Yammer ネットワークの展開を成功させる

適切なユース ケースを特定する

組織に最適なユース ケースを特定する

Yammer の展開を成功させるには、Yammer ネットワークを簡単に開始できる最適なユース ケースを特定することが重要です。これには、Yammer の展開計画における次の 3 つの手順が含まれます。

  • 手順 2    Microsoft が特定した 6 つの最適なユース ケースを検証する。

  • 手順 3    成功するために適切な関係者を集める。

  • 手順 4    ビジョン ステートメントの下書きを作成する。

手順 2: 6 つの最適なユース ケースを検証する

これらの 6 つのユース ケースとそれぞれの説明を次に示します。これらは、関係者との話し合いの指針として、また適切な選択を行うために使用します。

ユース ケース

目標と説明

内部 通信

従業員を経営幹部、グループ、およびフィードバックに結び付けることで、企業の通信戦略の効率を高めます。

多くの場合、社内通信ではニュースレター、イントラネット サイト、および電子メールを使用して従業員と通信を行いますが、これらは主に一方通行の通信です。Yammer を使用すると、双方向の通信が実現され、通信を増強するだけでなく、フィードバックを得たり従業員と関わり合いを持ったりすることができます。

リモート ワーカーと モバイル ワーカー

本社および支援チームと通信するための効率的な方法を最前線の従業員に提供することで、カスタマー エクスペリエンスに関する問題を特定し、解決します。

Yammer は、さまざまなモバイル デバイスで使用可能な軽量な通信ツールを提供します。多くの場合、最前線の従業員が、本社が解決できる問題を最初に特定します。これらの従業員は、その知識を他の従業員と簡単に共有できます。

人事 管理

必要な "オンボーディング" リソースを持つ特定のグループを作成することで、コストを削減し、新しい従業員向けの初期トレーニング サイクルを減らします。また、これらの従業員が、組織全体の主要な専門家に問い合わせることができるようにします。

Yammer では、Yammer グループを指定することで、新しい従業員をすばやく "オンボード" できます。このグループでは、新しい従業員にすべての資産および資料を提供し、質問に答え、帰属意識を構築して、組織全体について学ぶことができます。

製品 革新 チーム

タイム ゾーン、地域、序列に関係なく、従業員、アイデア、および情報を結び付けることで、革新を促進します。

Yammer は、さまざまな場所にわたって情報を共有するための非常に強力なツールです。たとえば、ブラジルのエンジニアがイギリスまたはアリゾナのエンジニアとブレーンストーミングを行い、Yammer で価値ある会話を行うことができます。また重要な点として、これらの会話は文脈として保持されるため、新しいエンジニアがプロジェクトをすばやく練り上げるのに役立ちます。

売上

アカウントを適格に把握し、専門家に瞬時にアクセスできるとともに、社外で豊富な情報を得られることで、営業チームの効率性を最大限に高めます。

営業担当者は、さまざまなアカウントおよび競合他社に関する情報を共有できます。これらのリアルタイムの会話は、営業担当者の業務の効率化に役立ちます。

IT

新しい製品のヒントとテクニックを共有することで、エンドユーザーによる導入を早めます。自己啓発、同僚の専門知識へのアクセス、検索可能なナレッジ ベースを有効にして、問題解決にかかる時間を短縮します。

たとえば Skype for Business など、展開する別の新しい製品用に Yammer グループを作成できます。Skype for Business グループでは、従業員が製品に関して質問したり、自己啓発を行うことができます。質問への 1 つの有効な回答が、組織の残りのユーザーに対して表示されます。

手順 3: プロジェクト チームを集める

成功した他のプロジェクトと同様に、適切な関係者を含める必要があります。会社全体から幅広い参加を得てください。プロジェクトの目標は、組織に最適なユース ケースを特定することです。Yammer の展開には、次の 3 人の主要人物が不可欠です。

  • プロセス全体と実装の詳細を理解している、プロジェクト リーダーであるあなた。

  • 組織全体に展開を告知し、すべての従業員から賛同を得る手助けをする、主要なビジネス リーダーまたは意思決定者。これらの人物が Yammer を最初に使用し始めるメンバーに含まれる場合、使用が促され、妥当性が強調されるため、大きなメリットが生じます。

  • 最初のユース ケースに参加するチーム内の 1 人以上のメンバー。

関係者のリスト

手順 4: ビジョン ステートメントの下書きを作成する

すべてのユーザーにミッションを説明する、明確なビジョン ドキュメントを作成します。統一されたビジョン ステートメントにより、組織内のすべての従業員を同じ立場に立たせることができます。複雑で詳細なステートメントにはしないでください。ウェーブ 1 用に選択したユース ケースを反映した、数行の箇条書きにまでまとめます。また、自分の組織で Yammer を展開する一般的な理由を示します。Yammer の利点と、それにより作業環境を改善する方法について説明します。

サンプル ビジョン ステートメント

さらに詳しく

Yammer ユース ケース カタログ

Yammer に関する Microsoft のお客様事例

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×