組織の住所およびその他のプロファイル情報を変更する

作成協力者: Diane Faigel
最終更新日: 2017 年 11 月 15 日

組織名、住所、電話番号、技術担当者の連絡先など、Office 365 の会社のプロファイルの変更を行うことができます。この情報を更新するには、全体管理者でなければなりません。

Office で使用するアカウントまたはパスワードを忘れてしまった

請求書またはサブスクリプションと関連付けられている住所または国を変更するには、「一般法人向け Office 365 の請求先住所を変更する」を参照してください。

会社情報の編集

会社のプロファイルのページで情報を変更するには、次の操作を行います。

  1. Office 365 管理センターに移動します

    Office 365 管理センターに移動します

    Office 365 管理センターに移動します

  2. ページの右上にある組織の名前を選びます。

    管理センターの右上にある組織名をクリックします。

  3. 組織の名前の横にある [編集] を選択します。

  4. 組織の情報を更新し、[保存] を選択します。

    以下に、各フィールドの説明を示します。

フィールド

説明

名前

ここで入力する名前は、次に示すページでユーザーに表示されます。

  • サインイン ページ: ユーザーが勤務先または学校のメール アドレスでその他の Microsoft アカウントを設定した場合、サインイン ページに組織名が表示される可能性があります。これによって、ユーザーは 職場や学校のアカウント とその他のアカウントを区別できるようになるため、サインインするときにどちらのアカウントを使用するか識別できます。

  • 組織プロファイルのリンクとページ: 組織のプロファイルへのリンクには組織名が表示されます。

住所、市区町村、都道府県、郵便番号

ここで入力する住所は、請求書の [販売先] の下に表示されます。請求書の [販売先] の住所は、プロファイル ページに表示される組織の住所と同じです (「一般法人向け Office 365 の請求書について」を参照してください)。

国または地域

これは、会社の本社が置かれている国または地域です。国または地域を選択すると、利用できるサービス、国または地域での税と請求通貨、および最寄りのデータ センターの場所が特定されます (「ライセンスによる使用制限について」を参照してください)。

注: 国または地域は一度選択すると、変更できません。選択を変更する場合は、サブスクリプションをキャンセルして、もう一度サインアップする必要があります。この手順のヘルプについては、カスタマー サポートにお問い合わせください。

電話

会社の代表番号です。通常は、会社の本社の番号です。

技術担当者の連絡先

ユーザーの Office 365 サブスクリプションを管理している、主任技術者のメール アドレスです。この技術者は、Office 365 サービス ステータスについての連絡を受ける担当者です。

優先する言語

優先する言語によって、Microsoft からユーザー組織に送信されるすべての通信の言語が決まります。サインアップすると、この設定によって、SharePoint Online で使用される言語 (チーム サイトでユーザーに表示される) が決まります。サインアップ後に言語の優先順位設定を変更した場合、その後の通信はすべて、最後に選択した言語によって送信されます。

注: SharePoint Online で使用される言語を変更することはできません。

プロファイルと電子メール署名を変更する

  • 管理情報   
    管理者が、パスワードや会社のメール アドレスを再設定するために連絡用のメール アドレスを変更する必要がある場合は、[設定] 設定: プロファイルを更新し、ソフトウェアをインストールし、クラウドに接続します を選択し、[アプリ設定] で [Office 365] を選択します。

  • ユーザー情報   
    ユーザーが、個別の言語設定を変更する場合は、[設定] 設定: プロファイルを更新し、ソフトウェアをインストールし、クラウドに接続します 、[Office 365 の設定] の順に移動します。

詳細については、「連絡に関する設定を変更する」または「表示言語を変更する」を参照してください。

  • メールの署名   
    メールの署名は、Outlook Web App で変更できます。詳細については、「メールの設定」を参照してください。

LinkedIn ラーニングのショート アイコンです。 Office 365 を初めてお使いの場合は
、LinkedIn ラーニングによって提供された Office 365 管理者および IT プロフェッショナル向けの無料のビデオコースをご覧ください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×