組織全体の署名を作成する

組織で送受信されるメール メッセージに、メールの署名、法的免責事項、開示説明書を追加することができます。以下に示すように、すべての送受信メッセージに適用されるように設定できます。または、特定の単語やテキスト パターンを含むメッセージなど、特定のメッセージに適用することができます。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

すべてのメッセージに適用される署名を作成する

  1. 職場や学校のアカウントで Office 365 にサインインします

  2. アプリ起動ツール Office 365 のアプリ起動ツールのアイコン をクリックし、[管理者] をクリックします。

    Office 365 アプリ起動ツールで [管理者] アプリが強調表示されているcommercial_applauncher_clickallapps
  3. [管理センター]、[Exchange] を順に選択します。

  4. [メール フロー] の [ルール] を選択します。

  5. [+] (追加) アイコンをクリックし、[免責事項を適用する] を選択します。

  6. ルールに名前を付けます。

  7. [このルールを適用します] の [すべてのメッセージに適用] を選択します。

    ヒント: こちらを参照してください。

  8. [実行する処理] の [免責事項を追加する] はオンのままにします。

  9. [テキストを入力] をクリックして免責事項を入力します

    ヒント: 免責事項の書式設定の詳細をご確認ください。

  10. [1 つ選択] をクリックし、フォールバック オプションとして [ラッピング] を選択します。[OK] を選択します。これは、暗号化や別のメール設定のために免責事項を追加できない場合に、メッセージ エンベロープで免責事項がラップされることを意味します。

  11. [このルールを次の重大度レベルで監査する] はオンのままにします。次に、メッセージ ログに使用する []、[]、または [] を選択します。

  12. 先にテストしない場合は、[強制] を選択して免責事項を即時に有効にします。

  13. 追加の条件や例外を含めるには、[その他のオプション] を選択します。

  14. 完了したら、[保存] を選択します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×