組織図アドインのショートカット キー

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この記事では、[ Microsoft Office プログラム用組織図アドイン] ボックスの作成や組織図の表示などの一般的な作業のキーボード ショートカットについて説明します。キーボード ショートカットは、米国のキーボード レイアウトを参照してください。他のキーボード レイアウト キーは、米国のキーボードのキーに正確に一致しない場合があります。

同時に複数のキーを押すショートカット キーについては、キーを正符号 (+) で区切って示しています。

このトピックを印刷するには、Ctrl キーを押しながら P キーを押します。

ボックスを作成する

操作

キー

現在選択されているボックスの部下を作成する。

F2

現在選択されているボックスの前 (グループのスタイルに応じて現在のボックスの左または上) に同レベルを作成する。

F3

現在選択されているボックスの後 (グループのスタイルに応じて現在のボックスの右または下) に同レベルを作成する。

F4

現在選択されているボックスのマネージャーを作成する。

F5

現在選択されているボックスのアシスタントを作成する。

F6

ボックスを選択する

操作

キー

図内のすべてのボックスを選択する。

Ctrl + A

選択されているマネージャーの分岐を選択する。

Ctrl + B

選択されているボックスが属するグループを選択する。

Ctrl + G

最上位のボックスを選択する。

Ctrl + Alt + B

選択範囲を左に拡張する。

Shift +

選択範囲を右に拡張する。

Shift +

選択範囲を下に拡張する。

Shift +

選択範囲を上に拡張する。

Shift +

ボックスが選択されているときに左隣のボックスを選択する。

ボックスが選択されているときに右隣のボックスを選択する。

ボックスに移動する

操作

キー

左隣のボックスに移動する。

Ctrl +

右隣のボックスに移動する。

Ctrl +

図内のすぐ上のボックスに移動する。

図内のすぐ下のボックスに移動する。

図内を移動する

操作

キー

図の一番上に移動する。

Home

図の一番下に移動する。

End

図内の 1 画面分下に移動する。

PageDown

図内の 1 画面分右に移動する。

Ctrl + PageDown

図内の 1 画面分上に移動する。

PageUp

図内の 1 画面分左に移動する。

Ctrl + PageUp

ボックス内の次のテキスト フィールドに移動する。

Tab

ボックス内の前のテキスト フィールドに移動する。

Shift + Tab

図を表示する

操作

キー

図全体をウィンドウ内に表示する。

F9

図を実際のサイズの 50% の倍率で表示する。

F10

図を実際のサイズで表示する。

F11

図を実際のサイズの 200% の倍率で表示する。

F12

テキストを編集する

操作

キー

ボックスに含まれる情報の最初の項目を編集する。
ボックスを選択して入力を始めることも可能。ボックス内の最初のテキスト項目が既に存在する場合は、入力する内容に置き換えられる。

ボックスを選択後 Enter

テキストが選択されていない場合は、カーソルの右側の文字を削除する。
テキストが選択されている場合は、選択されているテキストを削除する。

Del

テキストが選択されていない場合は、カーソルの左側の文字を削除する。
テキストが選択されている場合は、選択されているテキストを削除する。

BackSpace

1 文字分左に移動する。

1 文字分右に移動する。

選択範囲を 1 文字分左に拡張する。

Shift +

選択範囲を 1 文字分右に拡張する。

Shift +

テキストを編集しているときは、ボックス内の次の行に移動する。
ボックスが選択されているときは、ボックス内のテキストの編集を有効にする。

Enter

行の先頭に移動する。

Home

行の末尾に移動する。

End

選択範囲を行の先頭まで拡張する。

Shift + Home

選択範囲を行の末尾まで拡張する。

Shift + End

テキストの編集時に前の行に移動する。

テキストの編集時に次の行に移動する。

ダイアログ ボックスを使用する

操作

キー

次の項目 (リスト ボックス、テキスト ボックス、ボタン、チェック ボックスなど) に移動する。

Tab

前の項目に移動する。

Shift + Tab

類似した項目の一覧またはグループ内の次の項目を選択する。

方向キー

チェック ボックスが選択されているときは、チェック ボックス項目のオンとオフを切り替える。
ボタンが選択されているときは、ボタンを押す。

Space

類似した項目の一覧またはグループ内で、その文字で始まる次の項目に移動する。

文字

太枠のボタンを選択する。

Enter

ダイアログ ボックスを取り消す。

Esc

メニューを使用する

操作

キー

メニュー バーをアクティブにする。

Alt

コントロール メニューを開く。

Alt + Space

メニュー バーがアクティブである場合

操作

キー

メニューを取り消す。

Esc

コントロール メニューを開く。

Alt + Space

メニューを表示する。「F」と入力して [ファイル] メニューを表示するなど。

Alt + メニュー名のかっこ内の文字

メニューが表示されている場合

操作

キー

メニュー リストに含まれるコマンドのかっこ内の文字を指定してコマンドを実行する。[ファイル] メニューで「N」と入力して [新規作成] コマンドを実行するなど。

メニュー リストに含まれるコマンドのかっこ内の文字

強調表示されたコマンドを選択する。

Enter

メニューを取り消す。

Esc

メニュー内の前のコマンドを強調表示する。

メニュー内の次のコマンドを強調表示する。

メニューを左側に開く。

メニューを右側に開く。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×