編集記号の表示と非表示を切り替える

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

メール メッセージの作成中、テキスト内に記号が表示される場合があります。Outlook の場合、このような記号は、実際には点 (空白文字を表す) や矢印 (タブ文字を表す) などの編集記号です。編集記号は、テキストのレイアウトを確認するためのもので、印刷されたメッセージには表示されません。

これらは、電子メール メッセージで使用可能な文字書式の設定です。

編集記号をオンまたはオフにすると、後続のすべてのメッセージを作成、返信、または転送する選択は有効にします。

編集記号を簡単に切り替える

編集記号の表示/非表示を切り替えるには、次の操作を行います。

  • メッセージ ウィンドウの [テキストの書式設定] タブの [段落] グループで、段落記号のボタンをクリックします (マウスのポインターをボタンの上に置くと、ヒントに "編集記号の表示/非表示" と表示されます)。

    "書式マークの表示/非表示" コマンドのボタンは段落マークに似ています。

    ショートカット キー    CTRL キーを押しながら SHIFT キーを押しながら * します。(アスタリスクは 8 キーを使用する必要があります)。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×