繰り返しテーブルまたはセクションの 1 つまたは複数の列の値を追加します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

この記事の内容

概要

繰り返しテーブルまたは繰り返しセクション内の値の 1 つの列を追加します。

繰り返しテーブルまたは繰り返しセクション内の値の 2 つ以上の列を追加します。

概要

繰り返しテーブルまたは繰り返しセクションを頻繁には、セクションの末尾に追加する数値を格納します。たとえば、繰り返しテーブルを含む順序については、各アイテムの拡張価格が含まれますがあります。テーブルの下部には、次の図に示すように、総計を表示できます。

繰り返しテーブルのフッター行内の合計

この記事では、繰り返しテーブルまたはセクションの 1 つまたは複数の列の値を合計する方法について説明します。

繰り返しテーブルまたは繰り返しセクション内の値の 1 つの列を追加します。

繰り返しテーブルの列を追加する場合、そのテーブル外の合計を計算するコントロールを配置することができます。 または前の図に示すように、テーブルのフッターに配置することができます。フッターが表示されていない場合、結果を実現するには、繰り返しテーブルのフッターを表示する次の手順に従います。

  1. デザイン モードでは、繰り返しテーブルの見出し行を右クリックし、[繰り返しテーブルのプロパティ] をクリックします。

  2. [表示] タブをクリックします。

  3. [フッターを含める] チェック ボックスを選択し、[ OK] をクリックします。

計算の結果を表示する他の計算での計算結果を使用したくない場合は、計算を実行する式ボックスを使用します。式ボックスは、データのみが表示されます。フォームには保存されません。計算の結果を別の計算式を使用する場合は、テキスト ボックスを使用します。

式ボックスを使用して、値の列を追加するには

  1. [式] ボックスを挿入する場所をクリックします。

  2. [挿入] メニューで、 [コントロールの選択] をクリックします。

  3. [コントロール] 作業ウィンドウで、[詳細設定] の [式] ボックスをクリックします。

  4. 式ボックスの挿入] ダイアログ ボックスで、数式の編集 ボタンの画像 XPath ] ボックスの横にあるをクリックします。

  5. [数式の挿入] ダイアログ ボックスで、 [関数の挿入] をクリックします。

  6. 関数の挿入] ダイアログ ボックスで、 [分類] ボックスでは、数式をクリックします。

  7. 関数の一覧では、 sum] をクリックし、し、[ OK] をクリックします。

  8. [数式の挿入] ダイアログ ボックスで、[] ボックスのかっこ内のテキストをダブルクリックします。

  9. [フィールドまたはグループの選択] ダイアログ ボックスで、データ ソースの一覧で、フィールドの値を追加するをクリックします。フィールドを列にバインドする必要があり、繰り返しフィールドまたは繰り返しグループの一部である必要があります。

  10. [OK] を 2 回クリックします。

テキスト ボックスを使用して、値の列を追加するには

  1. テキスト ボックスを挿入する場所をクリックします。

  2. [挿入] メニューの [テキスト ボックス] をクリックします。

  3. 追加したテキスト ボックスをダブルクリックします。

  4. [データ] タブをクリックします。

  5. [既定値ボタンの画像数式の編集] をクリックします。

  6. [数式の挿入] ダイアログ ボックスで、 [関数の挿入] をクリックします。

  7. 関数の挿入] ダイアログ ボックスで、[カテゴリ] リストで、数式をクリックします。

  8. 関数の一覧では、 sum] をクリックし、し、[ OK] をクリックします。

  9. 数式の挿入] ダイアログ ボックスの [数式] ボックスのかっこ内のテキストをダブルクリックします。

  10. データ ソースリストのフィールドまたはグループの選択] ダイアログ ボックスで、フィールドの値を追加するをクリックします。フィールドを列にバインドする必要があり、繰り返しフィールドまたは繰り返しグループの一部である必要があります。

ページの先頭へ

繰り返しテーブルまたは繰り返しセクション内の値の 2 つ以上の列を追加します。

一緒に追加する 1 つ以上の列があると仮定します。InfoPath では、いくつかの繰り返しテーブルまたはセクション間で列が 1 つの繰り返しテーブルまたは繰り返しセクションに含まれているかどうか、または分散かどうかに関係なく、これを実行するのに union 演算子 (|) を使用することができます。たとえば、注文の情報を含む 1 つの繰り返しテーブルとバック オーダーのアイテムを含む別の繰り返しテーブルにがあります。この手順を使用すると、次の 2 つのテーブルにわたって注文金額の合計を追加するフォームにコントロールを追加します。

計算の結果を表示する他の計算での計算結果を使用したくない場合は、計算を実行する式ボックスを使用します。のみ、式ボックスは、データを表示し、保存されません。計算の結果を別の計算式を使用する場合は、テキスト ボックスを使用します。

式ボックスを使用して 2 つ以上の列を追加するには

  1. [式] ボックスを挿入する場所をクリックします。

  2. [挿入] メニューで、 [コントロールの選択] をクリックします。

  3. [コントロール] 作業ウィンドウで、[詳細設定] の [式] ボックスをクリックします。

  4. 式ボックスの挿入] ダイアログ ボックスで、数式の編集 ボタンの画像 XPath ] ボックスの横にあるをクリックします。

  5. [数式の挿入] ダイアログ ボックスで、 [関数の挿入] をクリックします。

  6. 関数の挿入] ダイアログ ボックスで、 [分類] ボックスでは、数式をクリックします。

  7. 関数の一覧では、 sum] をクリックし、し、[ OK] をクリックします。

  8. [数式の挿入] ダイアログ ボックスで、[] ボックスのかっこ内のテキストをダブルクリックします。

  9. データ ソースリストのフィールドまたはグループの選択] ダイアログ ボックスで、最初のフィールドを追加する値をダブルクリックします。

  10. [数式] ボックスで、フィールドを挿入した直後に union 演算子 (|) を入力します。

  11. [フィールドまたはグループの挿入] をクリックします。

  12. [フィールドまたはグループの選択] ダイアログ ボックスで、データ ソースの一覧では、次のフィールドを追加する値を持つをダブルクリックします。フィールドを列にバインドする必要があり、繰り返しフィールドまたは繰り返しグループの一部である必要があります。数式は、このようになります。

sum(field16 | field17)

  1. その他の列を追加するには、手順 10 ~ 12 を繰り返します。

テキスト ボックスを使用して 2 つ以上の列を追加するには

  1. テキスト ボックスを挿入する場所をクリックします。

  2. [挿入] メニューの [テキスト ボックス] をクリックします。

  3. 追加したテキスト ボックスをダブルクリックします。

  4. [データ] タブをクリックします。

  5. [既定値ボタンの画像数式の編集] をクリックします。

  6. [数式の挿入] ダイアログ ボックスで、 [関数の挿入] をクリックします。

  7. 関数の挿入] ダイアログ ボックスで、 [分類] ボックスでは、数式をクリックします。

  8. 関数の一覧では、 sum] をクリックし、し、[ OK] をクリックします。

  9. [数式の挿入] ダイアログ ボックスで、[] ボックスのかっこ内のテキストをダブルクリックします。

  10. データ ソースリストのフィールドまたはグループの選択] ダイアログ ボックスで、最初のフィールドを追加する値をダブルクリックします。フィールドを列にバインドする必要があり、繰り返しフィールドまたは繰り返しグループの一部である必要があります。

  11. [数式] ボックスで、フィールドを挿入した直後に union 演算子 (|) を入力します。

  12. [フィールドまたはグループの挿入] をクリックします。

  13. [フィールドまたはグループの選択] ダイアログ ボックスで、データ ソースの一覧では、次のフィールドを追加する値を持つをダブルクリックします。フィールドを列にバインドする必要があり、繰り返しフィールドまたは繰り返しグループの一部である必要があります。数式は、このようになります。

sum(field16 | field17)

  1. その他の列を追加するには、手順 10 ~ 12 を繰り返します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×