繰り返しセクションをカスタマイズする方法

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

フォーム テンプレート上の繰り返しセクションを挿入した後は、そのプロパティと繰り返しセクションのプロパティ] ダイアログ ボックスで設定を変更することでカスタマイズできます。フォーム テンプレート] で、ダイアログ ボックスを開くには、繰り返しセクションのプロパティを変更するをダブルクリックします。

次の表は、いくつかの繰り返しセクションをカスタマイズする方法について説明および理由が行うです。表に、繰り返しセクションのプロパティ] ダイアログ ボックスで、オプションの詳細な手順については、それは比べた場合に使用できるオプションの範囲のします。

注: 

  • のブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインする場合は、繰り返しセクションのプロパティ] ダイアログ ボックスで特定の機能は利用できません。たとえば、ユーザーをサイド バイ サイドの書式にセクションを水平方向に挿入できる設定を有効にすることはできません。

  • フォーム テンプレートは、データベース、スキーマ、またはその他の既存のデータ ソースに基づいて、コントロールのすべての機能をカスタマイズすることができないことがあります。たとえば、ことができます、そのフィールドまたはグループ名ではなく、コントロールのサイズを変更するのには、既存のデータ ソースから派生しました。

タブ

作業

詳細

データ

グループ名を変更します。

新しい、空白のフォーム テンプレートをデザインする際に、既定のフィールドを変更またはデータ ソースを操作するときに識別しやすいものにコントロールの名前をグループ化できます。たとえば、保険フォーム テンプレートで「依存」という名前のグループは「グループ 1」という名前のグループよりわかりやすく

注: グループ名を変更しても、フォーム テンプレート上の繰り返しセクションとデータ ソースの繰り返しグループ間のバインドも変更されません。繰り返しセクションを別の繰り返しグループにバインドする必要がある場合は、[繰り返し] セクションを右クリックし、ショートカット メニューの [変更のバインド] をクリックします。

データ

ユーザーを挿入すると、セクションを削除できないようにします。

既定では、挿入し、セクションを削除するユーザーを許可する]チェック ボックスを選択します。このチェック ボックスをオフにする場合は、ユーザーを挿入または繰り返しセクション内のセクションを削除することはできません。これは、機能は、レポートのシナリオの繰り返しのデータを表示するが、されないようにするには、そのデータを変更またはセクションを追加する場所に便利です。

データ

メニューのコマンドをカスタマイズします。

さらに変更するセクションのプロパティの変更] をクリックします。たとえばの名前と場所を挿入またはユーザーのフォーム上のセクションを削除するためのメニュー コマンドをカスタマイズする]コマンドのユーザー設定] ダイアログ ボックスを開くことができます。この種類のカスタマイズは、フォーム テンプレートを使いやすくします。たとえば、ユーザーがフォームの繰り返しセクションを削除するのには、[編集] メニューに、ユーザー設定のコマンドを追加できます。

データ

ヒントのテキストをカスタマイズするし、表示

既定では、[挿入] ボタンとヒントのテキストを表示する] チェック ボックスを選択するとします。フォームで、操作方法のテキストを表示するユーザーをしたくないまたは操作方法のテキストをカスタマイズする場合は、このチェック ボックスをオフことができます。たとえば、保険フォーム テンプレートがあるユーザーは、繰り返しセクション内の参照先を入力する必要がある場合は場合、は、繰り返しセクションに「挿入追加依存」の下に表示される「挿入項目」のテキストを変更可能性があります。

データ

ルールを適用します。

ユーザーを挿入または繰り返しセクション内のコントロールを使用するときにアクションを適用するルールを使用できますが、ルール] ダイアログ ボックスを開くには、ルールをクリックします。

表示

条件付き書式を追加します。

条件付き書式を、条件付き書式] ダイアログ ボックスを開き、ユーザーがフォームに入力した値に基づいて、その表示設定を含む、コントロールの外観を変更することができます] をクリックします。たとえば、ユーザーが、フォーム上の特定のチェック ボックスをオフのときに、繰り返しセクションを非表示にすることができます。

表示

許可] ではなく 1 つずつ横に並べて形成にセクションを挿入するには

[縦方向に繰り返す] オプションが既定で選択します。繰り返しセクションを追加するユーザーに、それらのセクションに表示するフォームの長さを垂直方向の書式になります。繰り返しセクションを展開する代わりに横方向に選択できます。これにより、完全に別のレイアウトを作成することができます。たとえば、予定表のようなフォーム テンプレートを作成することができます。ブラウザー互換フォーム テンプレートでは、[水平方向の繰り返し] オプションはサポートされていません。

表示

データをフィルター処理する

[データのフィルター処理、ユーザーが入力したり、フォーム上で他の場所を選択した値に基づいて、繰り返しセクション内のデータのフィルター処理するユーザーを有効に、データのフィルター処理] ダイアログ ボックスを開きます] をクリックします。たとえば、現在のプロジェクトに関する情報を収集する繰り返しセクションを使用している場合は、状態で、プロジェクトのフィルターを適用できるリスト ボックスをデザインできます。ブラウザー互換フォーム テンプレートでは、データをフィルター処理することはできません。

マスター/詳細

マスター/詳細リレーションシップを設定します。

マスター/詳細] タブで、[ 繰り返しテーブル (マスター コントロール) と繰り返しセクション (詳細コントロール) の関係をマスター/詳細を確立することができます。この種類のリレーションシップを設定する場合は、関連するデータが、ユーザーが繰り返しテーブルで選択したアイテムに基づいて繰り返しセクションに表示されます。マスター/詳細コントロールは、ブラウザー互換フォーム テンプレートではサポートされません。

サイズ

サイズ、間隔、余白を調整します。

高さのボックスに値を入力して、コントロールのサイズを手動で指定することができます。コントロールの境界線と周囲のテキストの間の間隔であるコントロールの内容の配列を周囲の余白の量は、スペース、または、余白を変更することによって、コントロールの内外の間隔を絞り込むことも、またはフォーム テンプレート上のコントロール。

上級

タブの [索引の順序を変更します。

フォーム テンプレートの全体的なタブ オーダーのコントロールの位置を変更することができます。タブ オーダーは、順をフォーカスがフォームに 1 つのフィールドまたはオブジェクトからに次のユーザーは、TAB または SHIFT + TAB キーを押して、です。フォーム テンプレート内のすべてのコントロールの既定のタブの [インデックス設定は 0 ですが、タブ オーダーは 1 から始まります。つまり、いずれのコントロールに] タブの [インデックス] ボックスに 1 がする表示済み: 最初ときに、ユーザーは、TAB キーを押します。いずれのコントロールに] タブの [索引ボックスで、2 は、次に、その訪問がします。0 ] タブの [インデックス] ボックスに、コントロールをタブ オーダーの最後に取得されます。タブ オーダーのコントロールをスキップする場合は、 -1] タブの [インデックス] ボックスに入力します。

上級

ヒントを指定します。

説明時のメモをユーザーがコントロールの上にポインターを移動するときに表示するには、[ヒント] ボックスで必要なテキストを入力します。画面などのユーザー補助機能を確認することを画面に表示されるユーティリティ合成音声または点字ディスプレイ、として利用可能な情報は、多くの場合、ユーザーの情報を解釈するためにこのようなヒントに依存します。

上級

指定して、差し込み印刷の設定をカスタマイズします。

いくつかのフォームを結合されている場合にユーザーがコントロールに入力したデータの表示方法を指定するのには、結合の設定] をクリックします。たとえば、ターゲット フォームの繰り返しセクションを挿入する順序を変更することができます。

上級

繰り返しセクション ViewContext または xmlToEdit id を取得します。

コード内でコントロールを識別するのにViewContextまたはXmlToEdit値を使用することができます。たとえば、 ViewContextの値がわかっている場合、ビューのオブジェクトのExecuteActionメソッドを使用してその値を使用できますプログラムを使用して、コントロールにバインドされている XML データを編集アクションを実行します。同様に、 XmlToEdit値がわかっている場合の値ViewオブジェクトのExecuteActionメソッドを使用してに使えるプログラムで挿入または繰り返しコントロールのインスタンスを削除します。たとえば、xCollection::insert や xCollection::removeAll と、 XmlToEdit名を使用する特定の xCollection を識別するなど、xCollection アクションを指定できます。

ブラウザー フォーム

サーバーにデータを投稿するための設定をカスタマイズします。

[ブラウザー フォーム] タブでは、ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインする場合のみが表示されます。ユーザーを挿入またはフォームのセクションを削除するときにデータがサーバーに送信されたかどうかを制御できます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×