編集記号の概要

Word 2010 文書

Word 文書の編集記号

既にいくつかの段落を入力してあるとします。 この図では、段落どうしがかなり離れており、2 段落目の先頭が最初の段落よりも右にあります。

入力時に自動的に挿入される編集記号を参照すると、文書の体裁を整えるために使用されている機能を確認できます。 文書内にはこれらの記号が必ず存在しますが、表示するように設定しないと確認できません。

たとえば、単語を区切るときなどに Space キーを押すと、そのたびに ドット (ドット) が表示されます。 1 つのドットは 1 つのスペースを表し、2 つのドットは 2 つのスペースを表すというぐあいに、ドットの数とスペースの数は対応しています。 英語の場合、単語と単語の間にスペースを 1 つ追加するのが一般的です。

Enter キーを押して新しい段落を開始すると、 ボタンの画像 (段落記号) が挿入されます。 図では、段落と段落の間に 2 つの段落記号があります。これは、ユーザーが Enter キーを 2 回押したことを表しています。 この操作により、段落間にスペースが追加されます。

Tab キーを押すと、そのたびに 1 つの [タイトルなし] (矢印) が表示されます。 図では、矢印が最初の段落の前に 1 つ、2 段落目の前に 2 つあります。これは、2 番目の段落でユーザーが Tab キーを 2 回押したことを表しています。

編集記号を表示するには、ウィンドウ上部のリボンに移動し、 [ホーム] タブの [段落] で ボタンの画像 (表示/非表示) をクリックします。 編集記号を非表示にするには、このボタンをもう一度クリックします。

メモ: これらの記号は画面上に表示されるだけであり、 実際には印刷されません。

トピック 3/9

前へ | 次へ

(最初に戻る)

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×