組織図のショートカット キー

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

この記事では、[ Microsoft Office プログラム用組織図アドイン] ボックスの作成や組織図の表示などの一般的な作業のキーボード ショートカットについて説明します。キーボード ショートカットは、米国のキーボード レイアウトを参照してください。他のキーボード レイアウト キーは、米国のキーボードのキーに正確に一致しない可能性があります。

2 つ以上のキーを同時に押すショートカット キーは、プラス記号 (+) で区切って示します。

このトピックを印刷するには、ctrl キーを押しながら P キーを押します。

ボックスを作成します。

操作内容

キー

現在選択されているボックスに下位図形を作成します。

F2

現在選択されているボックス (左またはグループのスタイルに応じて、現在のボックスの上にある) の前に共同作業者を作成します。

F3

現在選択されているボックス (右側またはグループのスタイルに応じて、現在のボックスの下にある) の後に、共同作業者を作成します。

F4

現在選択されているボックスの管理者を作成します。

F5

現在選択されているボックスのアシスタントを作成します。

F6

選択ボックス

操作内容

キー

グラフ内のすべてのボックスを選択します。

Ctrl + A

選択したマネージャーの分岐を選択します。

Ctrl + B

現在選択されているボックスが所属するグループを選択します。

Ctrl + G

上部のボックスを選択します。

CTRL キーと ALT キーを押しながら B

左まで選択範囲を拡張します。

Shift + ←

適切なまで選択範囲を拡張します。

Shift + →

下に、選択範囲を拡張します。

Shift + ↓

上方向に選択範囲を拡張します。

Shift + ↑

ボックスが選択されている場合は、左に次のボックスをオンにします。

←キー

ボックスが選択されている場合は、右側に次のボックスをオンにします。

→キー

ボックスに移動します。

操作内容

キー

左側に次のボックスに移動します。

Ctrl + ←

右側には、次のボックスに移動します。

Ctrl + →

グラフ内次のボックスに移動します。

↑キー

グラフで次のボックスに下へ移動します。

↓キー

グラフ内で移動します。

操作内容

キー

グラフの一番上に移動します。

Home

グラフの一番下に移動します。

End

グラフで 1 画面を下に移動します。

PageDown キー

グラフの右に 1 つの画面を移動します。

Ctrl + PageDown

1 画面をグラフの上に移動します。

PageUp キー

グラフ内で左に 1 つの画面を移動します。

Ctrl + PageUp

ボックスに次のテキスト フィールドに移動します。

Tab

ボックス内の前のテキスト フィールドに移動します。

Shift + Tab

グラフを表示します。

操作内容

キー

ウィンドウ内で完全にグラフを表示します。

F9

実際のサイズの 50% で図を表示します。

F10

実際のサイズでグラフを表示します。

F11

実際のサイズの 200% で図を表示します。

F12

テキストを編集する

操作内容

キー

ボックス内の情報の最初の項目を編集します。
もボックスをオンにし、入力を開始することができます。入力した場合] ボックスに、最初のテキスト項目が置き換えられます。

ボックスをオンにした後の入力します。

テキストが選択されていない場合は、カーソル位置の右側に文字を削除します。
テキストが選択されている場合は、選択したテキストを削除します。

Delete

テキストが選択されていない場合は、カーソルの左側の文字を削除します。
テキストが選択されている場合は、選択したテキストを削除します。

BackSpace

1 文字分左へ移動する。

←キー

1 文字分右へ移動する。

→キー

左の 1 文字を選択範囲に含める。

Shift + ←

右の 1 文字を選択範囲に含める。

Shift + →

テキストの編集] ボックスに次の行に移動します。
ボックスが選択されているボックスでテキストの編集を許可します。

Enter

行の先頭に移動します。

Home

行の末尾に移動します。

End

選択範囲を行の先頭まで拡張する。

Shift + Home

行の最後まで選択範囲に含める。

Shift + End

テキストを編集するときに、前の行に移動します。

↑キー

テキストを編集している場合は、次の行に移動します。

↓キー

ダイアログ ボックスを使用する

操作内容

キー

次のアイテム (リスト ボックス、テキスト ボックス、ボタン、チェック ボックスなど) に移動します。

Tab

前のアイテムに移動します。

Shift + Tab

リストまたは類似したアイテムのグループで、次の項目を選択します。

方向キー

オンまたはオフする] チェック ボックスが選択されているときは、アイテム] チェック ボックスをオンにします。
ボタンが選択されているボタンを押します。

Space

リストまたは類似したアイテムのグループには、その文字で始まる次の項目に移動します。

文字

太枠のボタンを選択します。

Enter

ダイアログ ボックスをキャンセルします。

Esc

メニューを使用する

操作内容

キー

メニュー バーをアクティブにします。

Alt

コントロール メニューを開きます。

Alt + Space

メニュー バーが有効な場合

操作内容

キー

メニューをキャンセルします。

Esc

コントロール メニューを開きます。

Alt + Space

メニューを表示します。たとえば、 [ファイル] メニューを表示するのには、 Fを入力します。

ALT + の最初の文字メニュー名

メニューが表示されたとき

操作内容

キー

[コマンド] メニューの [リストの最初の文字で始まる] を選択します。たとえば、[ファイル] メニューには、[新規作成] を選ぶには、 Nを入力します。

メニュー リストで、コマンドの最初の文字

強調表示されているコマンドを選択します。

Enter

メニューをキャンセルします。

Esc

前のメニューのコマンドを強調表示します。

↑キー

メニューで次のコマンドを強調表示します。

↓キー

左側のメニューを開きます。

←キー

右側にあるメニューを開きます。

→キー

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×