終了した仕事を未終了に変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注: This article has done its job, and will be retiring soon. To prevent "Page not found" woes, we're removing links we know about. If you've created links to this page, please remove them, and together we'll keep the web connected.

Microsoft Office Outlook 2007 では、フラグ付きのメッセージ、taskアイテムなどの To Do アイテムを終了とマークすると、そのアイテムは To Do バーおよび仕事リストの既定のビューから削除されます。

後で、終了したアイテムを再び未終了にする必要がある場合、簡単に行うことができます。

  1. [仕事] のNavigation Paneで、[現在のビュー] の [終了した仕事] をクリックします。

    タスク ビューを変更して、完了したアイテムを表示する

  2. 終了から未終了に変更する仕事をダブルクリックして開きます。

  3. [進捗状況] を [未開始]、[作業中]、または [待機中] に変更します。

    "完了" から "進行中" にタスクの状態を変更する

  4. [仕事] タブの [アクション] で、[保存して閉じる] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×