縦横比を維持してオブジェクトのサイズを変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

サイズを変更する方向

操作

縦横比を変えずに隅からオブジェクトのサイズを変更する。

Shift キーを押しながら四隅のいずれかのサイズ変更ハンドルをドラッグします。

中心から外側に向かって垂直、水平または対角線方向にオブジェクトのサイズを変更する。

Ctrl キーを押しながらサイズ変更ハンドルをドラッグします。

縦横比を変えずに中心から外側に向かってオブジェクトのサイズを変更する。

Ctrl キーと Shift キーを押しながらサイズ変更ハンドルをドラッグします。

グリッドに合わせる機能を一時的にオンまたはオフにしてオブジェクトのサイズを変更する。

Alt キーを押しながらサイズ変更ハンドルをドラッグします。


注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×