組織図で図形の同期コピーを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

組織図の同期コピー

新しいページで、[図形とその下位の同期コピーを作成するのには1では、最上位の図形を右クリックし、[同期コピーの作成] をクリックします。新しい指定したダイアログ ボックスが表示されるページと元のページに下位図形を非表示にするかどうか。[Ok]を図形とその下位のコピーをクリックすると、新しいページが表示されます。

2同期コピーのいずれかに図形を追加すると、図形がページのみに追加されます。(ただし、図形データの同期コピー上の図に変更が反映されますすべての同期コピーで、図面のすべてのページ。)

3を図形を右クリックし、 [下位図形をクリックして、元のページに新しく追加した図形を表示する選択できます。

情報を整理するために、大きな組織図の各セクションの同期コピーを異なるページ上に作成できます。特定の人についての複数の表示が同時に更新されるように組織図を設定することもできます。その人の情報を変更する場合、1 回変更するだけで済みます。

同期コピーを作成すると、選択した図形とその下位図形が、すべての図形データ、書式設定、図形の種類、および図と共に新しいページにコピーされます。新しい図形は元の図形と同期されます (つまり、次のような変更を加えると、同期されたすべての図形にも自動的に適用されます)。

  • 図形データに対する変更

  • 図の追加、置換、または削除

図形に図が含まれている場合は、同期コピーにもその図が追加されます。

同期コピーに加えたその他の変更は、特定のページの特定の図形にのみ適用されます。その他の変更には、次のような変更があります。

  • 図形の種類 (職種) または書式の変更

  • 下位図形の表示または非表示

  • 図の表示または非表示

  • 図形の追加または削除

たとえば、同期コピーから位置を削除すると、そのページのその図形のみが削除されます。他のページの同期コピーは変更されません。他の図形を更新するには、手動で更新する必要があります。

図形の同期コピーを作成してリンクする

  1. 新しいページにコピーする部署またはグループの最上位の図形を選択し、[組織図] メニューの [同期] をポイントし、[同期コピーの作成] をクリックします。

    注: 図形に図が含まれている場合は、その図形の同期コピーにも図が含まれます。図のインスタンスが追加されると図面ファイルのサイズが大幅に増加するため、図形の同期コピーを作成する前に、図を削除をした方がよい場合もあります。また、図形に図が表示されない場合は、非表示になっている可能性があります。図形を右クリックして、ショートカット メニューの [図を表示する] をクリックします。

    ヒント: 図形を右クリックし、ショートカット メニューの [同期コピーの作成] をクリックすることもできます。

  2. ダイアログ ボックスで、コピーを新しいページと既存のページのどちらに配置するか、および元のページの下位図形を非表示にするかどうかを選択し、[OK] をクリックします。

    注: 元の図形と同じページ、またはその図形の別の同期コピーが存在するページには、同期コピーを配置できません。

  3. 元のページを表示するには、ウィンドウの左下にあるページ見出しをクリックします。非表示の下位図形を表示するには、管理職図形を右クリックして、ショートカット メニューの [下位図形を表示する] をクリックします。

  4. 同期された図形をリンクするには、いずれかのページで図形を選択し、[挿入] メニューの [ハイパーリンク] をクリックします。[サブアドレス] ボックスの横の [参照] をクリックし、コピーが配置されているページを選択します。[OK] をクリックし、もう一度 [OK] をクリックします。

    図形の上にポインタを置くと、ポインタが変化して、その図形にハイパーリンクがあることが示されます。同期コピーを含むページに移動するには、図形を右クリックし、ショートカット メニューでハイパーリンクに割り当てたページ名をクリックします。

ヒント: その後、いずれかのページの同期コピーに図形を追加した場合、その他の同期コピーを更新するには、他の同期コピーを右クリックして、ショートカット メニューの [下位図形の展開] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×