緊急対応の場所、アドレス、通話ルーティングの概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office 365 のプランの呼び出しを設定するときにことが必要なすべてのユーザーを電話番号を取得するかするとき、または電話番号ごとに割り当てられた緊急アドレス緊急通話をサポートするユーザーに割り当てられたそのします。電話番号、緊急のアドレスを割り当てる、前に緊急アドレスを作成および検証される必要があります。入力規則は、緊急サービスで使用できる正しい形式である緊急のアドレスが認識されるようにします。必要に応じて、ユーザーの他の特定の場所を提供する緊急アドレス内の場所を追加できます。たとえば、緊急の場所では、フロア、翼、または office 緊急の特定のアドレスにリンクされている場合があります。 緊急のアドレスが検証されるにも関わらず、場所がありません。

緊急対応の住所の概要

アクティブな電話番号には緊急対応の住所が必須ですが、これは国/地域によって変わります。米国では、番号がユーザーに割り当てられるときに、緊急対応の住所が必須になります。欧州、中東、アフリカ (EMEA) などの他の国では、電話番号を Office 365 から取得するときや、番号が別のサービス プロバイダーまたは電話会社から移行されたときに、緊急対応の住所が必須になります。

緊急対応の住所は、行政上の住所、所在地住所、または現住所と呼ばれることもあります。緊急対応の住所は、組織の事業所の場所を示す所在地住所または行政上の住所のことです。たとえば、12345 North Main Street, Redmond, WA 98052 のような住所です。この住所は、適切な緊急通報受理機関に緊急通話をルーティングし、また緊急通話発信者を特定するために使用されます。通常、事業所の所在地が複数である場合は複数の緊急対応の住所が必要になります。

緊急対応の住所の検証では、緊急応答サービスで使用できる正規の住所であり、正しい形式であることが確認されます。検証されていない緊急対応の住所を作成して保存することは可能ですが、ユーザーに関連付けることができるのは、検証された住所のみです。緊急対応の住所が検証および保存されると、ユーザーに割り当てることができます。保存および検証した緊急対応の住所を変更する必要がある場合は、新しい緊急対応の住所を作成する必要があります。

緊急対応の場所の概要

緊急対応の場所は、建物内のさらに正確な場所を示すために、緊急対応の住所に関連付けられます。緊急対応の場所には、ユーザーがいる場所の階数、建物の棟、オフィスの番号などを使用できます。緊急対応の住所に関連付けることができる場所の数に制限はありません。

ユーザーに緊急対応の住所を割り当てる場合、実際にはそれは住所の割り当て時に参照する場所 ID です。場所 ID には参照された緊急対応の住所 (所在地住所や行政上の住所) が含まれます。建物内の場所が不要である場合に対応するため、すべての緊急対応の住所には、既定の緊急対応の場所が含まれています。

緊急通話ルーティングの概要

緊急対応の住所と場所は、緊急時の応急担当者を派遣する適切な緊急派遣センターに緊急通話をルーティングする処理で使用されます。 Skype for Business ユーザーが緊急電話番号を発信するときに、その通話がどのように該当する緊急応答機関 (PSAP) にルーティングされるかは国/地域によって異なります。 米国や英国などの一部の国では、通話をまず審査した上で、ユーザーの現在の場所を判別してから適切な緊急派遣センターに接続します。 その他の国/地域では、緊急通話の発信者に関連付けられた電話番号を担当する緊急派遣センターに、通話が直接ルーティングされます。

ユーザーに対する緊急対応の場所と住所の作成、追加、割り当て

  1. 緊急対応の場所を計画する 実行する必要がある最初の手順では、緊急対応の場所を計画します。すべての現住所をリストに記載する必要があります。次に、その記載に基づいて、緊急対応の住所の場所が必要であるかどうかを判別して、必要である場合は、何が必要かを特定します。たとえば、それぞれが 4 階建ての 3 つのオフィス ビルを企業が所有する場合は、3 つの緊急対応の住所が必要になり、それぞれの住所の場所として 1 ~ 4 階を記載する形になります。

  2. 緊急対応の場所を作成および検証する 次の手順では、緊急対応の住所を作成して検証します。緊急対応の住所を作成すれば、それを検証できます。緊急対応の住所を作成するには、「組織の緊急対応の住所を追加または削除する」を参照してください。

    重要: 住所の検証では、住所が正規の住所で、形式が正しいことが確認されます。緊急対応の住所の一部が誤っていても (市区町村名の誤入力など)、検証を通過する可能性があります。 検証プロセスでは、適切な緊急派遣センターに通話をルーティングするために十分な情報が含まれるかどうかを判定するために、指定された住所のすべての情報を使用します。そのような情報が含まれる場合は、その住所が検証済みとして返されて、電話番号に割り当てられるようになります。

  3. 電話番号を取得します。次の手順では、ユーザーの電話番号を取得します。これは、「移植」、または Office 365 で、既存の電話番号に転送する、Office 365 から新しい電話番号を取得することによって行うことができます。手順の実行を表示するには、 Office 365 への電話番号に転送を参照してください。

  4. 電話番号を割り当てる 最後の手順では、ユーザーが通話を発信/受信できるようにします。これには、そのユーザーに電話番号を割り当てる必要があります。電話番号を割り当てる方法については、「ユーザーの電話番号の割り当て、変更、削除を行う」をご覧ください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

Skype for Business Online: 緊急発信免責事項ラベル

緊急の呼び出し元の条項および条件

Skype for Business Online PSTN サービスは、用語を使用します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×