編集記号の表示と非表示を切り替える

Word ではスペースにドット (…) を、タブに矢印 (→) を使用するなど、編集記号で文書のテキスト レイアウトが示されます。特定のレイアウトを念頭に置いてコンテンツをデザインするとき、このような編集記号が便利です。

注: Publisher では、一部の編集記号が使用されます。

編集記号とは、文書内の特定の書式設定を視覚的に表す記号の集まりです。

常に編集記号を表示する、または非表示にする

タブ    
タブを矢印として表示します。

スペース    
単語間のスペースをドットとして表示します。

段落記号    
段落の終わりを段落記号で表示します。

隠し文字    
非表示として設定されているテキストの下に点線を表示します。

任意指定のハイフン    
行の終わりに現れた単語の分割位置を示すハイフンを表示します。任意指定のハイフンは、実際に単語が行末で改行されない限り、印刷されません。単語が行末で改行されるとき、任意指定のハイフンは通常のハイフンとして印刷されます。

アンカー記号    
アンカー記号を表示します。アンカー記号は、オブジェクトが特定の段落に関連付けられていることを示すものです。

任意指定の改行   
単語や語句が行に収まらない場合に改行の位置を制御します。東アジアの言語で Word を使用している場合、このオプションは、テキストの間違った改行を防ぎます。このオプションは、東アジア言語のテキスト編集が有効になっている場合にのみ使用できます。

[編集記号の表示/非表示] ボタンは、ビューのオン/オフを切り替えるスイッチのようなものです。

  • [ホーム] タブの [段落] グループで、[編集記号の表示/非表示] を選択します。

    [ホーム] タブの [表示/非表示] アイコンが強調表示されています

注: [編集記号の表示/非表示] ボタンはオンになっているとき、背景に影が付きます。

[編集記号の表示/非表示] ボタンのオン/オフに関係なく、常に画面に表示する編集記号を選択できます。たとえば、段落とスペースを常に表示し、[編集記号の表示/非表示] がオフになっているときはタブと隠し文字を非表示にするように設定できます。

注: [編集記号の表示/非表示] ボタンはオンになっているとき、背景に影が付きます。

  1. [ファイル] タブで、[オプション]、[表示] の順に選びます。

  2. [常に画面に表示する編集記号] で、[編集記号の表示/非表示] ボタンのオン/オフに関係なく常に表示する編集記号ごとにチェック ボックスを選択します。

    常に編集記号を表示する、または非表示にする

  1. [ファイル] タブの [ヘルプ] で、[オプション]、[表示] の順にクリックします。

  2. [常に画面に表示する編集記号] で、[編集記号の表示/非表示] ボタンのオン/オフに関係なく常に表示する編集記号ごとにチェック ボックスを選択します。

    常に編集記号を表示する、または非表示にする

  1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[Word のオプション] をクリックします。

  2. [表示] をクリックします。

  3. [常に画面に表示する編集記号] で、[編集記号の表示/非表示] ボタンのオン/オフに関係なく常に表示する編集記号ごとにチェック ボックスを選択します。

    常に編集記号を表示する、または非表示にする

常に画面に表示するように選択した編集記号を消すことができます。編集記号のチェック ボックスをオフにすると、[編集記号の表示/非表示] ボタンのオン/オフに関係なく、その記号は常に画面に表示されません。

  1. [ファイル] タブで、[オプション]、[表示] の順に選びます。

  2. [常に画面に表示する編集記号] で、画面に常に表示しない編集記号ごとにチェック ボックスをオフにします。

    常に編集記号を表示する、または非表示にする

  1. [ファイル] タブの [ヘルプ] で、[オプション]、[表示] の順にクリックします。

  2. [常に画面に表示する編集記号] で、画面に常に表示しない編集記号ごとにチェック ボックスをオフにします。

    常に編集記号を表示する、または非表示にする

  1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[Word のオプション] をクリックします。

  2. [表示] をクリックします。

  3. [常に画面に表示する編集記号] で、画面に常に表示しない編集記号ごとにチェック ボックスをオンにします。

    常に編集記号を表示する、または非表示にする

Word の赤の破線は、スペルまたは文法エラーの可能性があることを示します。青の破線は、文脈に合わない可能性がある単語を示します。つまり、“pear” of shoes に対する a “pair” of shoes、または “there” report に対する “their” report などを示します。

  1. [ファイル] タブで、[オプション]、[文章校正] の順にクリックします。

  2. [Word のスペル チェックと文章校正] で、無効にする項目の隣にあるチェック ボックスをオフにします。

  1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[Word のオプション] をクリックします。

  2. [文章校正] をクリックします。

  3. [Word のスペル チェックと文章校正] で、無効にする項目の隣にあるチェック ボックスをオフにします。

  1. [ファイル] タブで、[オプション]、[文章校正] の順にクリックします。

  2. [Word のスペル チェックと文章校正] で、無効にする各項目の隣にあるチェック ボックスをオフにします。

Publisher の赤い波線は、スペル ミスの可能性を示します。

  1. [ファイル] タブで、[オプション]、[文章校正] の順にクリックします。

  2. [Publisher でスペルをチェックするとき] で、[入力時にスペル チェックを行う] チェック ボックスをオフにします。

  1. [ツール] タブで、[スペル チェック]、[スペル チェック オプション] をクリックします。

  2. [Publisher でスペルをチェックするとき] で、[入力時にスペル チェックを行う] チェック ボックスをオフにします。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×