組織用の Office 365 Enterprise を展開する

Office 365 Enterprise を展開してオンプレミス インフラストラクチャと統合する準備は整いましたか? この手順によって、ディレクトリを接続してデータを移行し、組織のユーザーが最新バージョンの Office 2016 を使い始められるようにすることができます。

この手順は、企業および非営利団体が Office 365 Enterprise のカスタム展開を始めるためのものです。

Office 365 Enterprise をお持ちでない場合小規模法人向けの手順については、一般法人向け Office 365 のセットアップを参照してください。

エンド ツー エンドのエンタープライズ Office 365 のセットアップ プロセス

Office 365 FastTrack は、お勧めの Office 365 の展開方法です。FastTrack を使用すると、最も一般的な展開を構成する手順が表示され、質問に回答しながら構成できます。手動で Office 365 を展開する場合は、次の展開手順を参照してください。

Office 365 の設定   

タスク

1. Office 365 の準備を行う   

このツールとリソースにより、Office 365 用に、ネットワーク、ディレクトリ、エンド ユーザーを準備できるようになります。

オンライン

2. サインインしてインターネット ドメインを Office 365 に追加する   

ポータルにサインインして、1 つ以上のドメインを Office 365 サブスクリプションに追加しますが、ユーザーの追加またはメールの移行は行いません。

すべてのユーザーとサービスを同時に構成する場合は、基本的なセットアップ手順に従ってください。

重要: 基本的なセットアップ手順では、オンプレミス ディレクトリからユーザーを同期したり、シングル サインオンを利用したりすることはできません。

ハイブリッド

3. ディレクトリを Office 365 に接続する   

ID 同期やシングル サインオン構成のオプションについての説明です。

ディレクトリ同期のセットアップ アシスタントおよび Azure AD Premium setup guide を使用して、設定ガイダンスをカスタマイズします。

ツール, メンテナンス

4. Office 365 サービスとアプリケーションを構成する   

メール、ファイル共有、インスタント メッセージング、Office 365 のその他のサービスおよびアプリケーションの構成をここで始めます。

移行

5. データを Office 365 に移行する   

サービスを構成したら、データの移行を始めることができます。

クラウド

6. ユーザーが Office 365 を使えるようにする   

このリソースを使って、組織のユーザーが自信を持って Office 365 を使えるようにしてください。

展開についてサポートが必要な場合は、最初に FastTrack を確認することをお勧めします。セルフヘルプまたはパートナーからのガイダンスが必要な場合は、「一般法人向け Office 365 のセットアップ」、Office 365 のセットアップ ウィザードを参照するか、認定パートナーを探してください

準備できましたか?

使用を開始する

Office 365 FastTrack は、Office 365 の展開をサポートします。Office 365 の展開についてサポートを受けましょう

電話

サポートに相談しますか? Office 365 Enterprise サポートにご連絡ください

サインアップ

まだ購入していない場合は、Office 365 または 30 日間無料試用版にサインアップしてください

(基本的なセットアップに戻る)

戻る場合は、ショート リンク https://aka.ms/deploy365enterprisesteps をご利用ください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×