繰り返しセクションをカスタマイズする方法

繰り返しセクションをフォーム テンプレートに挿入した後で、その繰り返しセクションをカスタマイズするには、[繰り返しセクションのプロパティ] ダイアログ ボックスでプロパティと設定を変更します。このダイアログ ボックスを開くには、フォーム テンプレート上で、プロパティを変更する繰り返しセクションをダブルクリックします。

次の表は、繰り返しセクションをカスタマイズする方法および目的の一覧です。この表には、[繰り返しセクションのプロパティ] ダイアログ ボックスのオプション別の詳細な手順情報は記載されていませんが、さまざまなカスタマイズ方法について概要を理解できます。

注: 

  • ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインする場合は、[繰り返しセクションのプロパティ] ダイアログ ボックスの特定の機能を使用できません。たとえば、セクションを横方向に並べて挿入するような設定を有効にすることはできません。

  • フォーム テンプレートがデータベース、スキーマ、その他の既存のデータ ソースに基づく場合、一部のコントロールをカスタマイズできないことがあります。たとえば、コントロールのサイズを変更できても、既存のデータ ソースから取得したフィールド名やグループ名は変更できないことがあります。

Tab

タスク

詳細

データ

グループ名を変更する

テンプレートから新しい空のフォーム テンプレートを設計するとき、コントロールのフィールド名やグループ名をデータ ソースを利用するときに特定しやすい名前に変更できます。たとえば、保険フォーム テンプレートで、グループ名を「扶養家族」にすると、「グループ 1」という名前よりわかりやすくなります。

注: グループ名を変更しても、フォーム テンプレートの繰り返しセクションとデータ ソース内の繰り返しグループとの間のバインドは変わりません。繰り返しグループを別の繰り返しグループにバインドする必要がある場合は、繰り返しセクションを右クリックし、ショートカット メニューの [バインドの変更] をクリックします。

データ

セクションの挿入や削除を禁止する

既定では、[ユーザーによるセクションの挿入と削除を許可する] チェック ボックスがオンになっています。このチェック ボックスをオフにすると、ユーザーは繰り返しセクションでのセクションの挿入と削除を禁止されます。フォームを報告書として使う場合のように、繰り返しデータの表示だけを許可し、データの変更や新しいセクションの追加を禁止する場合、この設定は便利です。

データ

メニュー コマンドをカスタマイズする

セクションのプロパティに追加の変更を行う場合は、[変更] をクリックします。たとえば、[コマンドのユーザー設定] ダイアログ ボックスで、ユーザーのフォームに対してセクションを挿入または削除するためのメニュー コマンドの名前と場所をカスタマイズできます。このカスタマイズにより、フォーム テンプレートが使いやすくなります。たとえば、フォームから繰り返しセクションを削除するようなユーザー設定コマンドを [編集] メニューに追加できます。

データ

ヒントのテキストを表示またはカスタマイズする

既定では、[挿入ボタンとヒントのテキストを表示する] チェック ボックスがオンになっています。フォームに説明テキストを表示しない場合はこのチェック ボックスをオフにすることができます。または、説明用のテキストをカスタマイズできます。たとえば、保険フォーム テンプレートで、繰り返しセクションに扶養家族を入力する必要がある場合は、繰り返しセクションの下に表示される "項目の挿入" という文字列を "他の扶養家族を挿入" に変更できます。

データ

動作規則を適用する

[動作規則] をクリックして [動作規則] ダイアログ ボックスを開きます。ここで動作規則を使用してユーザーが繰り返しセクション内のコントロールを挿入または操作したときの動作を適用できます。

表示

条件付き書式を追加する

[条件付き書式] をクリックし、[条件付き書式] ダイアログ ボックスを開きます。ここで、可視性など、コントロールの外観をユーザーがフォームに入力した値に基づいて変更できます。たとえば、ユーザーが、フォーム上の特定のチェック ボックスをオフにするたびに、繰り返しセクションを非表示にすることを選ぶことができます。

表示

セクションを縦に並べずに横に並べる

[縦方向に繰り返す] オプションは既定で選択されています。つまり、ユーザーが繰り返しセクションを追加すると、フォームの長さに合わせてそれらのセクションが縦方向に並んで表示されます。代わりに、横方向に繰り返しセクションを展開するように選ぶこともできます。これにより、完全に異なるレイアウトを作成することができます。たとえば、予定表のようなフォーム テンプレートを作成することができます。[横方向に繰り返す] オプションは、ブラウザー互換フォーム テンプレートではサポートされていません。

表示

データをフィルタする

[フィルタ データ] をクリックして [フィルタ データ] ダイアログ ボックスを開き、フォームの入力値またはフォームで選択された場所に応じて繰り返しセクションのデータをフィルタできます。たとえば、進行中のプロジェクトに関する情報を繰り返しセクションを使って収集する場合、進捗状況に基づいてプロジェクトをフィルタできるリスト ボックスを作成できます。データのフィルタは、ブラウザ互換フォーム テンプレートではサポートされません。

[マスタと詳細]

マスタと詳細のリレーションシップを設定する

[マスタと詳細] タブで、繰り返しテーブル (マスタ コントロール) と繰り返しセクション (詳細コントロール) にマスタと詳細のリレーションシップを設定できます。このようなリレーションシップがある場合、繰り返しテーブルで項目を選択すると、それに関連するデータが繰り返しセクションに表示されます。マスタおよび詳細コントロールは、ブラウザ互換フォーム テンプレートではサポートされません。

サイズ

サイズ、スペース、および余白を調整する

[高さ] ボックスと [] ボックスに値を入力し、コントロールのサイズを手動指定できます。スペースと余白を変更し、コントロールの内外の間隔を調整することもできます。フォーム テンプレートのスペースとは、コントロールのコンテンツを囲むバッファー領域の量のことです。余白とは、コントロールの境界線と周囲のテキストまたはコントロールの間の領域の量のことです。

詳細

タブ移動順の順序を変更する

フォーム テンプレートの全体のタブ オーダーでコントロールの位置を変更できます。タブ オーダーとは、ユーザーが Tab または Shift+Tab キーを押すと、あるフィールドから次のフィールドに、またはあるオブジェクトから次のオブジェクトにフォームのフォーカスが移動する順序のことです。フォーム テンプレートのすべてのコントロールの既定のタブ移動順設定は 0 であり、タブ オーダーは 1 から始まります。つまり、Tab キーを押すと、[タブ移動順] ボックスに 1 が指定されているコントロールが最初に表示されます。[タブ移動順] ボックスに 2 が指定されているコントロールが 2 番目に表示され、その後も同様に表示されます。[タブ移動順] ボックスに 0 が指定されているコントロールが最後に表示されます。タブ オーダーでコントロールをスキップするには、[タブ移動順] ボックスに -1 を入力します。

詳細

ヒントを指定する

コントロールにカーソルを合わせたときに説明文を表示するには、ScreenTip ボックスにテキストを入力します。合成音声や更新可能点字のような画面情報を可能にする画面読み上げソフトなど、アクセシビリティ ツールは、多くの場合、ScreenTip に基づいてユーザーの情報を解釈します。

詳細

結合設定を指定およびカスタマイズする

[結合設定] をクリックすると、いくつかのフォームが結合されているときの、ユーザーがコントロールに入力するデータの表示方法を指定できます。たとえば、繰り返しセクションをターゲット フォームに挿入する順番を変更できます。

詳細

繰り返しセクションの ViewContext 識別子または xmlToEdit 識別子を取得する

ViewContext または XmlToEdit の値を使用して、コード内のコントロールを識別できます。たとえば、ViewContext の値が判明している場合、その値を View オブジェクトの ExecuteAction メソッドで使用し、コントロールにバインドされた XML データに対して編集操作を実行できます。同じように、XmlToEdit の値が判明している場合は、その値を View オブジェクトの ExecuteAction メソッドで使用し、繰り返しコントロールのインスタンスを挿入または削除できます。たとえば、xCollection::insert や xCollection::removeAll などの xCollection 操作と、操作対象の特定の xCollection を識別する XmlToEdit 名を指定できます。

[ブラウザ フォーム]

サーバーにデータを返送するための設定をカスタマイズする

[ブラウザー フォーム] タブは、ブラウザー互換フォーム テンプレートを設計している場合にのみ表示されます。ユーザーがフォームのセクションを挿入または削除したときに、データをサーバーに送信するかどうかを制御できます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×