組織内の誰か他のユーザーがサインアップに使用している場合、そのドメインは使用中の可能性がある

仕事用または学校のメールを使用するユーザーは、IT 部門に対応を依頼しなくても、一部の Microsoft Online Services にサインアップできます。 使用できるのは、Office 365、Power BI、Rights Management Services などのサービスです。 セルフサービス サインアップ (仕事用または学校のメール アドレスで登録します) を完了すると、サービスで提供される機能を利用できるようになります。ただし、(ユーザーの追加、ライセンスの追加、ドメインの管理など) サービスの管理はできません。

環境を管理したいときは、資格のある管理者であれば、アカウントを制御できます。 セルフサービス サインアップは、ユーザーがサインアップに使用した仕事や学校のメール アドレスに含まれているドメインを所有していることを確認して登録を行います。場合によっては、サービスのライセンスを購入することもあります。

セルフサービス サインアップの仕組み

ある人が、sato@contoso.com のような仕事または学校で使用するメール アドレスを使ってサインアップを行った場合、そのメール アドレスのドメイン部分 (この例では、contoso.com) が Office 365 ドメイン名として使われます。

同じドメインのメール アドレスでサインアップしたユーザーはすべて (たとえば、ota@contoso.com など) 同じアカウントに追加されます。

この場合、佐藤さんも太田さんもサインアップしたサービスを使用できますが、サービスの管理はできません。 たとえば、ライセンスを追加で購入したり、新規ユーザーの追加、別のユーザーへのポリシーの適用といったことはできません。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×