罫線で文書または図を装飾する

罫線で文書または図を装飾する

罫線を使用すると、ドキュメントやメール メッセージのさまざまな部分を面白く加工したり、強調表示したりできます。ページ、テキスト、表や表内のセル、グラフィック オブジェクト、画像に罫線を追加することができます。

実行する操作を指定してください。

ページが文書またはセクションの最初にある場合は 1 つのページのみを罫線で囲むことができます。ページが文書の中間にある場合は、最初にセクション区切りを挿入します

  1. [デザイン] タブで [ページ罫線] を選択します。

    [ページ罫線] ボタン

  2. [線種とページ罫線と網かけの設定] ダイアログ ボックスで罫線をデザインします。

    1. [設定] で、必要な罫線のスタイルを選択します。

    2. [スタイル] で、目的の線のスタイルを選択します。

    3. [] の一覧で、罫線の色を選択します。

    4. [] の一覧で、目的の線の幅を選択します。

    5. 代わりにクリップ アートの罫線を使用する場合は、[アート] の一覧で罫線のグラフィックを選択します。

      ページ罫線のオプションを設定する

  3. [設定対象] の一覧で、[このセクション - 1 ページ目のみ] を選択します。

    罫線を表示するページを選択するための一覧

    ヒント: この設定は、文書の最初のページに罫線を追加する場合にも適用されます。

  4. [プレビュー] ウィンドウで、削除する罫線をクリックします。

    ページの罫線を表示したプレビュー ボックス

    ヒント: ページに表示する罫線を変更するには、[オプション] を選択して、余白の設定を調整します。

ページ罫線をドキュメントに追加した場合、ページ罫線の設定を [罫線なし] に変更すると罫線を削除できます。

  1. [デザイン] タブで [ページ罫線] を選択します。

    [ページ罫線] ボタン

  2. [線種とページ罫線と網かけの設定] ダイアログ ボックスの [設定対象] の一覧で、罫線を削除する 1 つまたは複数のページを選択します。

  3. [設定] で [罫線なし] を選択します。

    ページ罫線の設定ダイアログ ボックス

[罫線スタイル] ギャラリーを使用して、表に罫線を追加することができます。

  1. 表内をクリックし、[表の移動ハンドル] をクリックして表を選択します。

    表移動ハンドルが表示された表

    注記: 

    • [表ツール] の [デザイン] タブが表示されます。

    • 表ツールを見つける

  2. [罫線] グループの [罫線スタイル] の一覧で、罫線のテーマを選択します。

    表の罫線スタイル

  3. [罫線] の一覧で、罫線を追加する場所を選択します。

    表の罫線の場所

    ヒント: 表内にある一部の罫線を変更または追加するには、[罫線の書式設定] を選択して、表内で変更または追加する各罫線をクリックします。Word により、既に選択された罫線スタイルが適用されるため、最初に表を選択する必要はありません。

    [罫線の書式設定] コマンド

ドキュメントに表を追加すると、表全体の周囲とその内部のすべてのセルに黒い実線の罫線が表示されます。この表に他の罫線を追加している場合でも、その罫線のすべてや一部を削除できます。

  1. 表内をクリックすると、[表の移動ハンドル] 4 方向の矢印型のハンドル が左上隅に表示されます。

  2. [表ツール デザイン] タブで [罫線] を選択します。

    [表ツール] の [罫線]

  3. [罫線なし] をクリックします。

    文字列から罫線を削除する

  1. マウスをドラッグして、削除したい罫線のあるセルを選びます。

  2. [表ツール デザイン] タブで、[罫線] を選び、選択範囲を決定します。

    表の罫線の場所

  1. 表の内部をクリックします。

  2. [表ツール]、[デザイン]、[線のスタイル]、[罫線なし] をクリックします。カーソルがペイントブラシに変わるので、削除する各罫線に沿ってカーソルをドラッグします。

    罫線のスタイル

ドキュメント内で画像に罫線を追加すると、画像が際立ち、ドキュメントの外観がより洗練された印象になります。罫線をシンプルにするか、あるいは凝ったデザインにするかは、お好み次第です。

[図のスタイル] ギャラリーに、既定のスタイルが多数用意されています。これらのスタイルを使用すると、1 回のクリック操作で、特殊な枠線でも簡単に追加できます。

  1. ご希望の罫線をお選びください。

  2. [図ツール] の [書式] タブの [図のスタイル] ギャラリーで、スタイルを選択します。

    ヒント: 

    • [その他] を選び、ギャラリー内の他のスタイルを表示します。

    • [図のスタイル] ギャラリー

図の罫線をカスタマイズする

罫線をすべてカスタマイズする場合は、色、幅、線種を選択できます。

  1. カスタマイズした罫線を追加する画像をクリックします。

  2. [図ツール] の [書式] タブで、[図の枠線] を選択します。

    [図ツール] の [書式] タブの [図の枠線] コマンド

  3. 色を選択します。

    [図の枠線] オプション

  4. 次のいずれかのオプションを選びます。

    • [太さ] の一覧で、罫線の幅を選択します。

    • [破線] の一覧で、線のスタイルを選択します。

図から罫線を削除する方法は、それが図のスタイルかユーザー設定の飾り枠かによって異なります。

  1. 罫線を削除する図を選択します。

  2. [図ツール] の [書式] タブで、次のいずれかを行います。

    [図ツール] の場所

    • 罫線がアウトラインの場合、[図の枠線] の一覧で、[アウトラインなし] を選択します。

    • 罫線がスタイルで、適用されているスタイルが分かっている場合は、[図の効果] の一覧で、適用されているスタイルの種類を選択し、[(スタイル) なし] をクリックします。たとえば、影を削除する場合は、[図の効果]、[]、[影なし] を選択します。

    • 適用されているスタイルが不明の場合は、図をリセットできます。ただしリセットすると、その他の変更もすべて削除されます。[調整] グループで [リセット] を選択します。

      [図のリセット] コマンド

飾り枠を削除する

  1. 飾り枠を削除する図を選択します。

  2. [図ツール] の [書式] タブで、[図の枠線] の一覧から [アウトラインなし] を選択します。

    図から枠線を削除する

[罫線] を使って文字列に罫線を追加すると、他の文字列と区別したり、強調したりすることができます。罫線は文字列のどの側にも追加でき、四方を囲んでボックスを作ることもできます。

  1. 罫線を追加する文字列にカーソルを置くか、その文字列を選択します。

  2. [ホーム] タブの [段落] グループで、[罫線] の一覧から罫線のオプションを選択します。

    一部の文字列に罫線を追加する

    ボタン

    名前

    機能

    ボタンの画像

    下罫線

    カーソルの現在位置にある段落または表セルの下に、または選択された段落またはセルの下に罫線を作成します。選択された文字列が 1 段落分よりも小さい場合は、選択範囲を囲むボックスが作成されます。

    ボタンの画像

    上罫線

    [下罫線] と同じですが、上に作成されます。

    ボタンの画像

    左罫線

    [下罫線] と同じですが、左に作成されます。

    ボタンの画像

    右罫線

    [下罫線] と同じですが、右に作成されます。

    ボタンの画像

    枠なし

    選択範囲の罫線を削除します。

    ボタンの画像

    格子

    選択された文字列の、各段落を囲むボックスを作成します。文字列が選択されていない場合は、カーソルの現在位置の段落を囲むボックスが自動的に作成されます。[格子] が適用されたテキスト ボックスにキーボードから入力しているときに Enter キーを押すと、新しい段落を囲む新しいボックスが表示されます。

    ボタン イメージ

    外枠

    選択された文字列を囲むボックスを作成します。文字列が選択されていない場合は、カーソルの現在位置の段落を囲むボックスが自動的に作成されます。[外枠] が適用された段落の中でキーボードから入力しているときに Enter キーを押すと、新しい段落も入るようにボックスが拡張します。

    ボタン イメージ

    罫線 (内側)

    選択された段落の間に罫線を作成します。文字列が選択されていない場合や、段落が 1 つだけ選択されている場合は、何も変化しません。[罫線 (内側)] が適用された段落の中でキーボードから入力しているときに Enter キーを押すと、新しい罫線が表示されます。

    ボタンの画像

    横罫線 (内側)

    通常の段落の場合は、[罫線 (内側)] と同じです。表の場合は、行の間に罫線が追加されます。列の間には追加されません。

    ボタンの画像

    縦罫線 (内側)

    表の場合は、列の間に罫線が追加されます。行の間には追加されません。通常の段落の場合は、何も変化しません。

    ボタン イメージ

    斜め罫線 (右下がり)

    表の場合は、各セルの左上と右下を結ぶ対角線が表示されます。通常の段落の場合は、何も変化しません。

    ボタンの画像

    斜め罫線 (右上がり)

    表の場合は、各セルの左下と右上を結ぶ対角線が表示されます。通常の段落の場合は、何も変化しません。

    ボタンの画像

    水平線

    カーソルの現在位置の下に、1 本の水平線をグラフィックとして挿入します。

    ボタン イメージ

    罫線を引く

    カーソルを使って表を描きます。

    ボタンの画像

    グリッド線の表示

    罫線が適用されていない表のセル境界を表示します。

    ボタン イメージ

    線種とページ罫線と網かけの設定

    罫線書式設定のオプション (線の太さ、色、種類など) を選びます。

  1. 罫線で囲まれているすべてのテキストを選択します。

  2. [ホーム] の [段落] グループで、[罫線] の一覧を開きます。

    一部の文字列に罫線を追加する

  3. [枠なし] を選びます。

    文字列から罫線を削除する

  1. 罫線で囲まれているすべてのテキストを選択します。

  2. [ホーム] の [段落] グループで、[罫線] の一覧を開きます。

    一部の文字列に罫線を追加する

  3. 罫線の一覧で、削除する罫線をそれぞれクリックします。

注:  罫線が 1 つの単語を囲んでいる場合は罫線全体が消えます。

実行する操作を指定してください。

罫線は、ドキュメント内の各ページにある任意またはすべてのスライド、セクション内のページ、最初のページのみ、あるいは、最初のページを除いたすべてのページに追加することができます。線のスタイル、色、グラフィカルな罫線など、さまざまなオプションから選んだ罫線をページに追加できます。

境界線がグラフィカルなページ

罫線を追加することで、テキストをドキュメントの残りの部分と分離することができます。

罫線と網掛け付きのテキスト

表または表内の個々のセルに罫線を追加することができます。

オートフォーマットのテーブル

描画オブジェクトや図に罫線を追加することができます。線を変更したり書式設定したりするのと同じ方法で、オブジェクトの罫線を変更したり書式設定したりできます。

  1. [ページ レイアウト] タブの [ページの背景] グループで [ページ罫線] をクリックします。

    Word 2010 の [罫線と網掛け] ダイアログ ボックスの [ページ罫線] タブ

    [線種とページ罫線と網かけの設定] ダイアログ ボックスの [ページ罫線] タブで作業を進めようとしていることを確認します。

  2. [設定] にある罫線オプションのいずれかをクリックします。

    注: ページ上の特定の側 (上部のみなど) に罫線を表示するように指定するには、[設定] の [カスタム] をクリックします。[プレビュー] で、罫線を表示する位置をクリックします。

  3. 罫線のスタイル、色、線の太さを選択します。

    注: ツリーなどのアーティスティックな罫線を指定するには、[アート] ボックスのオプションを選択します。

  4. 次の操作を行います。

    • 罫線を表示する特定のページまたはセクションを指定するには、[設定対象] で目的のオプションをクリックします。

    • 罫線の正確な位置をページ上に指定するには、[オプション] をクリックして、目的のオプションを選択します。

注: [印刷レイアウト表示] でドキュメントを表示すると、画面でページ罫線を閲覧できます。

  1. [ページ レイアウト] タブの [ページの背景] グループで [ページ罫線] をクリックします。

    Word 2010 の [ページ罫線] ボタン

    注記: 

    • [線種とページ罫線と網かけの設定] ダイアログ ボックスの [ページ罫線] タブで作業を進めようとしていることを確認します。

    • Word 2010 の [罫線と網掛け] ダイアログ ボックスの [ページ罫線] タブ

  2. 必要に応じてその他のオプションを変更し、[OK] をクリックします。

注: [印刷レイアウト表示] でドキュメントを表示すると、画面でページ罫線を閲覧できます。

  1. [ページ レイアウト] タブの [ページの背景] グループで [ページ罫線] をクリックします。

    Word 2010 の [罫線と網掛け] ダイアログ ボックスの [ページ罫線] タブ

  2. [線種とページ罫線と網かけの設定] ダイアログ ボックスで、[ページ罫線] タブの [設定] で、[罫線なし] を選択します。

注: ドキュメントの 1 か所のみの罫線を削除するには (上部の罫線以外をすべて削除するなど)、[プレビュー] の下のダイアグラムで、削除する罫線をクリックします。

  1. 罫線を適用する図、表、またはテキストを選びます。

    特定の表のセルに罫線を適用するには、最終セルのマークを含めてセルを選びます。

    セルおよび最終セルのマークを選ぶ

    注: Ctrl キーと * キーを押して、段落記号の [表示/非表示] を切り替え、最終セルの記号を表示します。

  2. [ページ レイアウト] タブの [ページの背景] グループで [ページ罫線] をクリックします。

    Word 2010 の [ページ罫線] ボタン

  3. [線種とページ罫線と網かけの設定] ダイアログ ボックスの [罫線] タブで、[設定] にあるいずれかの罫線オプションを選択します。

    Word 2010 の [線種/網かけの変更] ダイアログ ボックス

  4. 罫線のスタイル、色、線の太さを選択します。

  5. 次の操作を行います。

    • 選択した領域の特定の側にのみ罫線を適用するには、[設定] で [カスタム] をクリックします。[プレビュー] で、ダイアグラムの側をクリックするか、またはボタンをクリックして罫線の追加や削除を行います。

    • テキストに相対する段落の罫線の正確な位置を指定するには、[設定対象] の [段落] をクリックして、[オプション] をクリックし、目的のオプションを選択します。

    • 罫線を表示するセルまたは表を指定するには、[設定対象] で目的のオプションをクリックします。

  1. 罫線を変更する図、表、またはテキストを選択します。

    特定の表内のセルの罫線を変更するには、最終セルのマークを含めてセルを選びます。

    注: Ctrl キーと * キーを押して、段落記号の [表示/非表示] を切り替え、最終セルの記号を表示します。

  2. [ページ レイアウト] タブの [ページの背景] グループで [ページ罫線] をクリックします。

    Word 2010 の [ページ罫線] ボタン

  3. [罫線] タブをクリックし、目的のオプションを変更します。

  1. 罫線を削除する図、表、またはテキストを選択します。

    特定の表内にあるセルの罫線を削除するには、最終セルのマークを含めてセルを選びます。

    注: Ctrl キーと * キーを押して、段落記号の [表示/非表示] を切り替え、最終セルの記号を表示します。

  2. [ページ レイアウト] タブの [ページの背景] グループで [ページ罫線] をクリックします。

    Word のリボンの画像

  3. [罫線] タブをクリックします。

  4. [種類] の [罫線なし] をクリックします。

注:  罫線を描画オブジェクトに追加するには、描画キャンバスに描画オブジェクトを配置する必要があります。

  1. [挿入] タブの [] グループで、[図形] の一覧をクリックし、[新しい描画キャンバス] をクリックします。

    Word 2010 の [新しい描画キャンバス] オプション

  2. 描画キャンバスを右クリックし、ショートカット メニューの [描画キャンバスの書式設定] をクリックします。

  3. [色と線] タブの [] で、色、線のスタイル、線の太さを選択します。

  4. 描画キャンバスに必要な描画オブジェクトを追加します。

  1. 変更する罫線の描画キャンバスを右クリックして、ショートカット メニューの [描画キャンバスの書式設定] をクリックします。

  2. [色と線] タブの [] で、色、線のスタイル、線の太さを変更します。

  1. 罫線を削除するオブジェクトを選択します。

  2. 描画キャンバスを右クリックし、ショートカット メニューの [描画キャンバスの書式設定] をクリックします。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • Word 2010 の場合、[線の色] で [線なし] を選び、[線のスタイル] で、すべての選択を解除します。

    • Word 2007 の場合、[色と線] タブの [] で、[色なし] をクリックします。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×