組織で Microsoft の予約を有効または無効にする

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

office 365 管理センターでは、組織の Microsoft の予約を使用するかどうかを制御できるようになりました。また、組織内の個々のユーザーが予約にアクセスできるようにすることを許可または拒否することもできます。

警告: 

  • Office 365 Business Premium、またはOffice 365 A3およびOffice 365 A5サブスクリプションをお持ちのお客様には、既定で予約が有効になっています。予約は、Office 365 Enterprise E3 と E5 を持っているユーザーにも使用できますが、既定では無効になっています。有効にするには、「 Enterprise サブスクリプション用の Office 365 Business apps へのアクセス権を取得する」を参照してください。

  • この記事で説明されている管理者コントロールは、21Vianet (中国) のお客様が運営する Office 365 では利用できません。

組織全体について Bookings を無効にする

Office 365 Business Premium では、Bookings は既に有効になっています。行う必要があるのは、予約カレンダーを作成して公開することだけです。Bookings を無効にするには、[Office 365 管理センター]、[設定]、[サービスとアドイン]、[Bookings] の順に選択します。

画面キャプチャ:[サービスとアドイン] ページからの Bookings 管理コントロールの表示

Exchange Online PowerShell を使用して、組織全体の予約をオフにする

Office 365 管理センターの [予約] 設定にアクセスできない場合は、PowerShell で次のコマンドを実行して、予約を無効にすることが可能です。

この手順を実行するには、 Exchange Online PowerShell に接続する必要があります。

Set-OrganizationConfig -BookingsEnabled $false

個々のユーザーについて Bookings を無効にする

Office 365 Business Premium 組織の場合、Bookings はすべてのユーザーに対して既に有効になっています。つまり、組織のすべてのユーザーが、Booking カレンダーを作成、公開、管理できます。

特定のユーザーに対して Booking を無効にするには、[Office 365 管理センター]、[ユーザー] を選択し、ユーザーを選んで、[製品のライセンス] を選択し、[Office 365 Business Premium] ライセンスを展開して、[Microsoft Bookings] を [オン] または [オフ] にします。

ユーザーの製品ライセンスでオフになっている Microsoft Bookings の設定を示す画面キャプチャ。

よく寄せられる質問

次のような質問がよく寄せられます。ここで質問に対する回答が得られなかった場合は、このページの下部にある「この情報は役に立ちましたか」で質問をお送りください。

中小企業ではありませんし、このような方法でサービスを販売していません。それなのになぜ Microsoft Bookings を使う必要があるのですか。

お客様にお会いしないのですか。サポート部門はお客様に連絡する必要はないのですか。Microsoft Bookings を使えば、お客様は柔軟に会議の時刻を設定でき、留守電にメッセージを残しても連絡が取れないようなことはなくなります。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×