統合アプリをオンまたはオフにする

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

統合アプリをオンにすると、組織のユーザーはサードパーティ アプリに Office 365 情報へのアクセスを許可することができます。 たとえば、サードパーティ アプリを使用している場合、そのアプリが予定表へのアクセスと OneDrive フォルダーにあるファイルの編集のために権限を与えるように求めてくることがあります。

統合アプリをオンまたはオフにする

ここでは、統合アプリをオンまたはオフにする方法について説明します。

  1. 職場や学校のアカウントを使用して Office 365 にログオンします。

  2. 移動Office 365 管理センターでは、し、左側のナビゲーション バーから、[設定] をクリックして >サービスおよびアドイン

  3. [統合アプリ] ページで、トグルを使用して、統合アプリをオンまたはオフにします。

統合アプリの詳細情報

統合するアプリとしては、組織内で開発したアプリ、または別の Office 365 の組織やサードパーティが開発したアプリを使用することができます。

統合アプリをオンにしている場合、統合されるアプリをユーザーが使おうとすると、ユーザー情報へのアクセスに必要なアクセス レベルを設定できるように、そのアプリが権限を求めてきます。 ユーザーは、Office 365 情報に対して自分自身が持っているアクセス権のみをアプリに与えることができます。 他のユーザーの情報に対して、アプリにアクセス権を与えることはできません。

Office 365 で統合アプリを使用する場合、ユーザー権限と管理者権限の 2 種類の権限を使用します。 たとえば、統合アプリに対して組織を有効にしており、ユーザーがサードパーティ アプリを使用する場合、ユーザー プロファイルの詳細の読み取り、ファイルの編集または削除、サイト コレクションに含まれているアイテムの読み取り、そのユーザーとしてのメール送信などのために、アプリがユーザーの権限を求めてくることがあります。

統合アプリのユーザーの権限

管理者が組織内の全ユーザーを対象としてアプリを登録した場合、そのアプリが組織内の情報やリソースへのアクセス権を求める相手は管理者になります。 管理者がアプリにアクセス権を与えたら、それ以降、組織内の他のユーザーがそのアプリを使用するときに、アクセス権を求められることはありません。 管理者がアプリを登録する場合、その管理者はアプリの開発者が信頼できる相手であることを確認する必要があります。 アプリの登録の詳細については、「アプリケーションの追加、更新、および削除」を参照してください。

統合アプリの管理者権限

統合アプリがオフになった場合でも、既にインストールされており、情報へのアクセス権が与えられたアプリはアンインストールされません。アクセス権も削除されません。 統合アプリがオフになっていても、管理者はまだ、ユーザーが使用できるようにアプリを登録して、これらのアプリにユーザー情報へのアクセスを許可することができます。 登録済みアプリを削除する方法とその権限の詳細については、「アプリケーションの追加、更新、および削除」を参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×