをクリックします。

  7. [ワークフローの削除] ページのフォームを使って、ワークフローを無効にするか、再び有効にするか、または削除します。
    ワークフローの削除ページのフォーム

関連情報

変更を加えた場合は、ワークフローのテスト インスタンスを実行して、変更内容が反映されているかどうかを確認します。

  • ワークフロー    ワークフローの名前。

  • インスタンス    現在アイテムで実行されているワークフローのインスタンスの数。

  • 許可    ワークフローを有効にするオプション。ワークフローは通常どおりに動作し続けます。

  • 新しいインスタンスの開始を許可しない    新しいインスタンスを実行できないようにしてワークフローを無効にするオプション。現在実行されているインスタンスは完了するまで続行できます (この操作は元に戻すことができます。後でワークフローを再び有効にするには、このページに戻って [許可] を選びます)。

  • 削除します。   完全ワークフローをサイト コレクションから削除するオプション。実行中のすべてのインスタンスが即座に終了] と、そのワークフローの列がリストまたはライブラリのページに表示されなくなります。(この操作は、n't元に戻すことです。)

SharePoint 製品に含まれているワークフローは、この他にもさまざまな方法でカスタマイズできます。

カスタム ワークフローを一から作成することもできます。

次のいずれかまたはすべてのプログラムを使用できます。

  • SharePoint Designer 2013    ワークフローのフォーム、アクション、動作をカスタマイズします。

  • Microsoft Visual Studio    独自のワークフロー アクションを作成します。

詳しくは、Microsoft Software Developer Network (MSDN) のヘルプをご覧ください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×