繰り返しテーブルを挿入する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ユーザーがテーブルに情報を入力できるようにする場合は、Microsoft Office InfoPath フォーム テンプレートに繰り返しテーブルを追加します。通常、繰り返しテーブルには既定で 1 つの行が表示されます。フォーム テンプレートに基づくフォームへの入力では、ユーザーは必要に応じて追加の行を挿入できます。フォーム テンプレートにデータベースなど外部データ ソースへのデータ接続が含まれている場合は、繰り返しテーブルを使用すると、フォームに複数のレコードを自動的に表示できます。

この記事の内容

繰り返しテーブルの使用が適している場合

ユーザー側の操作

繰り返しテーブルを挿入します。

レイアウトに関するヒント

繰り返しテーブルの使用が適している場合

繰り返しテーブルは次のような場合に使用します。

  • 構造化された表にユーザーがデータを入力できるようにする。

  • 品目、数値データ、およびテーブルに表示するのに適したその他の種類のデータを収集する。

  • 実際にデータが含まれている行だけを表示し、フォーム テンプレートのスペースを節約する。

  • データベース、Web サービス、またはフォーム テンプレートのテーブルの他のデータ ソースからのレコードを表示または操作する。

次の図では、繰り返しテーブルを使用して経費報告書フォームから品目を収集しています。

経費レポートで品目を収集するために使用する繰り返しテーブル

繰り返しテーブルには、次の 3 つの部分があります。

  • ヘッダー行    新しい空のフォーム テンプレートに繰り返しテーブルを挿入すると、既定でヘッダー行が表示されます。通常、ヘッダー行は列見出しに使用します。列見出しが必要ない場合は、[繰り返しテーブルのプロパティ] ダイアログ ボックスの [ヘッダーを含める] チェック ボックスをオフにします。

  • データ行    データ行は、必要に応じて何回でもフォーム内で "繰り返す" ことができる行です。フォーム テンプレートのデザイナには、繰り返しテーブルを挿入するときに、デザイン モードで 1 つの行のみが表示されます。しかし、フォーム テンプレートに基づくフォームに入力するユーザーは、Ctrl キーを押しながら Enter キーを押す、ショートカット メニューのコマンドをクリックする、またはテーブルの最後の行の下にある [項目の挿入] をクリックすると、複数の行を追加できます。

  • フッター行    フッター行を使うと、列の値を合計するテキスト ボックスまたは式ボックスを追加できます。フッター行は既定では繰り返しテーブルに表示されません。フッター行をオンにするには、[繰り返しテーブルのプロパティ] ダイアログ ボックスの [フッターを含める] チェック ボックスをオンにします。

関連コントロール

InfoPath には、繰り返しテーブルに類似しているが異なる目的に使用されるコントロールがあります。それらのコントロールの特徴と用途を次に示します。

繰り返しセクション    ユーザーが必要な数だけ繰り返し挿入できる、より構造化されていないセクション (データベースのレコードのようなセクション) を作成する場合は、繰り返しテーブルではなく繰り返しセクションを使用します。

横方向繰り返しテーブル    ユーザーが追加の行ではなく追加の列をテーブルに追加できるようにする場合は、通常の繰り返しテーブルではなく横方向繰り返しテーブルを使用します。

ページの先頭へ

ユーザー側の操作

ユーザーが繰り返しテーブルの行にマウス ポインタを置くと、ショートカット メニューのボタンが表示されます。このボタンをクリックすると、行を挿入または削除するコマンドのショートカット メニューが表示されます。

繰り返しテーブルのショートカット メニュー

また、フォームの繰り返しテーブルの下に表示される [項目の挿入] というテキストをクリックして新しい行を挿入することもできます。フォーム テンプレートをデザインするときは、このテキストをカスタマイズするか削除できます。

ページの先頭へ

繰り返しテーブルを挿入する

繰り返しテーブルを挿入する手順は、新しい空のフォーム テンプレートをデザインするか、データベースまたは他の外部データ ソースに基づいてフォーム テンプレートをデザインするかによって少し異なります。

次の図は、デザイン モードでの繰り返しテーブルの表示を示します。

デザイン モードの繰り返しテーブル

コントロールは、バインドすることも、バインド解除することもできます。コントロールは、バインドされている場合、データ ソース内のフィールドまたはグループに接続されており、コントロールに入力したデータは、基になるフォーム (.xml) ファイルに保存されます。コントロールは、バインド解除されている場合、フィールドまたはグループに接続されておらず、コントロールに入力したデータは保存されません。コントロールを選ぶか、ポインターをコントロールの上に移動すると、コントロールの右上隅にテキストとバインド アイコンが表示されます。テキストは、コントロールがバインドされているデータ ソース内のグループまたはフィールドを示します。アイコンは、コントロールがグループまたはフィールドに適切にバインドされているかどうかを示します。バインドが適切である場合、緑色のアイコンが表示されます。バインドに問題がある場合、青色または赤色のアイコンが表示されます。

フォーム テンプレートのデータ ソースは、フィールドとデータ ソース] 作業ウィンドウでの階層ビューに表示されるグループで構成されます。繰り返しテーブルは通常バインド、フォーム テンプレートのデータ ソースの繰り返しグループに繰り返しフィールドにバインドすることもできます。

次の例では、フォームの [Itemized Expenses] テーブルが [データ ソース] 作業ウィンドウの [item] 繰り返しグループにバインドされています。テーブル内のテキスト ボックス コントロールである [Date]、[Description]、[Category]、および [Cost] は、[item] 繰り返しグループの一部であるフィールドにバインドされています。

フォーム テンプレート上の繰り返しテーブルと、データ ソース内の繰り返しグループの間の関係

新しい空のフォーム テンプレートに繰り返しテーブルを挿入する

新しい空白のフォーム テンプレートをデザインする場合、[コントロール] 作業ウィンドウの [自動的にデータ ソースを作成する] チェック ボックスが既定で選択されています。このため、InfoPath では、フォーム テンプレートにコントロールが追加されると、データ ソースにフィールドおよびグループが自動的に作成されます。これらのフィールドおよびグループは、[データ ソース] 作業ウィンドウではフォルダー アイコンおよびファイル アイコンで表されます。

  1. フォーム テンプレートで、コントロールを挿入する位置にカーソルを置きます。

  2. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

  3. [コントロールの挿入] ボックスの一覧の [繰り返しテーブル] をクリックします。

  4. [列数] ボックスに、テーブルに含める列数を入力します。

  5. 繰り返しテーブルは、各列にテキスト ボックスが入った状態で作成されます。このテキスト ボックスを別の種類のコントロールに変更するには、テキスト ボックスを右クリックし、ショートカット メニューの [変更] をポイントし、使用するコントロールをクリックします。

既存のデータ ソースに基づくフォーム テンプレートに繰り返しテーブルを挿入する

既存の拡張マークアップ言語 (XML) ファイル、データベース、または Web サービスを基にフォーム テンプレートのデザインにした場合、InfoPath は、フィールドとその既存のデータ ソースからデータ ソース] 作業ウィンドウでグループを導出します。このシナリオでは、フォーム テンプレートにデータ ソース] 作業ウィンドウから繰り返しグループをドラッグするか、代わりに、次の手順で説明したように、[コントロール] 作業ウィンドウから繰り返しテーブルを挿入して繰り返しテーブルを挿入できます。

  1. フォーム テンプレートで、コントロールを挿入する位置にカーソルを置きます。

  2. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

  3. [コントロールの挿入] ボックスの一覧の [繰り返しテーブル] をクリックします。

  4. 繰り返しテーブルのバインド ウィザードの最初のページで、使用するデータ ソースを [データ ソース] の一覧からクリックし、テーブルの行をバインドする アイコンの画像 (繰り返しグループ) をクリックします。

    ヒント: 新しい繰り返しグループを作成するには、繰り返しグループを追加するグループを右クリックし、ショートカット メニューの [追加] をクリックしてから、[フィールドまたはグループの追加] ダイアログ ボックスで繰り返しグループのプロパティを指定します。

  5. [次へ] をクリックします。

  6. 繰り返しテーブルのバインド ウィザードの 2 番目のページの [データのバインド] の一覧で、繰り返しテーブルに列として追加するフィールドをダブルクリックします。

    ヒント: [データのバインド] の一覧で新しいフィールドを作成する場合は、繰り返しテーブルがバインドされるグループを右クリックし、ショートカット メニューの [追加] をクリックしてから、[フィールドまたはグループの追加] ダイアログ ボックスでフィールドのプロパティを入力します。

  7. 列の順序を変更するには、[表示する列] の一覧で列を選択して、[上へ移動] または [下へ移動] をクリックします。

ページの先頭へ

レイアウトに関するヒント

次のヒントは、繰り返しテーブル内のコントロールの外観、サイズ、およびその他の側面を微調整するのに役立ちます。

  • 一度に複数のテキスト ボックスのサイズを変更するには、サイズを変更するテキスト ボックスを選択します。[書式] メニューの [プロパティ] をクリックし、[サイズ] タブで必要な調整を行います。

  • フォーム テンプレートのテキスト ボックスに入力される可能性のあるテキストの長さに応じて、テキスト ボックスのサイズを変更することもできます。

  • 繰り返しテーブルのコントロールの罫線または色を変更するには、変更するテキスト ボックスをクリックします。[書式] メニューの [罫線と網かけの設定] をクリックし、[罫線] タブをクリックします。次に、必要な調整を行います。

  • 繰り返しテーブル内のテキスト ボックスに表示されるテキストをカスタマイズするには、[書式設定] ツールバーの [フォント] ボックスと [フォント サイズ] ボックスを使用します。フォーム テンプレート上のすべてのテキスト ボックスのフォントとフォント サイズを一度に変更するには、使用する書式が設定されているテキスト ボックスを選択し、[書式] メニューの [フォントをすべてのテキスト ボックス コントロールに適用] をクリックします。

  • 実際にテキスト ボックスにテキストが表示されるのを確認するには、[表示] メニューの [サンプル データ] をクリックします。これにより、ユーザーの入力時にフォーム テンプレートに基づくフォームがどのように表示されるのかを把握できます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×