索引を作成または編集する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Word では、ほとんどのインデックスの作成に必要な作業を自動化し、簡単に更新したり、書式設定の変更を適用することができます。インデックスを作成するには、まず、含める項目を登録し、インデックスを作成ししてする必要があります。

項目を登録する

  1. 索引項目として使う文字列を選びます。

  2. [参考資料]、[索引登録] の順にクリックします。

    [参照設定] タブの [索引登録] が強調表示されている

  3. [索引登録] ダイアログボックスで、項目を編集するか、[登録 (サブ)] で 2 番目のレベルを追加できます。3 番目のレベルが必要な場合は、2 番目のレベルの後にコロンで区切って入力します。

    [索引登録] オプションが表示される

  4. 他の項目への相互参照を作成するには、[オプション] の [相互参照] をクリックし、ボックスに他の項目の文字列を入力します。

  5. 索引に表示されるページ番号の書式を設定するには、[ページ番号の書式] で、[太字] または [斜体] を選びます。

  6. [登録] をクリックし、索引項目を登録します。文書内のこの文字列をすべて登録するには、[すべて登録] をクリックします。

  7. [閉じる] をクリックします。

  8. 索引で使うすべての項目を登録するまで、手順 1 ~ 7 を繰り返します。

索引を作成する

項目を登録したら、文書に索引を挿入できます。

  1. 索引を追加する位置をクリックします。

  2. [参照資料]、[索引の挿入] の順にクリックします。

    [参照設定] タブの [索引の挿入] が強調表示されている

  3. [索引] ダイアログ ボックスで、文字列の項目、ページ番号、タブ、その他の文字の書式を選ぶことができます。

    [インデックス] ダイアログ ボックスで設定できるオプションを示す

    また、[書式] でいずれかのオプションを選ぶと、索引の全体的な外観を変更できます。 オプションを選ぶと、右側のボックスにプレビューが表示されます。

  4. [OK] をクリックします。

注: 索引を作成した後で、追加項目を登録する場合、 新しい項目に対して索引を更新する必要があります。 [参考資料]、[索引の更新] の順にクリックします。

手順 1: 項目を登録します。

特定の単語、語句、記号、または数ページにわたるトピックの索引項目を作成できます。

単語や語句の索引項目を登録します。

  1. 索引項目として使う文字列を選びます。

  2. [挿入] メニューの [索引と目次] をクリックします。

  3. [索引] タブで [索引登録] をクリックします。

    ヒント: [索引登録] ダイアログ ボックスに直接移動するには、 Command 、Option キー、Shift キーを押しながら X キーを押します。

  4. [登録 (メイン)] ボックスに文字列を入力するか、その文字列を編集します。

    ヒント: 

    • 下位項目を作成するには、メイン索引項目を指定してから、[登録 (サブ)] ボックスに下位項目を入力します。

    • さらに下位の索引項目を作成するには、下位の索引項目に続けて ":" (コロン) を入力し、続けて下位の索引項目を入力します。

  5. 次のいずれかの操作を行います。

    登録対象

    クリックする対象

    索引項目

    登録

    その文字列のうち、ドキュメントの各段落で最初に出現して、索引項目の大文字と小文字が正確に一致するもの

    すべて登録

    ヒント: @ などの記号の索引項目を登録するには、[登録 (メイン)] ボックスで記号の直後に「;#」(セミコロンとシャープ記号) を入力してから [登録] をクリックします。 索引を作成すると、記号は索引の先頭に表示されます。

  6. 索引項目を追加するには、登録する文字列を選択するか、文字列の直後をクリックして、[索引登録] ダイアログ ボックスをクリックします。次に、手順 4 と 5 を繰り返します。

    注: 登録した各索引項目は、XE (索引項目) フィールドとして隠し文字形式で挿入されます。 XE フィールドが表示されない場合は、[標準] ツールバーの [表示/非表示[表示] ボタン をクリックしてください。

ページにわたる文字列に対する索引項目を登録します。

  1. 索引項目の参照先となる文字列を選択します。

  2. [挿入] メニューの [ブックマーク] をクリックします。

  3. [ブックマーク名] ボックスにブックマーク名を入力し、[追加] をクリックします。

    注: ブックマーク名にスペースを含めないでください。

  4. ドキュメント内で、選択した文字列の先頭をクリックします。

  5. [挿入] メニューの [索引と目次] をクリックします。

  6. [索引] タブで [索引登録] をクリックします。

  7. [登録 (メイン)] ボックスに、ブックマークを設定した文字列に対する索引項目を入力します。

  8. [オプション] で、[ページ範囲] をクリックします。

  9. [ブックマーク] ボックスで、手順 3 で入力したブックマーク名を入力または選択します。

  10. [登録] をクリックします。

  11. [閉じる] をクリックします。

    注: 登録した各索引項目は、XE (索引項目) フィールドとして隠し文字形式で挿入されます。 XE フィールドが表示されない場合は、[標準] ツールバーの [表示/非表示[表示] ボタン をクリックしてください。

手順 2: を編集または削除 (オプション) の索引項目

仕上がった索引の索引項目を変更しても、次回、索引を再作成したときに、変更内容は削除されます。 書式設定を完全に変更するには、ドキュメントの索引項目フィールドを書式設定します。

索引項目を編集します。

  • 引用符で囲まれている文字列を編集します。

    索引項目

    吹き出し 1 メイン項目

    吹き出し 2 相互参照

    XE (索引項目) フィールドが表示されない場合は、[標準] ツールバーの [表示/非表示[表示] ボタン をクリックしてください。

索引項目を削除します。

  • 波かっこ ({ }) も含めて索引項目フィールド全体を選択し、Delete キーを押します。

    XE (索引項目) フィールドが表示されない場合は、[標準] ツールバーの [表示/非表示[表示] ボタン をクリックしてください。

手順 3: デザインし、インデックスを作成します。

索引項目を作成したら、ドキュメントに索引を作成できます。 索引は一般的に、ドキュメントの末尾または末尾付近に表示されます。 ただし、索引はドキュメントのどこにでも挿入できます。

注意: ドキュメントにページ番号が正しく付くように、フィールド コードおよび隠し文字を非表示にしてから索引を作成してください。 XE (インデックス項目) フィールドが表示されている場合は、[標準] ツールバーの [表示/非表示[表示] ボタン をクリックして非表示にします。

提供されている索引デザインのいずれかを使用して、索引を作成します。

  1. ドキュメント内で、仕上がった索引を挿入する場所をクリックします。

  2. [挿入] メニューの [索引と目次] をクリックしてから、[索引] タブをクリックします。

  3. [書式] ボックスでデザインをクリックします。

  4. 必要に応じて、その他の索引オプションを選択します。

カスタムの索引デザインを使用して、索引を作成します。

  1. ドキュメント内で、仕上がった索引を挿入する場所をクリックします。

  2. [挿入] メニューの [索引と目次] をクリックしてから、[索引] タブをクリックします。

  3. [書式] ボックスの一覧の [任意のスタイル] をクリックし、[変更] をクリックします。

  4. [スタイル] ボックスでスタイルをクリックし、[変更] をクリックしてから、必要な書式を適用します。

  5. 必要に応じて、その他の索引オプションを選択します。

関連項目

目次を作成する

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×